中日文化产业及产品的进出口现状分析毕业论文_日语毕业论文

中日文化产业及产品的进出口现状分析毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

当今随着全球化的发展,文化产业成为国际贸易市场中的重要组成部分。并且,与传统产业所不同的是文化产业不仅可以给参与其中的国家带来巨大的经济利益,更可以成为向世界宣传本国文化的一个载体,具有很强的文化和政治影响。因此,不论哪个国家都十分重视可以象征国家软实力的文化产业,并且都热衷于提高本国文化产业在国际贸易市场中的份额。

近年来,中国也不断重视文化产品的进出口以及向国际市场的发展。然而, 和输出量年年攀升相对的,我国出口的文化产品品质普遍不高,只能够占据国际贸易市场的低端市场。和中国文化贸易常年处于贸易逆差地位所不同的是日本常年保持着文化贸易出口顺差。因此,分析中日文化产业以及产品的进出口现状对提高中国文化产品在世界范围内的影响力有着重要意义。

关键词:文化产品 文化产业 进出口 现状

目次

はじめに 6

    1. 問題提起 6
    2. 先行研究 7
    3. 研究目的 8
    4. 研究方法と手順 8

第一章文化産業と文化製品について 8

    1. 文化産業とは 8
    2. 文化産品の分類 9
      1. 業種からの区別 9
      2. 重層構造からの区別 9
    3. 文化産品の特徴 10

第二章 中日文化産品の輸出入現状分析 11

    1. 中日文化産品輸出現状 11
    2. 中日文化産品輸入現状 14

第三章 産業上で中日文化産品輸出競争力の分析 15

    1. 中日産業チェ―ンの分析 15
    2. 人材要素の分析 17
    3. 技術要素の分析 17
    4. 資金要素の分析 18

第四章 産業上で中国文化産品輸出競争力を高める対策 18

    1. 政府に対する提案 18
      1. 政策の支持 19
      2. ブランド意識の育成 19
      3. 知識的財産権への保護の強化 20
      4. 専門人材の育成 20
    2. 企業に対する提案 20
      1. 文化資源の利用や独創性の養成 20
      2. 経営手段の活用 21
      3. 技術の開発や生産革新 21

おわりに 22

謝辞 23

参考文献 24

はじめに

問題提起

金融危機の後、世界中主な先進経済体が不景気に陥っているので、経済構造調整を完成できる新興経済体が経済回復という重責を担うと思われている。それに、伝統的な産業と比べれば、文化産業が逆周期的な産業として、有望な産業と見られるので、全世界の国々に重視されている。

その故に、中国が文化産業の発展を重視し、国内の発展だけではなく、文化産品の海外進出にも力を入れている。これによって、近年、中国の文化産業が迅速的に発展し、海外市場を開き、文化産品の輸出入総額が年々伸びっているのである。しかし、新興経済体の中で文化産品輸出入貿易一位の中国は図書出版、ゲーム、映像など分野でまだ日本のような先進経済体に遅れている。

それに、中国と違い、日本は20世紀90年代からもう「文化立国」が国策とされていたので、文化産業の発展が中国より成熟するだろう。そのために、中日の文化産品の輸出入現状を分析し、両国の文化産業の発展状態が分かるようになると思う。

ところで、数多くの研究者の努力のおかげで、文化産業及び文化産品の特徴や分類が明らかになっている。しかし、今まで中日文化産業及び文化産品の輸出入現状の対照研究が少なくないようである。それに、文化産業を研究するとき、企業の角度から分析する研究者がまだ少なくないように気づいた。それで、具体的の企業ケースを通じて、企業方に建設的な提案を提出するのも一つの課題となると思う。

先行研究

河岛(2009)はコンテンツ産品が音楽、映像、ゲーム、マンガ、アニメなどいろいろな分類があり、それぞれのコンテンツ産品は自分なりの経営方法もあると述べている。それに、経済学や法学などの研究成果を踏まえつつ、コンテンツ産業その構造を考察した。コンテンツ産業が注目されている理由は全世界特に先進国側が知識経済を発展したいのである。それに、コンテンツ産業の発展は経営方法に関するだけではなく、産業政策にも大切な関係がある。つまり、文化産業は経済学にも法学にもかかわるものであるといえる。

山口(2008)はコンテンツ産業の発展が経済意義があり、地域振興にも役に立ち、それに、国際的影響力を高めることもできると主張している。そのゆえに、日本は世界最先端のコンテツ大国の実現を目指すために、コンテンツ促進法を配布し、つまり、コンテンツの創造、保護及び活用の促進についての法律を配布する。それだけでなく、コンテンツの製作にあたっては、幅広く資金調達するための多様な手法の整備が必要とされ、コンテンツ産業に関連する人材の確保及び育成も重要であると語った。日本のコンテンツ産業への政策は中国文化産業の発展にも示唆をもたらすことができよう。

唐向红&李冰(2012)によると、日本政府は自国の文化産業を発展するために、多くの対策を提出した。まず、文化産品の開発を融資しやすいために、専門機関を成立した。また、文化産業を目指す投資ファンドも成立し、文化産業以外の資金も文化産業に入れるようになった。それだけではなく、政府は民間企業と一緒に文化産品の共同開発も推進していた。それに、文化産品のデリバティブを活かし、デリバティブ市場も重視した。そうして、様々な手段を通じて日本政府が自国文化産業の国際競争力を高めた。中国政府も日本政府の経験を学び、中国文化産業の発展に役立つこともできよう。

研究目的

本研究の目的は、中日文化産品の輸出入現状を分析し、中国の文化産業及び文化産品の不足や優勢を発見し、日本の文化産業の発展経験を勉強し、中国文化産品の国際影響力を高めることができる対策を求めようと思う。

研究方法と手順

まず、本稿は「文献研究法」を採用し、先行研究を参考し、「文化産品」に関係する定義をまとめ、「文化産品」の特徴および分類を紹介する。また、マクロの角度から、データを通じて中日の文化産品の輸出入現状を分析する。次に、具体的な文化産業の分野から中日対照研究をしたうえで、中日文化産業の輸出競争力を分析する。最後に、政府や企業の両方から中国文化産業や文化産品の発展に対する示唆と提案を導き出す。

第一章文化産業と文化製品について

文化産業とは

文化産業とは、知識に基づき、また労働集約的であり、雇用と富を創出するという産業である。一般には、織物、音楽、テレビ、映画、出版、工芸、デザイン、ビデオゲームを含んでいる。建築や視覚芸術、舞台芸術、スポーツ、広告、文化観光が含まれる場合もある。文化産業は創造性を養い、革新を促進することによって、社会は、文化多様性を維持しながら、経済的成果を高めることができる。

文化産品の分類

業種からの区別

一、出版類

(一)新聞出版

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接