中日の職場文化の比較;中日职场文化比较毕业论文_日语毕业论文

中日の職場文化の比較;中日职场文化比较毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

随着经济全球化的不断发展,中日两国的经济交流与合作越来越频繁,两国人民在职场上的交流与合作也越来越多。为了职场交流和工作的顺利开展, 职场文化的理解非常重要。因此职场文化是值得关注和研究的。

本文对中日职场文化的特征进行了归纳总结,并通过对中日职场寒暄语以及价值观体系的考察,对职场文化进行了比较和分析。为了避免摩擦发生,中日职场人士应该互相借鉴对方的长处。

关键词: 中日 职场文化 差异 比较研究

目次

はじめに 1

    1. 問題の提起 1
    2. 先行研究 1
    3. 研究目的 2
    4. 研究方法と手順 2

第一章 職場文化とは 3

    1. 中国の職場文化について 3
    2. 日本の職場文化について 4

第二章 職場における挨拶言葉の日中比較 5

    1. 日本の場合 5
    2. 中国の場合 6

第三章 職場における価値観体系の日中比較 8

    1. 日本の場合 8
      1. 集団内の交流重視 8
      2. 会社への帰属意識 9
    2. 中国の場合 10

第四章 日中職場の差異の分析と考察 11

おわりに 13

参考文献 14

謝辞 15

はじめに

問題の提起

経済のグローバル化の発展に従って、中国と日本の経済協力は頻繁になり、中国では、日系企業で働く人も多くなってきている。一方、日本では、社員 を中国に派遣して業務を開拓することもよく見られるだろう。衝突を避けて、仕事を順調に進めるよう、中国も日本も相手の職場文化に対しての認識をよ り明らかにしなければならない。

多数の研究者の努力のおかげで、我々は職場における中日文化の差異に対して、より多くの認識と理解ができた。しかし、今までの研究が明らかにしていない問題はまだ残っているようである。職場文化に関する研究はばらばらになっているように見え、差異に対する全面的な比較が行っていないように気づいた。

先行研究

姚(2011)は中国の職場文化は「狼文化」と「羊文化」に分けて述べている。「狼文化」はつまり、狼のように鋭敏で、機会を捉えるという職場文化である。一般には、仕事上ストレスがたまっていて、業績審査が厳しいである。「羊文化」は人間本位を提唱する。社員を企業に帰属意識を持たせるようにして、仕事に自発的な使命感と責任感を感じさせるようにする。

姚は「狼文化」と「羊文化」のそれぞれの特徴を詳しく分析し、両者をどう結びつければ企業はよりよい発展できるかと検討した。

黄(2011)は中日の会社の電話用語を中心に中日文化の違い及びその原因を検討した。中国の会社員はより適切に対応するために早めに相手の情報を

たずねる場合が多い。日本の会社員は会社の立場に立って、先に自分の会社名を名乗ることは普通である。

この文章から、中日職場の電話応対において、中国は人との交流を重視することに対して、日本は強い集団意識を示しているという違いがわかってきた。

研究目的

本研究の目的は、中日職場文化の違いの比較を通して、日系企業に入りたい卒業生、中国へと赴任する日本人社員、異文化に悩む企業リーダーなどの異文化の理解に参考となるのではないかと思われる。さらに、一層深く両国国民の相互理解を促進しようと望んでいる。

研究方法と手順

まず、本稿は先行研究を踏みつつ、中日の職場文化の概況をまとめようと 思う。それから、中日の職場現状を考察し、典型的な職場文化の特徴を比較・ 分析し、各自のメリットとデメリットを具体的に検討しようと思う。最後に、二つの文化は各自の役割を最大限に果たす方法を求めようとする。

第一章職場文化とは

中国の職場文化について

今までの研究によると、姚は中国の職場文化を「狼文化」と「羊文化」に分けているという。

狼文化とは、狼のように鋭敏で、機会をよく捉えて、仕事をあくまでがんばって、いつも集団の利益を心掛けている職場文化である。狼文化の特徴は以下のように思われる。

まず、嗅覚は鋭くて、機会を捉えることが堪能である。広い草原に、狼はいつもそれらのターゲット——羊又は羊の群れに重大な注意を払っている。チャンスを取ると、すぐ出撃する。商業界では、価格の変動や競争者の動静から、業界の発展や戦略の企画まで、狼のようにずっと注意を払わなければならない。

次は、進取の気性に富んでいて、失敗なんか簡単に言わない。狼は羊を襲 うときには、いつもしっかりと噛んでいて、簡単にあきらめない。職場でも、きっといろいろな困難に遭うので、あきらめずに戦って、うまずたゆまず仕 事をする。

最後は集団意識である。狼はいつもチーム作戦で、単独に出没するのはかなり少ない。職場では、チームワークが非常に大切なので、これは中国の職場で狼文化が人気のある理由のひとつだと思われる。

長い間、中国の企業は狼文化を重んじていた。だが、職員が仕事のストレスに耐えられなくて自殺してしまうという事件が相次いで起こってから、われわれは狼文化に疑問を抱くようになった。それを背景に、穏やかな羊文化が重視されてきた。

羊文化は人間本位を提唱する。人間性の価値を重視するのを通して、企業

への帰属感、同僚への寛容と配慮、自分自身の仕事への自発的な使命感と責任感を期待される。健康的な職場では、羊文化は合理的な競争を提唱し、お互いに尊重すべきであると主張している。

日本の職場文化について

すでに二十一世紀に入ったが、日本の有名な社会人類学者中根千枝教授が

1967 年に提出した「タテ社会」①の概念はやはり現実的な意義がある。

日本の職場は家族的集団で、「ウチ」と「ソト」の意識が強く、上下関係が厳しい。

「ウチ・ソト」の原理に従えば、自分の上司である田中部長のことを、取引先の社員と話すときにウチ扱いにすれば、「田中」と呼ぶことになる。

一方で、職場の上下関係は厳しい。上司と部下、先輩と後輩という序列ができている。身分の確認ができなければ、コミュニケーションが始められない。ビジネス場合のコミュニケーションは名刺の手渡しから始まる。

名刺は中国から生まれたものであるが、今は日本のほうがより広く使われ ていて、渡し方までこだわる。日本の名刺には、自分の氏名、会社名と役職、会社のアドレス、電話番号などが記載されていて、初対面の人に接する場合 に用いられる。交際に当たって、初めてのあいさつが名刺交換である。連絡 を取りたいときに、非常に便利である。記載された役職名に関心を寄せるこ とにより、相手の役職や地位が確認でき、どんな言葉を使って相手と話すの かがわかる。やり取りも順調に進めるようになる。

① 身分の上下関係を重くみる社会。社会人類学者中根千枝が日本社会の構造的特質として唱えた。——大辞林第三版

第二章 職場における挨拶言葉の日中比較

日本の場合

働きやすい職場をつくるために、ルールを守るだけでなく、マナーを守ることも必要である。円滑な人間関係や仕事を順調に進めるには、あいさつ言葉は大きな役割を果たしている。日本では、職場のそれぞれの場面で、適当なあいさつ言葉がある。ここでは社内で普段使われるあいさつ言葉の代表的なものをまとめる。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接