试论《风起了》—围绕堀辰雄的时空意识 『風立ちぬ』試論―堀辰雄における時空の意識をめぐって毕业论文_日语毕业论文

试论《风起了》—围绕堀辰雄的时空意识 『風立ちぬ』試論―堀辰雄における時空の意識をめぐって毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

《风起了》是取材于堀辰雄本人经历的小说。堀辰雄将现实生活中自己与未婚妻的故事写进了小说。小说以主人公与未婚妻节子在安静的高原疗养院养病为背景,构筑起只属于两人的浪漫爱情世界。

本文围绕《风起了》中的时间推移及其相应的空间变化,分析小说内容, 探讨作者细腻且明暗交错的心理描写手法,感受作者这样设定的绝妙之处。通过解析作品,可以感受到作品描绘的精神世界,进而深刻探讨其作为一篇不朽名作的真正魅力所在。

关键词: 堀辰雄 风起了 时间 空间 意识

目次

はじめに 1

    1. 問題の提起 1
    2. 先行研究 1
    3. 本論の研究目的 2
    4. 本論の研究方法 2

第一章 『風立ちぬ』における時間設定 3

    1. 主人公の「私」による時間設定 3
    2. 「節子」の病状による時間設定 3

第二章 『風立ちぬ』における空間設定 4

    1. 物理空間の設定 4
    2. 心理空間の設定 4

第三章 堀辰雄の時空意識 5

    1. 時間と空間の結合の分析 5
    2. 『風立ちぬ』の魅力 12

おわりに 14

参考文献 15

謝辞 16

はじめに

問題の提起

日本の作家の作風はほとんど極めて細やかである。そのような作品をじっくりと味わいながら読むと、まるで語調が軽くて柔らかい女の声が耳元にゆっくりと響いてくるようである。日本昭和初期の著名な新心理主義派の作家堀辰雄の作品は悲しさと美しさで名高い。

『風立ちぬ』は堀辰雄本人の体験に取材した小説である。堀辰雄は現実の中の自分と婚約者の矢野綾子の物語を小説に書き入れ、主人公が婚約者の節子と静かな高原の中での療養を背景として、重い病に冒されている婚約者に付き添う主人公が彼女の死の影をこわがりながらも、二人が残された時間で支え合いながら共に生きていて、二人だけに属するロマンチックな恋の世界を築いた。作品は筋に込み入っている場面はないが、なかなか味わいが尽きない。小説はきわめて繊細で、小説は長くないが、ストーリー全体は心に残って忘れられない悲しみが立ちこんでくる。堀辰雄の一生を見渡せばわかるように、地震のなかで母親を失くし、恩師の芥川龍之介も自殺で亡くなり、婚約者の矢野綾子も病気で亡くなったのである。死亡が堀辰雄に与えたショックは想像して理解できるだろう。しかし、そのような経験で彼は静かに死亡に向き合うことができるようになった。だから、この死亡に関する小説の中で、堀辰雄は死亡が男女主人公に与えた苦痛ではなく、逆に、死亡する前の幸福を主に描写していた。

本論文は『風立ちぬ』における時の流れやその空間の移り変わりをめぐっ

て、作品の内容を分析し、作者の繊細で且つ明暗交錯の心理描写手法を習い、そういう設定の絶妙さを探究しようとする。作品を解析することによって、

作品に描かれた精神的世界を体験することもできる。

先行研究

堀辰雄の代表作で、傑作とも言われる『風立ちぬ』で描かれている情景、自然描写の巧さはよく指摘されている。悲劇的な題材に関わらず、悲愴や感傷が薄い。小説全編に明るい透明感がある理由として、自然描写の素晴らしさが一役を買っている。

小説の構成が時の流れが立体的に感じられるように工夫されている。『風立ちぬ』が私達にもたらした最も大きな驚きは、風のように去ってゆく時の流れを見事に文字を刻んで人間の実体をその流れのうちに捉えて示してくれたことである。

日本昭和時期の有名な作家である堀辰雄は新心理主義の代表作家として、新感覚派式の印象主義描写を揚棄し、外部世界のごとく内部世界を明らかに描き、現実と戦う心理的現実主義を確立するという理論を主張した。彼の作品は描写が穏やか且つ繊細で、ストーリー性が高くないとは言え、キャラクター自身や環境の描写を重んじるため、同時期の作家の中で独自の旗印を掲げた。それゆえ、彼の作品を研究することは日本昭和時期の文学を理解することにおいて有意義である。

本論の研究目的

本研究の目的は、作品における時間の推移やその空間の変わりをめぐって、作品の内容を分析し、作者の繊細さらに明暗交錯の心理描写手法を検討し、 そういう設定の絶妙さを探究しようとする。作品を解析することを通じて、 作品に描かれた精神的世界を体験することもできる。

本論の研究方法

まず、本稿は「文献研究法」を採用し、先行研究を参考にし、『風立ちぬ』における時間設定と空間設定を研究する。また、各章から時間と空間の完璧な結合を分析する。最後、『風立ちぬ』の魅力を見つけ出す。

第一章 『風立ちぬ』における時間設定

序曲、春、風立ちぬ、冬、死のかげの谷、作品の目次だけから見れば、簡 潔且つ明瞭で、珍しがるほどのことではない。初めて『風立ちぬ』を読んだ 後、作者の堀辰雄の時間における設定が簡単すぎると思われるかもしれない、まるで金銭出納簿のようで、人に与える第一印象は目次で示された時間順序 のほかに、もっと簡単に療養所へ行く前、療養所にいた時、節子が亡くなっ た後その三つの部分に理解することができる。しかし、もう一度『風立ちぬ』をまじめに読めば、作者のそういう設定を一層感心するようになる。そ れ以上簡潔にすることのできない時間設定で愛の物語を描くことこそがその 作品の偉大なるところではないか。

主人公の「私」による時間設定

作品全編が主人公の「私」の視点から読者に物語を述べ、そういう書き方の一番明らかな利点は文章の実感を強め、読者を速やかに「私」の述べにつれてストーリーに入らせ、小説の主旨を理解するにはよい方法である。しかし、一方では「人に鼻を引っ張られる」という現象も現れることが可能で、もし考えもしないでおおざっぱに読めば、最後に非常に普通だという印象が頭に残る。そのため、このはっきりとした時間線のほかに、作者はもう一つの時間線を残した。

「節子」の病状による時間設定

小説のもう一人の主人公は節子である。分析を通じてすぐに見出せること は小説が節子が療養所に行く前に、節子が療養所にいた時、節子が亡くなっ た後その三つの部分に分けられる。「私」の第一人称からの变述を通して、そ れにストーリーの主なる展開を合わせてみれば、作者が時間設定においての 巧みさが簡単に見出せ、平凡を避けただけでなく、読者にも小説を理解させ、真の「両全」に達した。

第二章 『風立ちぬ』における空間設定

小説の成功にもう一つの重要な要素があり、それは作者が場面、人物の会話、表情などについての描写で、ここで統一に空間についての描写と理解してもよい。堀辰雄の空間についての描写があるからこそ、本来普通になりそうな物語が生き生きしており、読者としても作者が表したがることをもっと深く理解できるのだ。新心理主義の代表作家として、堀辰雄は「意識の流 れ」や「心のモノローグ」という手法を完璧に使い、意識的と無意識的実体を描き、人間存在の根源を探求する。

物理空間の設定

太陽が昇っては沈み、大風が起こり黒雲が湧き、動物や植物、建物など、この小説の中で、地味なものばかり描かれたかもしれないが、作者の堀辰雄はそれらに自分の作品におけるそれぞれの役割を実際に果たせた。文字のみを通じて、それなりの雰囲気、喜びや悲しみ、団らんや別れを感じることができ、自然風物に「話してもらう」、それもこの小説のハイライトである。

「あまりにも美しすぎる自然描写と静寂の中で、堀辰雄は愛と生と死という彼のテーマをどのようにつかんでいたのであろうか、堀辰雄の中では、健康で何のくったくもない私達にははかり知れない、繊細なしかしたくましい生命力が激しく脈打っているような気がする。」1

心理空間の設定

作者は人物像の作成において、主に人物の言葉、表情および心理その三つの方面から工夫してきた。どの方面が一番重要だというと、否定できないことに、三つとも同じく重要で、いずれを抜きにほかの二つの描写だけを頼りにすれば、鑑賞性も大幅削減することになる。全編を精読すれば、作者が人物の会話、表情、心理描写を完璧に統合したことが見出せる。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接