浅析“爆买”的主要原因和影响毕业论文_日语毕业论文

浅析“爆买”的主要原因和影响毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

2014 年 11 月 23 日,日本东洋经济新报社发表题为《总额 2200 亿日元,中国游客的“爆买”》的新闻,“爆买”一词引起了国内外媒体的广泛关注。此后, 日本多家媒体纷纷报道了与中国游客在日本大量购物相关的新闻。类似于出游其他国家和地区的中国出境旅游者,中国访日旅游者也表现出“高增长,高消费”、消费观念不成熟等共同的特征。同时,因中日两国在空间距离、文化渊源、政策制定等方面的特点,中国访日旅游市场也显示出独有的特征。分析“爆买”这一现象出现的各方面原因和对日本经济文化等方面的影响,给中国旅游业发展提供借鉴,对中日两国旅游业的发展有积极意义。

关键词: 爆买 旅游业 旅游经济 发展 启示

要旨

2014 年 11 月 23 日、日本東洋経済新新聞社によると、「総額 2200 億円、中国人観光客の「爆買い」のニュース、「爆買い」が国内外メディアの幅広い関心を集めているそうだ。その後、日本の多くのメディアが中国人と日本の大量の買い物に関連するニュースが報道されていた。他の国と地域の中国国外観光旅行者、中国訪日旅行者も「高成長、高消費」、消費観念が未成熟など共通の特徴を示している。それと同時に、中日両国は空間距離、文化淵源、政策制定などの特徴、中国訪日観光市場も独自の特徴を示している。「爆買い」という現象が現れた各方面の原因と日本経済文化等の影響、中国観光業発展に参考し、中日両国の観光業の発展に積極的な意義がある。

キーワード:爆買い 観光産業 観光経済 発展 啓発

目 次

はじめに 1

    1. 問題提起 1
    2. 先行研究 1
    3. 研究目的 2
    4. 研究方法と手順 2

第一章「爆買い」の要因 4

    1. 日本本国の政策 4
    2. 日本商品の長所 4
    3. 中国観光客の消費動向 5

第二章「爆買い」の影響 8

    1. 日本観光産業の発展 8
    2. 日本経済の影響 9
    3. 日本文化の伝播 11

第三章 中国観光産業の発展への啓発 13

おわりに 14

参考文献 15

謝辞 16

はじめに

    1. 問題提起

新聞記事などでは 2015 年の春節より「爆買い」という言葉が桁違いに使われるようになったが、テレビではそれ以前より使われていた。そもそも中国人が大量に商品を購入する行動は 2008 年ごろより目立ってきており、2009 年には『FNN スーパーニュース』(フジテレビ)9 月 9 日放送「スーパー特報/旋風拡大ニッポン“爆買い”現場中国人団体ツアーを追え」で「爆買い」という言葉が登場している。なお、個人ブログには「爆買い」という言葉がそれ以前からあったことが確認されている。その後、2010 年に『NNN News リアルタイム』(日本テレビ)1 月 12 日放送で「密着! 中国人観光客現金飛び交う“爆買いツアー”」が、『スーパーJ チャンネル』(テレビ朝日)7 月 5 日放送で

「中国人が大挙来日! 美術品“爆買い”ツアーで現金飛び交う」が放映されており、以後も定期的な報道が見られる。その後、日本の多くのメディアで中国観光客が日本で大量のショッピング関連のニュースを取り上げられた。また、中日両国は空間距離と文化淵源など方面の特徴がある。

    1. 先行研究

中国人の爆買いを支えている要因は大きく分けて 2 つある。一つは「元高・円安」、もうひとつが「日本製品の品質・性能への信頼」である。さらに「中国の税制に起因する内外価格差」がある。中国の現在の税制では、ある特定の日本製品を中国で買うよりも、日本で買って持ち帰ったほうが大幅に安くなること(例えば化粧品などは半値くらいになる場合がある。)と日本が免税品の対象を拡大したことである。さらには中国人特有の気質として、転売目的や家族、親戚以外の他人へ渡す目的も多いと推測されている。

日本では 2013 年 12 月に観光庁により「外国人旅行者向け消費税免税制度の改正」が発表され、地域への外国人観光客に向けた取り組みがはじまった。平成 26 年度税制改正において訪日外国人旅行者向け消費税免税制度の改正が行われた。従来、免税対象品目は家電機器、装飾品、衣類、靴、鞄等に限られていたが、免税販売の対象ではなかった消耗品(食品類、飲料類、薬品類、化粧品類その他の消耗品)について、一定の不正防止措置を講ずることを前提に免

税対象とした。2014 年(平成 26 年)10 月より施行された。また、同年度の税制改正では、様式の弾力化及び手続の簡素化も行われ、「購入記録票」及び「購入者誓約書」は、特定の様式を定めず、記載すべき事項を記載していればよいこととなった。訪日外国人旅行者の急増や上述のような消費税免税制度の改正により、2014 年(平成 26 年)に入り免税店の店舗数が急増し、4 月 1 日時点では 5777 店であったが、2015 年(平成 27 年)4 月 1 日時点では約 3 倍の 1 万 8779 店(対前年比 225.1 パーセント増)となった。

2015 年 10 月 21 日観光庁は、同年 7 月から 9 月期の「訪日外国人消費動向

調査」を発表した。この四半期の消費額は前年同期比 82 パーセント増の 1 兆

9000 億円となり、四半期としてはじめて 1 兆円の大台にのった。訪日客も 534 万人と最高を記録し、1 人当たり支出額も前年同期比 18 パーセント増加した。中国人客は 7 月から 9 月の四半期調査では、前年同期比 19 パーセント増の 28 万円を支出し、このうち 14 万円を買い物代にあてた。観光・レジャー目的の中国人の日本での宿泊日数は平均 6.1 泊となり、前年同期の 5.7 泊から拡大した。旅行期間の長期化が 1 人あたりの消費の増加につながったとみられる。

    1. 研究目的

「爆買い」の現象の出し、日本の観光業の発展の多い優位を反応して、中国人観光客を日本で購入する様々な商品の原因を分析して、日本の観光業の発展の要素を分析して、我が国の実際の情況に対して結びつけて、わが国の観光業の発展に積極的な影響がある。

    1. 研究方法と手順

まず、本論文は「文献研究法」を採用して、先行研究を参考し、研究現状を理解して、「爆買い」の長所を分析して、中国観光客の消費動向を調査する。次に、「爆買い」の影響について、日本文化と日本経済を分析して、日本観光産業の発展の原因を考える。また、中国観光産業の発展を参考する。

論文の構成

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接