日本摄关政治与中国外戚政治的比较(日本の摂関政治と中国の外戚政治の比較)毕业论文_日语毕业论文

日本摄关政治与中国外戚政治的比较(日本の摂関政治と中国の外戚政治の比較)毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

日本从大化改新开始,以唐朝律令制度为蓝本,建立了中央集权的封建国家 制度。平安时代前期律令制松懈,中期藤原氏摄关政治确立并达到全盛。中国东 汉时期,进入中期以后,从汉和帝开始,东汉政权内部出现外戚宦官轮流把持国 家最高权力的局面。这种情况贯穿于整个东汉后期的历史,成为东汉政治史的一 个重要特点。

日本摄关政治和中国外戚政治的实质都是外戚政治,都处在封建社会的大环 境下,中央集权发展到极致就走向了对立。有相似的地主阶级土地所有制,母系 文化同男权强势文化的对立。让两者既相似又有不同点。

关键词:摄关政治 藤原氏 中国外戚政治 权力 比较研究

目 次

はじめに

……………………………………………………………………

1

第一章

日本の摂関政治……………………………………………………

2

第一節

摂関政治の背景…………………………………………………

2

第二節

摂関政治の展開…………………………………………………

3

第三節

摂関政治の結果とその影響……………………………………

5

第二章

中国の外戚政治……………………………………………………

6

第一節

後漢の外戚政治の背景…………………………………………

6

第二節

後漢の外戚政治の展開…………………………………………

7

第三節

後漢の外戚政治の結果とその影響……………………………

8

第三章

日本の摂関政治と中国の外戚政治の文化的考察………………

9

第一節

日本の摂関政治と中国の外戚政治の比較……………………

9

第二節

日本の摂関政治と中国の外戚政治の異同の要因分析………

11

おわりに……………………………………………………………………… 13

参考文献……………………………………………………………………… 14

謝辞…………………………………………………………………………… 15

はじめに

日本には、9世紀半ばの文徳天皇から 11 世紀半ばの後冷泉天皇まで 16 人の天皇の時代を取り上げる。藤原良房・基経の摂政・関白就任から、道長と頼通 の栄華へと続く藤原北家の全盛時代である。この「摂関政治」は、「藤原氏が 天皇の意向を無視して行った恣意的・専制的な政治」と捉えられがちである。 摂関政治は日本の歴史の特殊な政治制度と時期であり、天皇政治が武家政治の 過渡期である。天皇の家族に代わらなくて天皇の家族を承認し、実権を握って いる政治のモデルを創始した。

日本も中国も東アジアの文化の範囲に属している。古い東アジアの文化が中 国をはじめとし、全部の東アジアに広がった。中国にそのような政治形態もあ り、後漢時期の外戚政治が最も典型である。

外戚専権は中国専制君主制制度の必然な産物である。外戚は腐朽する政治勢 力にして漢代から歴史の舞台で真に役割を果たしていく。幼い皇帝が即位した 場合、その後見として皇太后が付くことが多いため、自らの親族を補佐の為に 取り立てることも多かった。前漢初期の呂后一族の専横がこれである。また、 後漢においては幼帝が続いたために宦官に対抗する権力として外戚を利用したり、外戚を牽制するために宦官を利用するなどしたため、しばしば政治に混 乱が生じた。

日本の摂関政治の形成の一つ原因が中国の外戚政治の影響を受けたのであ る。両者は実質も外戚政治であり、封建時期の大環境にも置かれておく、似て いる経済の環境があり、違う文化を持っていた。

本研究の目的は、摂関と外戚の背景、発展と結果をまとめ、社会や文化や 経済をめぐって、日本の摂関政治と中国の外戚政治の異同を比較してみる。

第一章 日本の摂関政治

摂政は幼い天皇また女帝に代わって政務を摂するとともに、当時に天皇の主 要な大権であった官奏を覧ずることと除目・叙位を行うことを執り行った。な お、関白は成人に達した天皇の補佐をする役割である。摂関政治とは、平安時 代に藤原氏の良房流一族が、天皇の外戚として摂政や関白あるいは内覧といっ た要職を占め、政治の実権を代々独占し続けた政治形態である。摂関政治は日 本だけにある政治形態である。この政治形態の形成が当時の社会背景がはなれ なかった。

第一節 摂関政治の背景

一、政治背景

平安時代の前期に、律令制を緩やかにした。9 世紀に入り、嵯峨天皇が政治の再建を試み、蔵人の事務をつかさどる常設の役所の蔵人所を創設した。当時 嵯峨天皇が機密保持のため藤原冬嗣を蔵人頭に任命し、重要な文書を取り扱わ せたことに始まった。藤原氏はこれを頼りに、再び盛り返す。

班田制が崩壊し、朝廷は地方に支配政策を変えざるをえなかった。土地合併 がもっとも深刻になっていった。この状況がひどい社会矛盾を引き起こした。 そして、地方政治の混乱も引き起こし、律令制の崩壊を招いた。天皇が政治権 力をコントロールする力が削減され、藤原氏がこの機会を通じて政治権力を握 った。

二、経済背景

班田制を実施して半世紀から動揺してき、土地の私有制が速く発展し、荘園 があらわした。班田制が最後崩壊した。10 紀ごろから、中央政府の有力者へ田地を寄進する動きが見られ始める。特に畿内では、有力寺社へ田地を寄進す

る動きが活発となった。いずれも租税免除を目的とした動きであり、不輸権①だ けでなく、不入権②を得る荘園も出現した。特権下の恩恵を受けるために、地 方豪族たちは中央の強大な貴族に自分の荘園に献じた。このような荘園が寄進 地系荘園と言われる。摂関家・大寺社など権力者へ寄進する寄進地系荘園が主 流を占めた。

寄進地系荘園を通じて藤原氏が土地と人口と財産と従属を得た。経済の実力 を強め、天皇に対抗できた。寄進地系荘園が摂関政治の経済基礎になった。

三、社会背景

古代日本の婚姻は「妻問婚」で、夫婦は同居せず、妻の居宅に夫が訪ねる形 態であった。藤原氏が台頭していった背景には、「婚姻戦略」と呼ぶべき独特 の政治戦略があった。生まれた子供は妻の家で養育され、当然ながら藤原氏を 母にもつ皇子も藤原氏の家で養育され、こうして育った天皇が藤原氏の意向に 従うのは当然であった。当然ながらこうして育った天皇は、藤原氏の意向に 唯々諾々と従うはずがなかった。

第二節 摂関政治の展開

摂関政治の足がかりを作ったのは藤原冬嗣であった。冬嗣は 810 年、天皇の筆頭秘書官と言うべき蔵人頭に就任した。同時に、自分の娘の順子が仁明天皇 に嫁ぎ、外戚として朝廷の政務がを握った。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接