日本中小学校园暴力的成因及对策毕业论文_日语毕业论文

日本中小学校园暴力的成因及对策毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

日本教育一向被认为是成功的范例,然而,在其成功的背后却蕴藏着巨大的矛盾与冲突。日本校园暴力是日本教育矛盾与冲突的具体表现。2015 年 6 月

5 日,日本政府公布的《儿童和青少年白皮书》显示,日本校园欺凌现象普

遍,在为期 6 年的追踪调查中,近九成学生曾是受害者。日本校园暴力频发, 已成为严重的社会问题。引起日本校园暴力频发有家庭、学校、社会等诸多因素。对此,日本政府及时进行反思,并采取了一些有效措施,如在教育改革中突出德育的主导地位,减轻学生学业负担,加强家庭、学校、社会的教育合作等。反思日本校园暴力,总结校园暴力演变的特点,审视日本校园暴力的发生原因和解决对策,归纳日本应对校园暴力的经验、教训及启示,对我国预防和治理校园暴力提供有益的借鉴和启示。

关键词: 日本 校园暴力 原因 对策 教训

目次

はじめに 6

    1. 問題の提起 6
    2. 先行研究 6
    3. 研究目的 7
    4. 研究方法と手順 7

第一章 校内暴力概念と現状 9

    1. 校内暴力概念と構造 9
    2. 日本校内暴力の現状と傾向 11
    3. 日本校内暴力の原因 14
      1. 家庭からの逃避主義 14
      2. 学校で師弟関係の悪化 14
      3. 先輩、悪い同調からの圧力 15
      4. マスコミからの影響 16
    4. 日本校内暴力の対応 17

2.2.1校内暴力を正視し、法律を制定して改善する 17

      1. 徳育を強化し、教育体制を変える 18
      2. 師弟関係を仲良する 18
      3. 暴力団を崩壊させ、パートナーシップを改善する 19
      4. 社会環境を浄化する 20

第三章 中国への示唆 21

    1. 法律を改善し、援助と賞罰体系を完備する 21
    2. 素质教育を強化し、教学方法を変える 22
    3. 身をもって范を示し、仲むつまじい家庭を組む 22

おわりに 24

参考文献 25

謝辞 27

はじめに

問題の提起

多数の研究者の努力のおかけで、日本校内暴力に関するいろいろな原因や傾向などは徐々に明らかになる。しかし今までの研究は触れていない問題がまだ残っているようである。日本政府や民間組織はもはや校内暴力の予防に対して多くの対応を提出するにもかかわらず、校内暴力の発生率は依然として高騰しつつある。本稿はこれに対して一度検討しようと思う。

一方、近年、中国の校内暴力事件も頻発しているが、国内の研究はまだ足りないから、有効的な措置を未だ出せなかった。本稿は経済の発展と校内暴力の関係や家庭や学校などからの影響やマスコミの影響と青少年心理の各方面に着手し、日本校内暴力の原因と各対応の利害を突っ込んで分析してみようと思う。我々の校内暴力の予防に役立つ啓示を与え、効果的な施策を出せようと思う。

先行研究

武田さち子(2004)は日本校内暴力の状況について、事例、現実、応対、 対策の 4 つの方面から全面的に論述を行なった。この本は 1986 年から 2003 年まで発生した重大ないじめ事件の全貌を現わして、学校、父母、警察の反 応から法廷の判決まですべて詳しく整えて、そして、「すべての子供はいじめ をかぶる可能性がある」、「教師、学校、父母、警察はなぜいじめ事件を防止 できないか」、「いじめ事件を再演しないために」などの重大な問題を答えた。この本は本稿の創作に新しい研究視点を提供した。

「校内暴力を中心とする少年非行克服への提言」(1984)によると、学校における問題、学校の当事者がまず真剣に自分自身からの原因を探さなければならない。それと同時に、少年時期の家庭状況や社会環境と関係がある。家庭の変化も子供の成長に与えた影響と学校も平等の名義で行った統一的な教

育に対して慣れない状況を発生した。情報化社会を促進するとともに、子供が虚幻と現実を見分けさせて、校内暴力を克服するなどの問題に参考を提供した。

師艶栄(2010)は「日本校园暴力的现状及原因探析」という文章の中で現状、タイプ、特徴と原因から日本の校内暴力に関する状況を紹介した。日本校内暴力は中等学校で市場が多くて、高等学校で発生率が一番高くて、教師に対する暴力が増えていて、悪質な事件の発生率が上昇して、主に経済発達地域に集中するというような特徴があったと思う。

張徳偉(2002)は 「日本中小学的欺侮问题及其解决对策」という論文で教育病理の視点から日本のいじめを分析して、発展段階、形態と特徴を分けて、成因や教育管理部門と学校、専門家や学者の対策と提言を紹介した。

羅貴明(2011)は「日本校园暴力发展趋势与非制度性因素分析」という論 文で自殺を尊ぶ伝統的な価値観、自分自身を追及するカパーソナル化の心理、異質を排斥する集団主義、暴力を満たす傍系文化などの非制度性原因が校内 暴力の発生と青少年の人格の形成に対して非常に影響を与えたと思う。

研究目的

本論文では日本の学校におけるいじめの現象を把握するとともに、日本校 内暴力の傾向と原因を分析して社会や学校、家庭からの原因と個人の原因を 探す。校内暴力に対する各施策を述べて、その利害を検討してみる。そして、本研究を通して、中国の学校にいじめが起こった時の対応策や予防プログラ ム等において、応用できるように、役に立つ措置を考えてみたい。

研究方法と手順

まず、本稿は「文献研究法」を採用し、先行研究を参考し、校内暴力に関 する定義と概念をまとめ、日本校内暴力の現状に基づいて、日本校内暴力の 傾向と原因を分析してみる。また、自分の関心がある具体的な施策を選択し、

その利害を計り比べてみる。次に、中国校内暴力の現状と特徴を簡単に説明し、中日校内暴力の相違点と共通点を論述してみようと思う。最後、中国校内暴力の実際を結びつけて、中国校内暴力の予防に関する適切な施策を提出しようと思う。

第一章 校内暴力概念と現状

校内暴力概念と構造

表 1 文部省/文部科学省によるいじめの定義の変遷

文部科学省によると、「いじめ」とは、当該児童生徒が、一定の人間関係のある者から、心理的、物理的な攻撃を受けたことにより、精神的な苦痛を感じているということである。その上、起こった場所は学校の内外を問わないという点にも注意させられる。具体的には、身体的な攻撃と精神的な攻撃に分かれる。「物理的な攻撃」とは、身体的な攻撃のほか、金品をたかられ

たり、隠されたりすることなどを意味する。例えば、、殴ったり、押したり、蹴ったり、つねったり、監禁するなど、身体的な否定的な行動である。「心

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接