中国京剧与日本歌舞伎的比较 —以舞台艺术为例(中国の京劇と日本の歌舞伎の比較—舞台芸術を例に)毕业论文_日语毕业论文

中国京剧与日本歌舞伎的比较 —以舞台艺术为例(中国の京劇と日本の歌舞伎の比較—舞台芸術を例に)毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

中国京剧和日本歌舞伎是中国和日本的国粹。

京剧是中国戏曲的集中体现。京剧属于程式艺术,这不仅限于表演方面,在剧本、行当、音乐、化妆、服饰等方面,都有规范性的程式。京剧富有相当深厚的中国传统文化的底蕴,符合中国人的传统道德规范,适应中国人的欣赏心理和审美情趣。另一方面,日本歌舞伎也有其独特的审美价值。外国人虽然听不懂它的高度风格化的舞台语言,但它强调戏曲效果的姿势、动作、眼神以及它的摆架子、玩特技和夸张的出场、快速的换装、神奇的转变,这些都是欣赏歌舞伎表演的乐趣所在。

然而,现在,京剧与歌舞伎面临着相同的发展问题:理解和观赏歌舞伎的年轻观众越来越少。因此,通过研究京剧与歌舞伎在舞台艺术上表现的异同,我们发现要发展传承京剧与歌舞伎,必须顺应时代的发展和观众的要求。

关键词:京剧 歌舞伎 舞台艺术 发展 传承

要旨

中国の京劇と日本の歌舞伎は中国と日本の国粋である。

京劇は中国の伝統的な演劇の集中する体現である。京劇は格式の芸術に属し、このパフォーマンスに限られるだけではない方面、シナリオ、服装、音楽、化粧、ファッションなどの方面で、すべて規範的な格式がある。京劇はとても中国の伝統文化の表れでもあり、中国人の伝統の道徳規範に合って、さらに中国人の称賛の心理と審美の情趣に適応する。一方、日本の歌舞伎もその独特な審美の価値がある。外国人はその高い風格化の舞台の言語を聞いて分からないが、歌舞伎にある伝統的な演劇の効果の姿勢、動作、誇張する出場、不思議な転換などが、逆にその魅力とも言える。

しかし、今、京劇と歌舞伎が直面しているような発展の問題にある。つまり、京劇と歌舞伎の若い観衆を理解して観賞するのはだんだん少なくなる。そのため、京劇と歌舞伎の舞台芸術上で振る舞い違いを研究するのを通じて、私達は京劇と歌舞伎を絶え間ない発展するのを発見して、必ず時代の発展と観衆の要求に順応しなければならない。

キーワード:京劇 歌舞伎 舞台芸術 発展 伝承

目次

はじめに 1

一、問題提起 1

二、先行研究 1

三、研究目的 2

四、研究方法と手順 2

第一章 中国の京劇と日本の歌舞伎の歴史と現状 3

第一節 京劇の歴史と発展 3

第二節 歌舞伎の歴史と発展 3

第三節 中日の伝統芸能である京劇と歌舞伎の現状 4

第二章 中国の京劇と日本の歌舞伎との比較 5

第一節 隈取と色の審美 5

第二節 服装の着用原則 7

第三節 舞台構造と道具 8

第三章 中国の京劇と日本の歌舞伎の比較から見る文化的考察 10

第一節 両芸能の相違点とその原因分析 10

第二節 問題点とその改善策 11

おわりに 12

参考文献 13

謝辞 14

はじめに

一、問題提起

中国の京劇と日本の歌舞伎は中国と日本の国粋である。多くの研究者の努力のおかげで、京劇と歌舞伎はあの程度が発展している。しかし、今までの研究はふれていない問題がまだ残っているようである。例えば、京劇と歌舞伎は依然として厳しい発展の問題に直面している。京劇と歌舞伎の若い観衆を理解して観賞するのはだんだん少なくなる。未来の京劇と歌舞伎の発展に対して前途がわからない。そのため、本稿は主に京劇と歌舞伎の舞台芸術の上の振る舞いの違いを研究する。例えば、化粧するや服装や道具など方面にある。

本研究の目的は、京劇と歌舞伎の定義と発展過程に基づいて、現状を分析してみる。また、舞台芸術を例に挙げて検討してみる。本研究を通して、京劇と歌舞伎の中から相互の長所を見るし、互いに学び合うし、互いに諭し示すし、それによってもっと良く発展し続ける。広大な観衆に理解して好きになって京劇と歌舞伎を観賞させる。

二、先行研究

まず、中国の京劇と日本の歌舞伎に関する先行研究を踏まえ、その主な主張を見てみよう。

芦仙閣(2013)氏は中国の京劇と日本の歌舞伎がすべて百年の歴史を持って いて、各自の文化の背景の中、すべて自分の特徴に発展すると指摘した。が、接近する国家にして、両者はまた多くの似たところがある。主な観点は以下で ある。

①京劇と歌舞伎はすべてしかも独特に繁雑な化粧して役のパフォーマンスを行いに助けを借りる。

②京劇の女形それとも歌舞伎の女形はすべて男性の生理の音を変える前提条件として、女性の技巧をまね、男性の本領が女性に入る。それから演じた女性の役へ向いていく。最後に、観衆の心中で女性像の目的を達成する。

➂多数の京劇が舞台に出演するのが配置するのは簡単である。全体の台劇がすべてで役者に頼って抑揚や間をもたせたのは吟じるし、深い情は演繹して場面を支え始めに来る。そして、中国人は芸術の純粋な追求を体現している。

歌舞伎の舞台が配置するのがとても重視する。そのため、世界初なことを作って劇場の回転する舞台で設置に固定する。

祝涵君(2013)は中国の京劇と歌舞伎が同じで、全世界で無数なコメディーと伝統の芸術だとかいている。京劇のフェイスブックは性格、気性、あるいは特殊なタイプの人物によってある種類の色を採用する。例えば、赤色は忠実な 勇士が壮烈だと表して、黒色は甚だしきに至っては剛直で気骨があって正直で、勇猛に軽率だと表して、黄色は狂暴で残虐だと表して、白色は普通は奸臣を表 する。歌舞伎の化粧する法は色で役者の顔面の筋肉のアウトラインを描き出し を重んじて、顔面の筋肉のイベントを通して、達して人物の性格の効果を誇張 する。しかし赤色は依然として正義で強くて勇ましいと表して、青いがの悪を代表するのが陰険で、茶褐色は凶悪な幽霊に変身するのを代表する。

三、研究目的

本研究の目的は、京劇と歌舞伎の定義と発展過程に基づいて、現状を分析してみる。また、舞台芸術を例に挙げて検討してみる。本研究を通して、京劇と歌舞伎の中から相互の長所を見るし、互いに学び合うし、互いに諭し示すし、それによってもっと良く発展し続ける。広大な観衆に理解して好きになって京劇と歌舞伎を観賞させる。

四、研究方法と手段

中国の京劇と日本の歌舞伎の比較的が研究するのは理論性とても強い問題で、そのため本論文は「文献研究法」を採用する。まず、先行研究を参考し、京劇と歌舞伎の定義を総括し、そしてその発展の現状を分析する。それから、自分で興味を持つ舞台芸術の方面によって、更に具体的な研究しようと思う。最後に、両者間の長所によって、互いに学び合うし、互いに参考し、それによってもっと良く発展していることを期待している。

第一章 中国の京劇と日本の歌舞伎の歴史と現状

第一節 京劇の歴史と発展

京劇は中国の五大伝統的な演劇の種類中の一つである。調子は西皮(戯曲の 腔調)、二黄を主なにして、胡弓と銅鑼と太鼓などで伴奏して、中国の国粋である。

徽劇は京劇の前身である。乾隆は清朝 55 年に(1790 年)は起きて、もとは南方で公演する四大徽州クラスは続々と北京に入っている。同時にまた昆曲、秦腔の部分の芝居の外題、メロディーとパフォーマンスの方法を受ける。いくつか場所の民間のメロディーを吸収して、絶え間ない交流、融合を通じて、最 後に京劇を形成している。京劇が形成した後に清宮廷の内で急速に発展するの を始めて、民国に至って前例のない繁栄を得る。京劇の役はとても明確な分業を持っている。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接