《水滴》的符号学解读--兼及对作品多维空间构造的分析 『水滴』の記号学的読解―作品の多次元構造への分析を兼ねて毕业论文_日语毕业论文

《水滴》的符号学解读–兼及对作品多维空间构造的分析 『水滴』の記号学的読解―作品の多次元構造への分析を兼ねて毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

2015年6月23日,是第二次世界大战冲绳战结束的第70年。日本各界人士纷纷出席纪念活动。同时,冲绳战役幸存者正在日益减少的现在,在日本,历史并没有被遗忘,而是保存了下来。众所周知,战后,许多的日本作家通过小说纪念战争。比如,日本作家目取真俊的作品《水滴》。

《水滴》讲述了主人公德正的右腿突然肿胀滴水,并由此发生的事情。本文通过《水滴》

分析其中的符号学及多维空间构造。首先,阐述符号学中的文学符号学。然后,结合人物分析小说中存在的符号学。最后,从另一层面挖掘《水滴》中的多维空间。

符号学分析在近现代文学作品中得到广泛运用与发展,因而研究符号学对文学的研究有着重要的意义。

关键词:目取真俊 水滴 符号学 多维空间

I

要 旨

2015年6月23日は、第二次世界大戦の沖縄戦が終わった70周年である。沖縄戦での20 万人の犠牲者のために、日本各界の方々はこの記念イベントに出席していた。沖縄戦の生存者の減少が著しいように見える現在、日本では、歴史は、忘れることなく存続している。周知のように、戦後、たくさんの作家は小説を通して戦争を記念してきた

。たとえば、作家目取真俊の作品『水滴』である。

『水滴』の主人公は退役軍人徳正である。この小説は主人公の右足が突然膨れ出すところから始まる。本稿は、『水滴』を通して記号学や多次元の空間構造などを分析してみる。まず、記号学の中の文学記号学を詳述する。後で、人物を結びつけて小説に存在する記号学を分析する。最後、ほかで『水滴』の中の多次元空間を掘り起こした。

本研究を通して、日本文学を分析すると同時に、中国の文学に対する啓示もはっきりしようと思う。

キーワード:目取真俊;水滴;記号学;多次元空間

II

目 次

はじめに 1

0.1問題提起 1

0.2先行研究 1

0.3研究目的 1

0.4研究方法と手順 2

第一章 文学記号学 2

第二章 目取真俊と『水滴』 2

2.1目取真俊 2

2.2『水滴』のあらすじ 2

第三章『水滴』の記号学分析 2

3.1「水」に関する記号学分析 2

3. 1. 1徳正にとっての「水」 2

3. 1. 2清裕にとっての「水」 2

3. 2幻覚について 2

第四章『水滴』の多次元の空間構造 2

4.1幻覚と現実………………………………………………………………………………

…………..10

4.2戦後と戦時…………………………………………………………………………………

……..…11

おわりに 2

参考文献 2

謝辞 2

はじめに

問題提起

2015年6月23日は、第二次世界大戦の沖縄戦が終わった70周年である。沖縄戦での20 万人の犠牲者のために、日本の首相、アメリカ駐日大使が出席、沖縄県で記念イベントが行われた。

戦争小説が重視されることに従って、人々はますます文学の角度から歴史を解読することを重視することになっている。その中に沖縄戦に関する作品も少なくない。しかし、そのような作品、特に新しい作品に対する研究が不十分でなる。

本論で文は、目取真俊の『水滴』を研究し、創作上の技巧、記号学と多次元の空間構造などの方面を分析しようと思う。自分の理解とあわせて、記号学や多次元の空間構造を課題にした。

先行研究

スーザン・ブーテレイの作品は沖縄戦とそれをめぐる諸問題を主張に捉えている。スーザン・ブーテレイは、具体的な分析を通して、『水滴』の中の各物事の真実の意味を深く探求した。「この作品を貫く要素として、意義と無意義、個人的な記憶と布告との間に、この小説の文学特色そのもの非現実的な表現方法を用いた。」1この作品を通じて、概括的に目取真俊の表現方法と小説の意味を要約している。それは『水滴

』の研究に重要な役割を果している。

祝敏青は多次元と文学用語に関する知識の概括をしている。祝敏青は、独特な多次元の視角で、文学用語に対して多方面の深さを行った。多次元は文学用語自身の角度と方面が多いばかりでなく、研究方法も多くある。小説の空間叙事を通じて、人々は人物の背景と社会の意味を理解することができ、さらに小説の意味を探求することができる。

研究目的

1スーザン・ブーテレイ『目取真俊の世界—歴史、記憶、物語』カンタベリー大学出版会P35(2011)

本研究の目的は、目取真俊の『水滴』の研究を通して、創作上の技巧、記号学や多次元の空間構造などに基づいて、小説の表現方法を分析してみる。本研究を通して、日本文学を分析すると同時に、中国の文学に対する啓示もはっきりしようと思う。

研究方法と手順

まず、さまざまな資料や先行研究を集めて、本稿は「文献研究法」を採用し、先行研究を参考にし、『水滴』に関する資料をまとめ、記号学や多次元の空間構造に基づいて、小説の表現方法を分析してみる。

次に、記号学や多次元の空間構造に関する内容を作品から抽出して整理する。また

、自分の関心がある方面を釈明し、自分なりの考えを加え、より具体的に検討しようと思う。

最後、参考文献の結果を踏まえて、論文を完成する。

第一章 文学記号学

記号学は現代人文と社会科学の分野で影響がはかり知れないひとつの学科である。構造主義の普及と発展に従って、20世紀の70年代から、記号学を運用する文学批判のブームが興り始めた。

記号学が記号を研究する科学で、明確な定義がない。趙毅衡は「記号は意義の感知を携帯している」と言った。意義が記号を使わなければ表現することができなく、記号の用途は意義の表現である。70年代に入って、記号学の研究に対して日に日に新しくなって、空前の盛況である。日本の記号学者は、記号の本質を研究して、記号の意義を探求することが人類のイベントと産物に対して、近代科学的な重要な課題の中の一つとしていた。1980年に日本は記号学会を創立して、そして学術会議を開催していた。

バートは現代言語学理論の研究において、完全な文学記号学の思想を創立して発展させた。彼の思想は文学記号学などの分野を覆って、テキストの各要素との関係を重視する。

文学記号学は新しい文学理論として、現代言語学の科学的なモデルを基礎にして、さらに有効な批判の方法を探求した。起源はSaussureの記号学原理である。本論文は文学記号学の研究を踏まえてやっていこうと思う。

第二章 目取真俊と『水滴』

目取真俊

1960年生まれの目取真俊は沖縄県出身、日本の新しい世代の小説家である。本名、島袋正。琉球大学法文学部卒業。警備員、塾講師などを経て県立高校の国語教師を務めるが、2003年に退職。『水滴』は目取真俊の代表作として、評価は非常に高い。この小説は沖縄戦の記憶を背負って生きる庶民の生活が描かれている。発表してから、大きな注目を集めた。

1996年、彼の短編小説「水滴」が第二十七回の九州芸術祭の文学賞を獲得した後に

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接