近代日本对西洋文化的吸收--以外来语为中心(近代日本における西洋文化の受容ーー外来語を中心に)毕业论文_日语毕业论文

近代日本对西洋文化的吸收–以外来语为中心(近代日本における西洋文化の受容ーー外来語を中心に)毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

日本的历史在一定意义上可以说是一部不断吸取外来文化的历史,近代日本对西洋文化的吸收使日本成功越上现代化的道路。笔者此次将近代日本吸收西洋文化的过程划分为几个历史阶段来进行探讨。从外来语切入总结其吸收西洋文化的主要特征有主体性,开放性,然后分析文化吸收的原因。

关于日本对外来文化吸收的研究有很多,但对西洋文化吸收的则比较比较少。以外来语为中心探讨日本对西洋文化吸收的就更少。本论文分为三章,第一章首先介绍了日本吸收西洋文化的历史过程,第二章从外来语的吸收总结出文化吸收的特点,第三章分析形成文化吸收特点的原因。最后是本论文的结语部分,总结了本文的观点并提出了今后的课题。

关键词:西洋文化 洋学 外来语

要旨

日本の歴史から見れば、ずっと外来文化を吸収する歴史だといえる。近代、日本は西洋文化を受容することによって、成功に近代化に入った。筆者は近代に日本が西洋文化を受容する過程をいくつかの歴史段階に分けて分析する。外来語という視野から西洋文化を受容する特徴をまとめる。つまり、主体性、開放性である。それから、受容の要因を分析する。

日本が外来文化の受容に関する研究が多いが、西洋文化の受容に関する文献が少ない。外来語を中心にして日本が西洋文化の受容はさらに少ない。本稿は三つの部分からなっている。第一章は日本が西洋文化を受容する歴史過程を記述した、第二章は外来語の受容から文化受容の特徴をまとめた、第三章はこれらの特徴を形成する原因を分析した、最後は本論文の終わりの部分で、本稿の結論と今後の課題を提出する。

キーワード:西洋文化 洋学 外来語

目 次

はじめに 1

第一章 西洋文化及び外来語の受容史 2

第一節 南蛮文化の伝来 2

第二節 蘭学の摂取 3

第三節 西洋文化の開花 4

第四節 戦後のアメリカ文化の受容 5

第二章 外来語から見た文化受容の特徴 7

第一節 主体性:優れた文化を摂取 7

第二節 開放性:包容力かつ融合 7

第三節 文化の受容:継承か創造か 8

第四節 受容の原則:実用主義か利己主義か 9

第三章 日本における外来文化受容の要因分析 11

第一節 先進文化を尊ぶ心理 11

第二節 単一の民族と多元の考え方 11

おわりに 13

謝 辞 14

参考文献 15

はじめに

日本は外来文化を吸収することが上手な優秀な民族である。近代、日本歴史発展の各段階において、外来文化吸収のピークをマークとしても良い。ところが、日本は西洋化の道を歩んでなく、飛躍的に発展した道を何回も歩んだ。中国と日本は一衣帯水の隣国であり、共同の歴史運命に会ったのは何回もある。日本の西洋文化を吸収した経験は、我々の参考になれると言える。今まで、日中両国の間に歴史的なわだかまりが残っているようである。文化上の理解と同感は日中関係の良好的な発展に無視してはいけない役割を果たしている。これも筆者が日本の西洋文化への吸収について、その受容するを深く検討する理由である。

本稿は文献資料に基づき、日本が西洋文化を取り入れた段階を分ける。それから、各歴史段階の社会背景のもとで、取り入れた外来語を選び、大量のデータと調査に基づき、分類と整理をし、外来語を取り入れた方法と特徴を分析することを通じ、日本が西洋文化を取り入れた方法と特徴を論証する。最後に、これらの特徴が形成された原因について分析している。

第一章 西洋文化及び外来語の受容史

日本は近代ヨーロッパ文化を吸収し、南蛮・蘭学・洋学という三段階の歴史発展を経た。歴史の事実で証明されたのは、近代日本が西欧文化を受容したことは明治時代から始まったわけではなく、「南蛮文化」の伝来は日本と西洋文化との触れ合いを切り開いた。南蛮・蘭学時代の吸収がなければ、明治時代にヨーロッパ近代文化から大規模の吸収がなかった。

第一節 南蛮文化の伝来(16 世紀半ば~17 世紀初)

15 世紀から、西欧各国は東洋への新しい航路を開こうとして、世界は地理大発見時代に突入した。1543 年、ポルトガル人は種子島に入ってから、日本で通商や伝教を広げた、宣教師たちはカトリック教をはじめとした西洋文化を日本へ伝え、歴史上「南蛮文化」と言われる。「その時期のいわゆる南蛮文化とは、イエス会宣教師による日本へ伝わった西洋の科技・文化・一般的知識がある」。

南蛮文化を受容具体的な表現としては、教育の面において、イエス会が初等教育の教育機関を設置し、医学の面において、宣教師が療養所を設置し、天文学の面において、宣教師が地球が中心である天体運行秩序説を宣伝し、言語学の面において、宣教師たちが「羅葡日辞典」等を編纂し、文学の面において、イエス会がキリスト教の人文主義を宣伝し、芸術の面において、西洋の絵が日本に伝わった。南蛮文化のは日本の教育・医学・天文・暦法・言語学・芸術などに影響を与えた。

日本とポルトガルとの貿易の拡大に伴い、多くのポルトガル語も南蛮文化に伴って日本へ伝わった。例えば、当時の在日の宣教師と南蛮人がよくパンを食べていたから、パンという単語が伝わってきた。カルタはポルトガル語では、手紙の意味で、日本に導入された際、この意味まで発展させた。カッパという単語は、ポルトガルの宣教師が当時着たマントの形をしている雨具、防寒具に由来し、導入された後、日本式の作り直しにより、今は女性でも使える単語になった。当時吸収したのはバプテスマ・パードレ・バプテスト・たばこ・パン・ボタン・アフリカ・アジア・イギリス・キャプテンなど、これらの外来語から、

宣教師の布教及び貿易によって南蛮文化が伝来されることがわかる。外来語で は貿易、宣教に関する言葉が当時大多数を占めていたということに表現される。

その後、徳川幕府はカトリック教に対して厳しく鎮圧して、南蛮文化は衰える道にたどり着き、宗教と関連する外来語もほぼ使われなくなったが、この近い 1 世紀の文化の広がりによる影響は禁教で消えたわけがない。蘭学の発展に礎を定めた。

第二節 蘭学の摂取(17 世紀半ば~19 世紀半ば)

1639 年、徳川幕府は自身の封建統治を固めるために、鎖国政策を施した。しかし、幕府は西洋学への道に封鎖をかけていなかった。長崎という窓口を通じ、オランダと貿易交流を行った、オランダは日本にとって鎖国時代に西洋文明を吸収する唯一のルートとなっていた。同時に、統治を固めるために、幕府は実学の発展を重視するようになった。特に 8 代目将軍の徳川吉宗は洋学への禁令を緩和させ、医書を主とした西洋の書籍が商品として、大量に輸入された。

1774 年、「解体新書」の翻訳が蘭学の誕生を表している。この医書が発表されると、すぐ、医学界に広範に受け入れられた。その後、他の各学科にも広まった。そして、実践の中で、蘭学に夢中なインテリグループが段々形成された。おランド語を手段としてヨーロパの学術や文化を研究することを蘭学」と称していた。インテリが蘭学を吸収する主な表現は、大量の西洋の書籍を翻訳することである。統計によると、1744 年~1852 年にかけて、日本の翻訳学者は 117 人がいて、翻訳著作は 500 部もあった。野呂元丈が翻訳した医学関連の「阿蘭陀本草和解」がある。本木良勇が翻訳し導入した天文関連のニコラウス・コペルニクスの太陽中心説、地理関連のアントワーヌ= ローラン・ド・ラヴォアジエなどの学説がある。蘭学者たちは協力しあい、

「波留麻和解」を編成した、その本の規模が大きく、オランダ語言葉を 64035 条も収録している、日本がオランダ語研究の一大検閲ともいえる。インテリ に主導された文化吸収運動は、近代の自然科学などの急速な伝播を促進した。その間に、日本はオランダから多くの外来語を吸収した、医学・化学・科技

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接