時代から見た日本女性の美意識|从时代看日本女性的审美观毕业论文_日语毕业论文

時代から見た日本女性の美意識|从时代看日本女性的审美观毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

很少有人注意到日本女性作为日本社会的重要组成部分,发挥着巨大的作用,产生了巨大的影响。日本女性在古代的社会地位跌宕起伏,直至今天,日本女性的社会地位仍然不高。这里面包含了性别歧视和历史发展原因。通过研究日本女性在不同时代的美意识,更加深入的了解日本女性审美意识的发展史。通过不同时代的研究,可以知道女性在各个时代她们所具有的美意识。

关键词:女性 时代 美意识

目 次

第一章 はじめに 1

    1. 背景説明 1
    2. 問題提起 1
    3. 本研究の方法 2

第二章 日本の各時代の化粧 3

    1. 古代から見る日本女性の美意識 3
    2. 近代から見る日本女性の美意識 5
    3. 現代から見る日本女性の美意識 7

第三章 日本の各時代の衣服 10

    1. 着物の変遷歴史 10
    2. セーラー服の進化の歴史 11

3.3 補足 12

おわりに 14

参考文献 16

謝辞 17

第一章:はじめに

    1. 背景说明

審美文化は、秘めている審美の要素の文化現象や文化形態で、それは歴史の文学作品、各種の題材の文学、詩歌、文学理論、工芸品、服、日用品、庭園、 建築、絵画、彫刻、書道、音楽、ダンス、芝居、、ラップ芸術など。審美観念で表現は自然が美しくて、人体は美しくて、道徳と行為の審美観念。日中両国が最初に付き合いはじめた時から、中国の審美文化が日本に伝わり日本の文化生活に浸透していった。時代の発展につれて、日本の審美文化は外来文化に深く影響され、絶えず反省と革新を続けてきた。日本の美意識の底には常に自然との一体感と仏教の諸行無常の考え方が流れている。しかし、時代の雰囲気によって表現される美意識は異なる。

歴史の発展の過程の中で、女性の社会生活は重要な構成部分で、とても重要 な役を演じているが、異なる時期の日本の女性の外見のイメージは、昔からの日本の女性の研究を通じて、日本の女性の美の意識を知ることができる。歴史の発展の過程の中で、女性の社会生活は重要な構成部分で、とても重要な役を演じている。女性は美に対して生まれつき敏感で、生活に留意すると、日本の化粧品や服装など人気を形成してきた日本特有のファッションを発見することができる。このそので経験した長いの発展。異なる時期の日本の女性の外見のイメージと、昔からの日本の女性の研究を通じて、日本の女性の美の意識を探究する。

問題提起

多くの研究者は日本のある特定の分野の美意識を研究すること、あるいは日本の伝統的な意味の上での衣食住各方面での研究に重きを置いている。日本女 性が日本社会の重要な構成部分で、巨大な作用を発揮して、巨大な影響を産出 していることに注意している人は少ない。日本の女性は、古代の社会的地位が変化や起伏に富んでおり、今日に至るまで、日本の女性の社会の地位は高くない。これには性別差別と歴史の発展の原因が含まれている。日本の女性のそれ

ぞれの時代の美意識に対する研究を通じて、更に日本の女性の審美の意識の発展史を深く理解する。異なる時代の研究を通じて、各時代に女性たちが持っている美の意識、例えば、江戸時代の女性の多くは瓜実顔が好きであり、明治時代の女性の審美観は丸みがあって、肥えていることを好むようになり、現代になると、女性の審美観は童顔を好むようになった。これらの変化にはみなその歴史原因があり、日本女性の審美の意識の変化を理解すると同時に、各時代の歴史的背景を理解することができる。

本研究の方法

まず、本稿は「文献研究法」を採用し、先行研究を参考し、美意識の概念を定義し、時代を背景にした上で、異なる時代の日本女性の審美の意識の変化を分析する。そして、自分の関心がある具体的な美意識のいくつかの代表的な点を結び付けて、自分の考えを通し、そして深い考察と検討を進める。また、日本の女性の美の意識に関する各文献資料を整理し、各文献資料の重点と表現の 主旨を総括的にまとめる。最後に、参考文献資料に基づいて、古文の典籍の参照と現代雑誌に目を通して、日本の昔から今に至る女性の美意識を理解し、自分の考えと結合して、自分が伝えたい日本の女性の審美の意識の具体的内容を整理する。

第二章 日本の各時代の化粧

古代から見る日本女性の美意識

吴娟の『中日両国は、化粧に対して態度が違っている』によると、日本人の化粧の歴史は平安時代にさかのぼる。日本で、化粧しない女性はほとんど見つからない。日本の女性の化粧に対する尋常ではない愛、これと日本の伝統的な思想、審美観念は関係がある。化粧は日本女性を美しく変えることができ、心理的にもこのような効果がある。愛美の心を、すべての人が持っている。日本人は完璧に対しある種の偏執な愛がある。日本の女性は、化粧はより理想の中の自分に近づくためだと思っている。化粧を通して自分をさらにきれいにし、気持ちも楽しく心地よく変わる。明らかに歴史の発展過程の中で、日本の女性の美の意識は化粧に反映されている。

古代の日本は中国の影響を受けて、唐風の化粧をまねたことがある。平安時代中期から、遣唐使の廃止によって唐文化の影響が弱まると、国風文化が栄えた。化粧の面も特徴的な平安風に形成する。その上、日本の独特の化粧文化は国内政権の盛衰と武士の発展に従って、また中世期を経て、質実剛健な武家風になっていく。近世の江戸時代までに化粧文化が確立し、一般庶民に広がった。近代明治維新まで、洋風の影響を受けて、今洋風の化粧になった。

文化は人類の知恵を長期に蓄えるものである、化粧文化もこのようである。この原因によって本文は化粧を中心にして、日本化粧文化の形成と発展、日本人の美意識との関係、国際との比較及び人にどんな作用があるのかを研究する。

日本は島国で、古代に鎖国を実行し、外国人は日本の民俗をほとんど知らない。だから、江戸幕府末期黒船事件1後、初めて日本の土地を踏んだ欧米人は日本女性を見て新しく奇妙に感じざるを得ない。欧米人は素顔の日本少女に対する印象がとても良くて、大通り上の日本少女は眼差しがやさしく、振る舞いは優雅で、肌が白く、体は小さくて、身の回りをすれ違うすべての人はお辞儀をする。「江戸幕末滯在記」の作者、ブラウントはこのように誉めている。「日本の男性の醜さと違って、日本の女性は水潤の白い肌、濃密な黒髪で、憂鬱

1 嘉永 6 年(1853 年)に、代将マシュー・ペリーが率いるアメリカ合衆国海軍東インド艦隊の蒸気船 2 隻を含む艦船 4 隻が、日本に来航した事件。

な目や生き生きとした顔で、一人一人みな美人である。」

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接