中日文化的融合与碰撞——以佛学在日本的传承与发展为例中日文化の衝突と融合―仏教学の日本における伝承と発展毕业论文_日语毕业论文

中日文化的融合与碰撞——以佛学在日本的传承与发展为例中日文化の衝突と融合―仏教学の日本における伝承と発展毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

佛教作为世界三大宗教之一,很久以前就被认为是人们现实生活及精神世界的重要存在。作为信仰不仅仅支撑着人们的精神世界,在建筑、文学、音乐等领域也发挥着作用。另外,佛学在文化交流和国际关系上也有不可忽视的影响。对此了然的国家将佛学视为重要的文化并予以重视,为了促进佛学的传承和发展特别设立了专门场所用来研究佛学并向人们传授。

中日两国的文化交流在佛学方面有着长久历史和不可分离的关系。753 年, 唐朝鉴真和尚东渡日本弘扬佛学的故事被人们所熟知。还有许多像鉴真这样东渡日本的僧人与日本遣唐使之间佛学文化的交流被认为是中日友好关系的重要阶段。但是,随着社会的发展,一方面对佛学的关注度逐渐降低,中日两国关系也处于微妙的局面。本文通过研究日本佛学的传承和发展并对中日两国佛学关系进行深入分析研究,以史为鉴并反思现状,望能以此引起关注,进一步促进中日文化交流以及中日两国关系。

关键词:融合 佛教 鉴真 冲突

目次

はじめに 6

  1. 問題提起 6
  2. 先行研究 6
  3. 研究目的と方法 7

第一章 日本の仏教学について 8

    1. 日本仏教学の形成と発展 8
    2. 日本仏教学の日本社会にもたらす影響 12

第二章 中日両国の仏教学 14

    1. 中日仏教学の現状 14
    2. 中日仏教学の異同 15

第三章 仏教学の中日文化の交流における作用 17

第四章 仏教学の中日文化の交流への啓示 19

おわりに 21

参考文献 22

謝辞 23

はじめに

  1. 問題提起

多数の作家と研究者の努力のおかげで、仏教学に関する研究が豊かになる。しかし、今までの研究は触れていない問題はまだあるように思う。ドラマ『朝五時から夜九時まで』の放送のせいで日本の仏教学が観衆に注目された。そのため、日本の仏教学の起源を了解しようとする人々は、なぜ日本の仏教学は中国と違うのか、という疑問を持つようになった。そこで、本稿は中日仏教学の差異を生じた原因を探してみたいと思う。また、社会の発展に従って、仏教学の影響はどのように変わり始まるのか、つまり、中日仏教学が中日文化の交流と中日関係に対する促進はどのようになるのか、探究をしてみよう。

  1. 先行研究

日本の有名な仏教学歴史家である村上専精の『日本仏教史綱』には、仏教学の起源や発展を詳しく紹介するだけでなく、仏教学が日本で伝播される過程や日本社会に与える影響を具体的な例によって明確的に説明した。日本の仏教学は表面的には戒がないように見えるが、信仰の上に戒、定、慧三つの学説が集まった。そして、日本の仏教学は寺院と僧侶が占有するものでなく、国民の日常生活までも普及された。さらに、日本の仏教学は学術研究より仏教学に対する実際的な理解が重視された。

『中日文化交流史』によると、中日両国は一衣帯水の関係であり、海を隔ててお互いに眺めることである。悠久かつ燦爛たる中国文化は、長きにわたって日本文化を育てきた。日本人は高度な知恵と地道な労働で新しい文化を創造した。中日両国の国民は、お互いの優秀な文化を謙虚に吸収し、中日両国関係において友好的な詩篇を書き上げてきた。中日文化交流は両国関係を繋げることには欠かせない作用を発揮している。たくさんの仏教学についての研究文献から見ると、それが国家にもたらした影響や作用は重視されてはならないと思わ

れる。

  1. 研究目的と方法

本研究は、日本の仏教学の伝承や発展の脈を探し出し、中日仏教学の交流と異同を比べて説明し、仏教学が中日関係にどのような役割を果たすのか分析する。仏教学は中日両国文化交流の方面にもどのような影響をもたらしたのか、検討してみる。そのうえ、仏教学を例として、中日文化の融合と衝突は文化交流の促進と両国友好関係の形成に役に立つことを説明したいと思う。

具体に、本稿は先行研究を参考して「仏教学」を概観し、日本の仏教学をはじめて中日両国の仏教学の関係を説明してみる。また、中日文化の融合と衝突に対して具体的な例を挙げながら分析する。中日仏教学の類似点と相違点を列挙して検討する。中日仏教学における双方の文化差異の表現を詳しく紹介する。次に、仏教学が中日両国に与える影響及び具体的な事件における両国関係の発展への作用をまとめて説明する。最後、両国文化交流の重要性及び中日関係の促進における大切な役割を証明し、中日文化の融合と衝突に対する啓示を掲示してみよう。

第一章 日本の仏教学について

中国の仏教は日本に入ってから、伝統的な文化との衝突と融合を経験し、広範で長く続いていた流行と伝播を得て、日本社会にとって極めて大きくて深遠な影響ができた。その伝播する過程は三つの時期に分けられる。つまり、日本の仏教は大体初めて伝わっている時期、民族仏教が形成している時期、仏教の世俗化になる時期である。また、江戸時期にかけて、儒学の結合と分離を経り、明治維新の後で西方の哲学を吸収して日本なりの仏教学が形成した。

    1. 日本仏教学の形成と発展

欽明天皇1十三年(522 年)に仏教が入ってきた時、日本で固有の神道2があった。そのため、仏教は外来の宗教として日本に伝播した階段の初期で「外来の神」を思われてうまく進行していなかった。その後、物部氏3と蘇我氏4の闘争を経験した日本社会が仏教学についての研究を展開し、それから仏教は日本で栄えていた時が始まった。聖徳太子5は摂政した三十年間で、仏教を日本で大幅に発展させるために頑丈な基礎を打ち立った。強力に仏教学を広めて、そして仏教を国教にして仏教学を伸ばす詔書を出した。さらに、仏教学を研究するために法隆寺を建立し、四天王寺を築いて慈善事業を開いた。特に、遣唐使

1記紀で第二十九代天皇の漢風諡号。名は天国排開広庭尊。継体天皇の皇子。即位の年は、日本書紀によ

れば 539 年だが、現在の定説では 531 年。571 年崩御。在位中、仏教が伝来し、任那の日本府が滅亡。

–新世纪日汉双解大辞典

2神道は古代日本に起源を辿ることができるとされる宗教である。宗教名の多くは日本語では何教と呼称

するが、宗教名は神教ではなく「神道」である。伝統的な民俗信仰・自然信仰を基盤に、豪族層による中央や地方の政治体制と関連しながら徐々に成立した。また、日本国家の形成に影響を与えたとされている宗教である。–ウィキペディア

3物部氏は、「物部」を氏の名とする氏族。姓は、始め物部連、後に物部朝臣。大和国山辺郡・河内国渋

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接