通过日本的国策文学探讨缺乏罪恶感的现代日本人的内心世界日本の国策文学を通じた現代日本人の罪悪感不足の内心世界の探究毕业论文_日语毕业论文

通过日本的国策文学探讨缺乏罪恶感的现代日本人的内心世界日本の国策文学を通じた現代日本人の罪悪感不足の内心世界の探究毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

众所周知,中国和日本自古以来就是友好邻国,交往的历史已延续了两千多年。遗憾的是,到了近代,由于战争,两国关系破裂,造成的影响至今未能消除。近年来,中日关系跌入两国建交正常化以来的最低点,参拜靖国神社和教科书等历史问题显露出来。特别是钓鱼岛问题在两国间依然存在,中国政府的态度比以往更加强硬。因此,对于具有危机意识的日本国民来说,对中国开始变得冷漠。

文学作为反映历史的一面镜子,必然会对这些重大历史事件进行艺术再现。日本近现代文学史上创作的战争文学成为日本文学的一个重要组成部分。作者通过对 1931 年到

1945 年日本对外侵略战争期间日本作家协助战争而创作的文学作品的研究,得出了日本政府篡改战争性质,强调对外战争的重要性,隐瞒了大量史实,由于不了解历史真相,现代日本人的内心世界缺乏罪恶感的结论。此外,两国政府应该直面历史遗留问题,积极促成双方的经济、文化等领域的合作,重视基层人民交流,制定国民交流计划。在此基础之 上,两国关系回有更好的发展前景。

关键词: 国策文学 历史问题 中日关系 罪恶感

目次

はじめに 1

    1. 問題提起 1
    2. 先行研究 1
    3. 研究目的と方法 4

第一章 国策文学の代表的な作家 5

第二章 罪悪感不足の生じた原因 7

    1. 『ある従軍部隊』と『戦線』 7
    2. 集団主義の国民性と特有の愛国心 9

第三章 中日関係について 11

    1. 中日関係の動向と現状 11
    2. 中日関係の悪化した原因 12
      1. 国策文学に影響された中日関係 12
      2. 日本人の中国や戦争への偏見と冷淡さ 13
    3. 中日関係の未来 13

おわりに 15

参考論文 16

謝辞 17

はじめに

問題提起

1931 年の中日戦争から日本の敗戦にかけて、日本文学は戦時体制の下で一番暗い時期にある。経済面も、政治面も、どの点から考えても、日本は中国の東北地域をとっくに 窺って、占めたいと思っている。一方、支配者当局は対外侵略を通じて国内の経済危機 と政治危機をさっそく他国に押し付けるつもりがあると言われている。九・一八事変後、中国に全面的な侵略を始め、このような危機をしばらく緩和させ、同時に、ファシスト 権勢は左翼分子に強く粛清と弾圧をし、政局の動揺や思想の混乱は百姓が未来への不安 と驚懼を激化させたということである。文学はそのような社会状態にたいして鋭敏に反 応できるので、文壇の動揺が昭和十年代に始まり、ファシスト権勢から製造された政局 の恐怖の下で、「国策文学」が誕生したというわけである。

多数の研究者の努力のおかげで、「国策文学」の創作原因や動機などは徐々に明らかになる。しかし、今までの研究はふれていない問題がまだ残っているようである。「国策文学」は日本人の内心世界への影響も不明なように見え、中日のより良い関係に対する政策に関する深い研究も少ないように気付いた。そこで、日本人の罪悪感不足の内心世界と中日関係の動向をめぐる探究は興味深い課題となるはずであろうと思う。

先行研究

「国策文学」とは第二次世界大戦下の日本において、戦争遂行の国策高揚の意図を図ったりして作られた文学を指すことである。1938年8月に、内閣情報部は漢口攻略戦への作家の従軍を要請し、「ペン部隊」としては陸軍班24人、海軍班8人、音楽家による「円盤(レコード)部隊」や画家によるグループとともに従軍された。次いで、11月に、南

支従軍ペン部隊として10数名が従軍され、林芙美子①『戦線』、丹羽文雄②『海戦』など、文学者の視点による作品ができあがった。岸田國士③の従軍報告では、中国における日本の文化工作批判を行い、ほかに、新聞社から派遣された小林秀雄④も国策のための文学者動員を批判した。この年には、農民文学振興を目的として「農民文学懇話会」が結成され、続いて大陸開拓文芸懇話会、海洋文学協会、経国文芸の会、国防文芸連盟、輝く部隊、日本文学者会などが設立された。1940年に大政翼賛会が設立されてはじめて、日本文芸中央会という翼賛会文芸部との連絡協議会が作られ、1942年に各団体を併合した日本文学報国会が作られた。このような流れの中における「国策文学」として、立野信之⑤『後方の土』、徳永直⑥『先遣隊』、などの大陸文学、間宮茂輔⑦『あらがね』、、橋本英吉⑧『坑道』などの生産文学などが生まれた。1941年には、数十人の作家、画家、漫画家、記者などが軍報道班員として徴用され、マレー、ビルマ、ジャワ・ボルネオ、フィリピンなど、各方面に派遣されて従軍記などを著した。日本文学報国会は、大東亜共同宣言の五大原則についての作品執筆依頼や、佐佐木信綱⑨らによる『愛国百人一首』の選定、大東亜文学者大会の開催などを行った。また、『新青年』のような娯楽雑誌にも、国際スパイ小説や軍国調の作品が乗れている。

詩の分野では、日米開戦後、ほとんどの詩誌が廃刊し、日本文学報国会詩部会に統合

され、多くの詩人が戦争誌を創作した。高村光太郎⑩『大いなる日に』、室生犀星11『美以久佐』などのほか、文学報国会の 150 人あまりによる戦争誌アンソロジー『辻詩集』が刊行された。その中で、金子光晴12のみは疎開先の山中湖畔で反戦詩をやり続け、戦後に『落下傘』『蛾』の発表をされた。1937 年に、「川柳人」の反戦的作品が特高に検

① 1903.12.31-1951.06.28 新興芸術派、女性作家、詩人。

② 1904.11.02-2005.04.20 風俗小説の代表作家。

③ 1890-1954 劇作家、小説家。

④ 1902.04.11-1983.3.11 芸術評論家、作家。

⑤ 小説家、作家。

⑥ 1899-1958 プロレタリア作家。

⑦ 1899.02.20-1975.01.21 プロレタリア作家。

⑧ 1898.11.01-1978.04.20 作家。

⑨ 1872-1963 詩人、文学者。

⑩ 1883.03.13-1956.04.02 詩人、彫刻家、二本近代美術の開拓者。

11 1889.08.01-1962.03.26 詩人、小説家。

12 1895-1975 詩人。

挙された。しかも、1940 年に、自由主義の「京大俳句」の平畑静塔ら十数名が検挙される新興俳句弾圧事件が起きたということをきっかけに弾圧が行われた。1942 年に、日本文学報国会俳句部会に俳句界は統一された。短歌では、大日本歌人協会による「支那事変歌集・戦地篇」(1938 年)や「銃後篇」が(1941)刊行された。歌人協会は自由主義的傾向と攻撃されて解散してから、文学報国会に吸収され、戦時短歌に満ち溢れた。

また、明治以来、日清戦争における木口ラッパ兵や「水平の母」、日露戦争における軍神広瀬少佐、第一次上海事変における爆弾三勇士などのように、多くの軍国美談が、報道や美談集といった書籍、物語などで広く知られ、学校教科書や教材にも取り上げられた。火野葦平や脚本家かつ帰還兵である中野実も『軍国美談集』『善行美談集』の執筆に加わった。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接