从小说《白夜行》看日本少年犯罪(『白夜行』から見る日本の少年犯罪)毕业论文_日语毕业论文

从小说《白夜行》看日本少年犯罪(『白夜行』から見る日本の少年犯罪)毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

少年犯罪一直是日本社会一个尚未得到解决的重要问题。少年犯罪不仅阻碍青少年的成长,甚至给整个社会带来危害。因此当前,预防和减少少年犯罪是很重要的。本文通过对小说《白夜行》的分析,对日本的少年犯罪问题进行研究。首先是从日本青少年犯罪的现状、特征和影响来解读日本的少年犯罪;其次是分析小说《白夜行》创作的社会背景和小说主人公的性格。然后分别从个人心理原因、家庭环境原因和社会环境原因的角度对少年犯罪的原因进行分析。最后是提出日本少年犯罪的改善政策以及对我国的启示。

关键词 : 《白夜行》 少年犯罪 日本

要旨

少年犯罪はずっと日本社会のまだ解決していない重要な問題である。それは少年の成長を妨げるだけではなくて、甚だしきに至っては全体の社会に危害を持っている。そのため現在、少年犯罪を予防して減らすのはとても重要であ る。この論文は小説『白夜行』の分析を通して、日本の少年犯罪の問題を研究する。まず日本における少年犯罪の現状、特徴と影響から日本の少年犯罪を解読する。次は小説『白夜行』の創作する社会背景と小説の主人公の性格を分析することによって、少年犯罪問題を探る。それから個人心理の原因、家庭環境原因と社会環境原因など、各方面から少年犯罪の原因を分析し、その改善策と中国への示唆を提示する。

キーワード: 『白夜行』 少年犯罪 日本

目次

はじめに 1

一、問題提起 1

二、先行研究 1

三、研究目的 1

四、研究方法と手順 1

第一章 日本における少年犯罪問題 2

第一節 日本の少年犯罪問題の現状とその影響 2

第二節 日本の少年犯罪の特徴分析 3

第二章 小説『白夜行』と少年犯罪課題 5

第一節 小説の背景と人物設定 5

第二節 『白夜行』における少年犯罪問題とその原因探求 6

第三章 日本の少年犯罪問題に対する改善策とその示唆 8

第一節 少年犯罪の問題点及びその改善策 8

第二節 社会・家庭・教育への示唆 9

おわりに 10

参考文献 13

謝 辞 14

はじめに

一、問題提起

小説『白夜行』を読んだあと小説の少年犯罪へ痛みを強く感じる。したがって、少年たちに犯罪の道を踏ませるのは一体は何かと知りたい。という考えでいろいろな資料を調べ、少年犯罪の現状とその問題点を探ってみた。それにより、本稿は小説のなかに出てきた少年犯罪課題と日本の社会における少年犯罪の問題と結びつき、少年犯罪の原因を更に詳しく深く分析しようと思う。それから、社会全員に少年犯罪に防止するために努力してほしい。

二、先行研究

小説『白夜行』への研究がまだないのでここで少年犯罪への研究を述べようと思う。大塚克己は「日本家庭環境と少年犯罪」の一文で主に家庭の環境と少年犯罪の関係を研究している。彼は両親が子供の成長の過程でとても重要な地位を持っていると思う。桑春の論文「日本少年犯罪と原因」は詳しい日本の少年犯罪の原因を研究する。第一は家庭教育の機能が低く。第二は学校は能力主 義とテストの政策を推進する。第三は社会の気風が極めて悪くてで、物資と金銭は子供を冷ややかな人にならせる。藤本哲也は「少年犯罪の現状と予防するの対策」の一文で家庭、学校や社会の三つの方面から少年犯罪を予防すると思う。

三、研究目的

少年に対する関心を持って保護するのは社会生活のひとつの重要な問題である。本研究の目的は小説に表現させる少年犯罪の研究を通じて社会の注目引 こうと思う。少年犯罪を減らすように努力する。

四、研究方法と手順

まず、本稿は「文献研究法」を採用し、先行研究を踏まえ、日本の少年犯罪の現状、特徴と影響が研究した。それから真剣に『白夜行』の基礎を読む上に、小説『白夜行』の創作する社会の背景と主人公の性格を分析する。それからそれぞれ個人心理の原因、家庭環境原因と社会環境原因の角度から少年犯罪の原 因を分析する。最後は日本の少年犯罪問題に対する改善策とその示唆である。

第一章 日本における少年犯罪問題

第一節 日本の少年犯罪問題の現状とその影響

ここ数年来、少年犯罪はだんだん日本社会の主な問題になる。日本では、少年法に定義されている少年、すなわち二十歳に満たないが犯した、または犯したとされる犯罪に対して用いられる言葉である。

統計の数字が示したように、少年犯罪は日に増えている。1992 年から今まで、日本の校内暴力の事件は 5 倍も増加した。2003 年で日本の少年犯罪の人口は 144404 に達した。これは本当に怖い数字である。その以外に、殺人と強姦などの悪い犯罪も増加する。『毎日新聞』は警告したように、日本キャンパスは戦場になる。暴力の低年齢化の現象はとりわけ際立っている。少年犯罪の急激な増加に対処するために、日本が刑事起訴する年齢は 16 歳から 14 歳まで下である。

それにもかかわらず、再犯率も上昇した。少年の再犯率がここ 10 年に一貫して増加しており、平成 17 年は 28.7%で、平成に入って最高になったとのことである。また、触法少年の補導数が,平成 10 年にピークの 2 万 6905 人とな

った後、平成 12 年に 2 万 477 人に減少した後、ほぼ横ばい状態になっていることである。しかし、2014 年の少年犯罪の再び犯罪率は 34.9に達して、日本の歴史の最高である。

少年犯罪の影響は被害者と家族、および少年の自身と家族に及んだ。被害者は恐らく人身に遭って、財産の損害を受けて、更にひどいのは生命を失うのである。被害者の家族は身内を失う苦痛に耐える。少年犯罪は自分の人生を書き直して、自分の前途を埋葬する。少年が逮捕される前の怖しい心理は自分を苦しめて、軍事化の管理を適応しない。その次に、両親は子女の犯罪に直面して、経済の上の圧力に耐えるだけではなくて、また精神の上の圧力に耐える。他人の背後での評論、身内を崩壊させる。これらから少年犯罪の影響は本当にひどいである。そのため、少年犯罪を減らすのは現在の社会は非常に重要な事であ

る。①

第二節 日本の少年犯罪の特徴分析

ここ数年、日本の少年犯罪の特徴、犯罪する主体、動機、形態のこの 3 の方面から見て、以下の特徴が拳げられる。

第一、少年犯罪の主体が変わってきた。以前の少年犯罪はよくすべてたばこを吸って、酒を飲んで、家出してなど初めてヘアスタイルの不良の行為からだんだん恐ろしい犯罪の道に上がって、普通な私達は「だんだん犯罪型」と称した。しかし、ここ数年の日本の少年犯罪の主体は大部分が普通な家庭の子供で、彼らは以上の不良な行為と軽微な犯罪の経歴がなくて、ある日突然で重大な罪を犯して、日本の専門家達はこのような現象を「突然な犯罪型」と呼びる。

第一、少年犯罪の動機は時代に従ってことなる。以前の少年は人を殺す動機はよく相手の行為に対して本当に我慢することはできないので、或いは相手の侮辱を辛抱することができないのに対して、やっと彼を殺した。しかし、ここ数年日本の少年犯罪の動機は普通の正常な人が理解できない。日本で連続して 多くの 17 歳の少年は人を殺す悪質な事件が発生して、彼らの動機はなんと「人を殺したい」である。これは人々に少年の悪質な殺人事件の原因と動機に対してあまり理解させない。東京都立教育研究所の調査によって表明して、小学校

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接