从日本百年店长寿秘诀看中国百年店的出路日本の老舗企業の長寿の秘訣から見る中国の老舗の活路毕业论文_日语毕业论文

从日本百年店长寿秘诀看中国百年店的出路日本の老舗企業の長寿の秘訣から見る中国の老舗の活路毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

据资料显示,200 年以上的长寿企业日本大致有 3000 余家,约占全球的四分之一。据日本调查公司帝国数据资料库发布的消息,日本百年以上的企业数量高达 22219 家,其中有 39 家更有 500 年以上的历史。众所周知,在互联网经济的发展中涌现出大量微商和电商,百年老店如何在企业更新换代的激流中脱颖而出, 持续发展,实现效益就显得尤为迫切。而在这一方面,放眼世界,无疑日本的百年老店是最值得我们研究和效仿的。这些百年老店经过上百年的时间依然在现代企业中发挥着重要作用,这绝不可能是偶然所致,因此,本文试通过对相关资料文献的阅读和调查,以日本百年老店为中心,考察了日本百年老店的传承情况,经营理念和范围,技术的革新和对传统的执着和消费行为对企业的反作用,得出围绕消费者展开的企业活动是致使企业长寿的重要原因之一。而且,不管是对年轻企业,还是对传统企业而言,研究企业长寿的原因,为我所用,建立良好的企业发展模式是当今企业家们必须考虑的问题.

关键词: 老店 企业 消费者 存续 发展

目 次

はじめに 1

  1. 問題提起 1
  2. 先行研究 1
  3. 研究目的と方法 2
  4. 老舗について 3
    1. 「生命型」の企業と「経済型」の企業 3
    2. 日本の老舗企業の軒並べである原因 4
    3. 消費の企業に与える影響 6
  5. 中日の老舗企業の対照 6
    1. 日本の老舗企業の例 6
    2. 中国の老舗企業の例 8
    3. 中日の老舗の対照 9
  6. 日本老舗の中国老舗に与える示唆 11
    1. 相続人の選択と育ち 11
    2. 革新と堅守 12

おわり 14

謝辞 16

はじめに

問題提起

現在、杭州はアリババの推進している下で、夢の街を建設し、多くの人材や資金を吸収し、中小型の企業が出ている。これらの私的中小企業は杭州の老舗企業のように企業の存続に当面している。換言すれば、このような私的企業と杭州の老舗企業と全国の老舗企業は一緒に当面している問題である。どのように富が 3 代のおろいを打開されるのか、あるいはより多くの中国老舗企業を作るるのかということは知らなくてはならないであろう。

先行研究

老舗はは単なるの古い企業でなく、Wikipedia に以下のように述べている.

老舗とは、先祖代々にわたって伝統的に事業を行っている小売店、企業会社などのことである。

老舗が世界一の多いの国としての日本は 200 年以上の企業中に4割を占め

る。日本調査会社の帝国データ資料に現れて、日本に 100 年以上の企業数は

22219 軒、その中にもう 500 年歴史を持つ会社は 500 軒である。世界中最も

古い企業は日本大阪の株式会社金剛組であり、西歴 578 年で創業し、今まで

は 40 代目を受け継いできる。

窦少杰 陈良越 河口充勇 桑木小惠子(2004)は日本京都の老舗企業を調査した。中国と日本文化を育てる土がよく似ているので、互いに隣国で一

衣帯水で、両国の文化交流に便宜な条件を提供するし、世界中の他国と比べ、日本の老舗企業が一番多く、尤も中国に適合すると思う。調査の内容はそれ

らの発展歴史や家訓と経営理念である。そして、相続人の育成と選びなどか

ら、京都老舗企業の秘訣が現れてきる。老舗企業の存続は企業が守りの中に革新もあることと相続人の育成と選びが大切だとしている。

研究目的と方法

前節の言ったように、今の杭州企業及ぶ全国企業は企業の交代問題を当面 している。しかし、私的経済は中国経済に膨大な比率を占めている。私的企 業①がよく交代できるかどうかは、中国経済の発展に緊密につながていると言 えるであろう。そのため、本稿は日本の老舗企業の発展や経営方法をまとめ、中国の生きている老舗企業の現状分析と人類の会社の効用に基づいて、中国 企業の長寿の活路を見つけよう。研究の結果は企業の存続に対する啓示とな るであろう。

まず、本稿は文献研究法と対照研究という研究形式を採用し、先行研究を参考し、日本の研究現状を理解し、国内外学者の研究を基礎にして日本老舗企業の発展歴史を研究し、分類する。そして、自分の論文に関する内容を選択し、自分なりの考えを加え、より具体的に検討しようと思う。 次に、アンケート調査の結果を分析し、消費観は消費者に何か指導があるのか、という関係を発見し、消費者の側から老舗企業の啓示を掲示してみようと考える。

① ここにある「私的企業」は老舗企業と一般の企業を指している。

老舗について

「生命型」の企業と「経済型」の企業

Wikipedia②によると、「老舗」とは、先祖代々にわたって伝統的に事業を行っている小売店、企業(会社)などのことである。広義には商業に関係しないながらも古くから関連する活動形態の先駆的な組織、団体を指す場合もある。

周知のように、企業は「生命型企業」と「経済型企業」に分けられている。

「経済型企業」は自分の利益を最大化して、企業と職業員が契約関係であり、発展過程から見れば、二つの時間点において衰亡率が高く、つまり、普通四 年目ごろと十年目ごろと言われる。小さな企業は初歩の時に潰れやすい対し て、大きいな企業は生命力の育成を重視しないと、発展の途中で破産を宣告 する可能性が高い。例えば、1970 年に世界トップ 500 に入る企業は、80 年代 で3割消え、90 年代に入って、半数不足になかった。その中では、ほぼ 40 年ぐらい経った企業が数多いと言われている。

「生命型企業」という概念は Arie de Geus③が 1997 年の「The Living

Company」④の中で最初的に提出された。「生命型企業」とは生きがいのため、存在と発展の企業である。管理者は企業を理想と目標とするだけでなく、生存環境に互いに依存する生物有機体ともする。管理したり育て上げたりする

ことを通じて、その生存能力と発展潜在力を機体の健康な成長とともに高め、長続きの利益をもたらすことができるように、善循環を形成する。

② ここにある「Wikipedia 」は Wiki によって構築された誰でも編集できる参加型百科事典である。

③ここにある「Arie de Geus」は長寿企業のモードと「学習する組織」の概念の創始者であり、現代の一つ有名な管理者である。

④ここにある「The Living Company 」は Arie de Geus に長寿企業人格化の特徴と管理要点について書かれた本である。

日本では、家族企業が流行り、伝統技術を代々に伝えて保護する誇りである。単なる伝統技術でなく、職人の血に溶け込んだ魂と老舗を築く基礎と言える。

日本の老舗企業の軒並べである原因

家訓と経営理念が先に挙げられる。「家訓」とは日本の Yahoo によると、公家や武家、さらに江戸時代の商家が、その家を守り立て存続させていくために、子孫の戒めとして書き残されたのである。のような家訓や経営理念は儒家文化の影響を受けたので、「信」、「前義後利」などを原則としている企業が多かった。このような顧客本位となる経営理念と家訓に立ちながら経営を展開し、代々の子孫を戒めて拘束してくることは普通である。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接