日本茶道及其对中国的茶文化的借鉴意义毕业论文_日语毕业论文

日本茶道及其对中国的茶文化的借鉴意义毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

茶起源于中国,流入日本。在经过长久的岁月沉淀之后,日本结合自己的风土人情,创造出了茶道这样的日本文化国粹。对日本人民来说,茶与生活密不可分,它是传统和文化孕育出来的,承担着实现国民健康生活的重要角色。农林水产省根据茶的生产消费和需求动向等方面,详细的分析了日本茶的发展情况。在技术以及文化方面所提出的解决方法,更是显示出了日本在振兴茶叶及茶文化方面所显示的决心。日本为了振兴茶文化所采取的一系列政策,对于我们宣传茶文化,完善不足之处有着相当大的帮助。 日本扩大茶叶消费阶层采取的方法对于我国也是可行的。目前我国茶叶的消费年龄层是以中老年为主,茶叶的消费群体中绝大多数都是男性。我们可以推广茶品牌,宣传与茶相关的健康信息,研究销售与茶相关的零食糖果等来解决女性和青少年层消费低下的问题。

关键词: 日本 茶道 中国 茶文化 启示

目次

はじめに 1

    1. 問題の提起 1
    2. 先行研究 1
    3. 研究目的 2
    4. 研究方法と手順 2

第一章日本茶道の歴史 3

    1. 奈良平安时代 3
    2. 鎌倉、室町、安土、桃山时代 3
    3. 江戸時代 4
    4. 現代 5

第二章日本の茶事について 6

    1. 茶道具の配置 6
    2. 茶事七式 6
    3. 茶事の流れ 7

第三章日本お茶の振興の施策と中国への示唆 8

    1. 茶文化に関する事項 9
    2. 茶業に関する事項 9
      1. 生産者経営の安定 9
      2. 茶樹の改植の推進 10
      3. 気象災害の予防等の推進 10
      4. 中山間地域等における離農茶園への対応 10

3.3.女性茶人の数量の拡大 10

3.4 中国の茶文化と中国への示唆 11

おわりに 14

参考文献 15

謝辞 16

はじめに

    1. 問題の提起

茶道は、我々にとって、堅苦しいイメージがあるようだ。中国では、茶道よ り「茶文化」あるいは「茶芸」と呼ばれるのが通常である。この呼称の違い は、日中両国の環境の違いからのである。そして、日本のお茶は中国から伝 わり、現代に至るまで絶えず発展している。今の日本茶道は美しい宝である。本論文は歴史を通じて、中国の茶文化に対しての示唆をさがしだす。

    1. 先行研究

茶道の起源は中国だが、形成と発展は別の趣がある。

穀川澈三は「茶道の美学に』によると、茶道は芸術の要素や、社交的な要素 や利益要素と修行要素が構成されている。そして茶道の芸術の隔離性は身体 の動きを媒介として定義した。茶人と客が 4 枚半畳の茶室でお茶事をする時、自然の世界と日常の世界をわざわざ隔てて、そして茶道によってこの伝統芸 術の独立舞台を確立してということだ。九松真一は「茶道の哲学」によると、茶道文化は茶を契機としての総合文化体係で、茶道文化の中に総合性と統一 性と忍耐力がある。そして、芸術、宗教、哲学、倫理や文化の各方面も含ん だ。茶道の文化の核心は禪ということだ。桑田から「茶道は単なる趣味や娯 楽から、日本人の日常生活の文化の規範と理想なことに進めの表現になった。」と言った。16 世紀末、千利休は、歴代の茶道精神を継承して、日本茶道を創立した。彼は茶道の集大成者だ。利休の茶道の精神を剖析して、日本 の茶道を理解することができる。

村田珠は「謹敬静寂」を茶道精神に掲げて、千利休は「和敬清寂」四字を目 的として、豊かな内容を述べた。この美の意識の具体的表現は侘びだ。茶道 は元も「寂しさ」、「貧しい」、「憂い」の意味があった。平安時代のは、失意、落ちぶれて、気がふさいで、孤独な人だった。平安末期まで、「侘」の意味は

「静寂」、「ゆとり」が新たな意味があった。それは当時の人にとっても歓迎 された意識になった。この意識の発生は、社会歴史や思想の原因は:平安末 期から鎌倉時代まで、その時の日本は社会が揺れ動いた。あの時の新興の武 士階級は政治舞台に上がった。天国を失ったの貴族は世の中の無常を感じて、厭世になった。

    1. 研究目的

日本は昔からお茶を飲む習慣はない。飲茶習慣は七、八世紀の平安時代から始まった。当時の空海、最澄禅師は中国大陸から日本に持ち帰った。『茶道入門』によると、749 年孝谦天皇は奈良大寺で僧侶五千人を集めてお経を読んだ。その後茶によってねぎらった。この論文は日本歴史と日本茶事の流れと日本の茶の振興の政策提出を通じて、不足のことを改正し、中国に役立つために、その示唆を提出する。

    1. 研究方法と手順

本稿は「文献研究法」を採用し、先行研究を参考し、茶道に関係する定義をまとめて、日本茶道の歴史と発展現状の資料をまとめて、また、その中に中国の茶文化に対しての具合的な示唆を選択し、自分なりの考えを加えてみる。 茶道の歴史は数千字ではっきりと表現することができない。論文に関係することは多分歴史と政策のところはたくさんある。

第一章日本茶道の歴史

    1. 奈良平安时代

初めて中国から体系的に茶の知識を持ち込んだ書物は「茶經」と言われている。この本には、茶の木の育て方、収穫方法と道具、たてかた、飲み方、歴史などが詳しく記載されている。西暦 804 年、空海と最澄は中国から茶を持ち帰った。

茶道が日本に入ってから、奈良と平安時代に、本国茶文化の発展はもう始まった。お茶はまず宮廷貴族、僧侶と上層社会に流行した。茶の栽培と製茶も始まった。飲茶の方法も唐代の煎茶法をまねた。日本は 9 世纪に「弘仁茶風」形成が、その後、一時衰退した。日本平安時代のお茶の文化は、形式と精神は「茶経」をそのままにまねるともいえる。 当時の日本人は、茶を嗜好品と薬として使って、必要の量を煎じて飲んだ。

    1. 鎌倉、室町、安土、桃山时代

鎌倉時代(かまくらじだい)に中国からの禅宗を伝えた栄西は、茶を九州に植えて、宇治の明恵上人に茶の種を送る。それが宇治茶の起源と言われる。それから、茶の栽培と茶を飲むの習慣が普及していった。西暦 1214 年、栄西は源実朝に茶と「喫茶養生記」を献上する。これは武士階級に茶が広まる足がかりとなった。

室町时代(むろまちじだい)に闘茶が流行した。中国の茶器「唐物」がもてはやされ、大金を使って、盛大な茶会を催すことが武士の間で流行した。これに対し、村田珠光が茶会での博打や飲酒を禁止し、亭主と客との精神交流を重視する茶会だった。これがわび茶の源流となっていく。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接