源氏物語と紅楼夢の人物映像の比較源氏物语和红楼梦的人物形象比较毕业论文_日语毕业论文

源氏物語と紅楼夢の人物映像の比較源氏物语和红楼梦的人物形象比较毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

中国清代作家曹雪芹的《红楼梦》和日本中古女作家紫式部的《源氏物语》都是他们所属时代的铜镜,反映了那个时代的历史。虽然时间跨度很大,相差七个世纪之久,而且孕育在两个不同的文化背景中,但它们都是富有意蕴和悲剧性主题的鸿篇巨著。

细读这两部巨著,我们惊异地发现,它们在主题思想、人物形象和艺术表现手法等方面,竟有许多相似、相通之处。

本文就两部作品中的女性形象进行一番粗略的比较,通过发掘封建时代中日两国姐妹命运遭遇方面的相同与相异,从中探寻出文学创作的某些规律来。首先,分析两部作品中女性的智慧外貌才情的共同点以及生活时代背景的共同点。接着从性格和情感的角度可以分析出女性的不同之处.

关键词:源氏物语;红楼梦;女性形象;爱情观;命运

目 次

1.はじめに …………………………………………………………………… 1

1.1『紅楼夢』のあらすじ及び創作背景

1.2『源氏物語』のあらすじ及び創作背景

2.『紅楼夢』と『源氏物語』での女性イメージの共同点………………… 2

2.1個人的な外見と知恵の共同点

2.2女性全体運命の共同点

2.3女性の生活時代背景の共同点

3. 『紅楼夢』と『源氏物語』での女性イメージの違い………………… 4

3.1女性性格の違い

3.2女性の愛情価値観に対する理解点の違い

3.3女性の自分の愛情運命に対する態度の違い

4.おわりに……………………………………………………………………  7

参考文献……………………………………………………………………… 9

謝辞…………………………………………………………………………… 10

『紅楼夢』と『源氏物語』での女性イメージの比較研究

1.はじめに

1.1『紅楼夢』のあらすじ及び創作背景

『紅楼夢』は作者が曹雪芹で、その家庭経験をもとにして、芸術的に書かれた小説である。宝黛の愛情悲劇を本筋とし、旧社会に縁談を勝手に取り仕切った暗黒面を描写する。賈宅の隆盛から衰落までの変化過程を手掛かりとし、封建社会貴族の堕落を掲げる。『紅楼夢』は女性を誉めたのを旨とし、封建制度最高者の賈母から女の役者まで各階級、不同齢の女性を微に入り細にわたって表現している。どんな階級の女性でもその運命は同じく悲惨だと書き出す。賈、王、薛、史四つの大家族が互いにぐるになったので、もし一家の損であれば、全体の損をもたらすという状況を通して、封建末期の内情を暴く。その作品は自由を求め、初めての民主主義思想を現わし、賈、林、薛の間の愛情縁談悲劇の社会根源を深く全面的に揭示する。この著作は文学歴史の中の大作品で、シェークスピアの全ての芸劇文学価値に匹敵できると言える。

『紅楼夢』では、賈宝玉と林黛玉の愛情及び悲劇を作者が主に描いている。その愛情昔話は以前の全部の粗筋とは異なり、深刻な内包がある。まず、賈宝玉と林黛玉の愛情は一目ぼれではなく、長期に一緒に暮らす中に生み出したのである。この点から見れば、この二人の愛情には生活と思想の基礎がある。それから、彼らの愛情は生活理想と社会思想を基礎とし、それは共同的な反封建思想であり、同時に愛情を固くする基礎でもある。薛宝釵はその点が足りないからこそ、賈宝玉は林黛玉をずっと愛している。最後は彼らの個性気質化がぴったり合い、賈宝玉が子供のように無邪気な性格で、封建思想と封建礼法の束縛から逃げようとし、個性の自由と解放を追求する点は、林黛玉と同じである。

『紅楼夢』には人物が700ぐらいで、典型的な人物も数十人である。例えば、賈宝玉、林黛玉、薛宝釵、王熙风、晴雯、袭人、史湘云、妙玉、賈母など、皆広く世間に知れ渡っている人物である。小説は生き生きとした典型的な人物の描写で、世界古典小説でよく知られている名作となった。

1.2『源氏物語』のあらすじ及び創作背景

『源氏物語』は平安時代を背景とし、天皇を四位も経て、70年ぐらいを超え、登場人物は数百人もいる。ただ主な人物だけで数十人もいる小説である。小説は二つの部分からなる。第一部分は主人公の源氏の昔話を中心とし、彼の暮らし及び多くの女との曖昧関係を述べる。第二部分は源氏の息子の熏(実は三公主と柏木大将の私生児)と宇治山庄女性の間に複雑に入り組んでいる愛情昔話である。

紫式部の暮らした時代も日本貴族社会が日に日に没落する時代である。当時の貴族社会は日増しに強くなった武士力量で自分の能力に余ると同時に、狭い平安京の範囲に縮小し、貴族の贅沢で派手と虚栄の終日生活に浸る。紫式部は源氏と周りの女性のイメージを描き出すだけでなく、そういう隆盛から零落への過程を描いた。無駄になる愛情に仕方がない様子を描いたばかりでなく、虚無の人生に対する感慨を表す。

『源氏物語』には女性人物に独特な風格があり、一言一語で優しいなり閑散なり、庶民みたいにゆったりしているなどの気質を感じさせるが、彼女たちの運命は大体悲劇であった。『源氏物語』は源氏の愛情の生活についての描きを通じ、一夫多妻制のもとに、女性の悲惨な運命と貴族階級の気の変わりやすいこと、そして女性を欺いた卑劣な行為を取り上げた。

2. 『紅楼夢』と『源氏物語』での女性イメージの共同点

2.1個人的な外見と知恵の共同点

『紅楼夢』には様々な形やスタイルの女性イメージを生き生きと描き出すが、特に若いお嬢は一人一人才色兼備である。彼女たちは独立王国のような大観園で、本を読んだり、字を書いたり、囲碁を打ったり、絵を描いたりするが、全員が顔を輝かせ、利口である。地位、名声が高いお嬢様ばかりか、自由が制限された下女たちも頭の回転が速く、手先も器用で、才气あふれ、皆読者に好かれる人物である曹雪芹と同じように日本の紫式部も女性の描きが得意で、『源氏物語』では源氏親子は様々な女性との付き合いの描写を通じて、感情をこめて可愛くて悲しい女性イメージを描き出す。

『紅楼夢』では文章の行間に人物の気性を表し、人物に愛と悔しさを描写する。小説には黛玉、宝釵、晴雯、袭人などの女性は大体美人である。曹雪芹は宝釵をボタンにたとえ、黛玉をラヲウにたとえる。黛釵ともこの世に比類ない容貌を持っている。黛玉は容姿が優雅で楚楚とし、愛くるしい姿で生まれながらに聡明である。才能の試合で何回も宝玉を助けてやる。大観園で男性の唯一の代表として、宝玉は頭が鈍い傾向がある。これによって作者の心配りがまんべんなく行き届いたように思われる。つまり、男性覇権地位が女性才能に挑戦されていると言える。薛宝釵と言えば、物腰がきちんとして重重しく、人柄が鷹揚で天性が美しいだけでなく、知識があり礼儀もわきまえ、才気あふれている。詩であろうと、絵であろうと、彼女は状況がよく分かっているので、簡単に仕事が進み、何でも思う通りになっている。

『源氏物語』では女性の中心人物として、紫姬は作者が真剣に描き出した理想的な女性の典型であるが、日本で一番美しい桜に例えられる。ボタンの花の美しい様子、目を奪うほど色鮮やかだと言える。彼女は幼いごろから様々な技芸や琴、碁、本、絵などを習い、優秀な女性の文化修養を持っている。人に敬慕させる才能と容貌を備えているだけでなく、気性にかけて優しくて純真で、 きちんとして重重しくて温厚で、 節操が固く、それに皇室の生まれなので、名が鳴り響いた源氏に愛される人になる。夕顔は作者の書いた下級の女性的な代表人物である。彼女は出身が高貴だからといって、貴族の男性に好まれる。身のこなしが優美で、人のをゆさぶるばかりか、度量が並はずれている性格は彼女の優れている点である。苦しくても、悲しくても、人が恥をかこうと思っていても、彼女はいつまでも気にとめない。こだわらなくて無邪気な気性である。女性作家の紫式部はこれらの女性イメージに出身の高貴に加え、優秀な容顔と才能を持たせる。すなわち、女性を判定する基準は家柄、容貌、才気、度量の四つである。これらの女性イメージからは、多少作者の姿が窺われる。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接