ポライトネス理論からみる日本語の敬語毕业论文_日语毕业论文

ポライトネス理論からみる日本語の敬語毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

众所周知,语言不仅是人类交流的工具,也是人类文明的发展与传承所不可或缺的。日本使用日语。而日语中最有特色,甚至可以称之为日语的精髓的就是日语中的敬语。通常, 日语的敬语被分为尊敬语、谦让语和郑重语三类。通过敬语的使用,人与人相互之间的长幼顺序和上下级关系得以体现。因此,敬语在日本人的日常生活中一直都担任着重要的角色, 甚至可以说是日本人际关系的润滑剂。

20 世纪以来,Bamp;L 的礼貌原则开始流行。关于礼貌原则的研究也盛行起来。

在先行研究的基础上得出日语敬语注重语言形式,而礼貌原则则侧重于交流的效果,注重说话人与听话人心理层次方面因素的结论。因此作者通过具体的例句,从注重对话效果的礼貌原则的观点出发,敬语的本质、使用目的以及效果进行了探讨。得出若想对话能够顺利进行,比起使用敬语,遵循礼貌原则更加重要的结论。

关键词:礼貌原则 日语敬语 人际关系

目 次

はじめに… 1

    1. 問題提起 1
    2. 先行研究… 1
    3. 研究目的… 2

0.4 研究方法と手順………………………………………………„„„„„„ 2

第 1 章 敬語に関する先行研究 „„„„„„„„ 3

1.1 敬 語 の 定 義 ……………………………………………………„„„„„„ 3

1.2 敬語の種類と特徴……………………………………………„„„„„„ 3

1.3 敬 語 の 重 要 性 …………………………………………………„„„„„„ 3

第 2 章 ポライトネス原則… „„„„„„„„„„„„„ 5

2.1 Leech のポライトネス原則……………………………………„„„„„ 5

2.2 Bamp;L の「面子」概念……………………………………………„„„„„ 6

第 3 章 ポライトネスの観点からみる敬語使用 „„„„„„ 8

3.1 敬意表現とポライトネス……………………………„„„„„„„„„ 8

3.2 敬語の実例分析………………………„„„„„„„„„„„„„„„ 10

おわりに… „„„„„„„ 14

参考文献… „„„„„„„ 15

謝辞… „„„„„„„ 16

はじめに

    1. 問題の提起

姚(1994)によると、敬語は文法表現であろうか、語彙表現であろうか、この論争の発展につれて、人々が敬語は文法、語彙、意味、修辞、音声、文字などを含んだ言語表現であることが意識した。そのため、敬語を通して、敬意や親疎などを表せるという特徴や使い方なども徐々に明らかになった。20 世紀に入って、ポライトネス理論が流行し始めた。しかし、語用論的ポライトネスの観点から、敬語を研究する人が多くない。今までの研究に基づき、敬語の使用によって、敬意を表せることが分かるが、ポライトネス原則を考慮せず、場面や相手など数多くの要素も考慮しないと、敬語を使用しても、話し相手に迷惑をかける可能性もあるであろう。言い換えれば、敬語はポライトネスを表すことができるが、ポライトネスに等しいではない。そのため、ポライトネス理論から見る日本語の敬語はどんな効果があるのかが課題となる。

    1. 先行研究

朱(2014)は日本語の敬語とポライトネス理論の異同を比較し、両者の適用性を考察した。その上、ポライトネス策略の使用の難点をまとめ、以下のようなことが明らかになった。

      1. 立場の問題。聞き手あるいは話し手であろうか。
      2. 異なる文化の背景の中で、理解も異なる可能性がある。

宇佐美まゆみ(2001)は「日本語におけるポライトネス」が<敬意表現>と名付けり、ポライトネス理論の普遍性及び「敬意表現」の背後にある考え方を中心に、ポライトネスの普遍原理やポライトネス理論と敬意表現の関連について述べている。

また、宇佐美まゆみ(2001)は敬意表現を「コミュニケーションにおいて、相手尊重の精神に基づき、相手や場面に配慮して使い分けている言葉遣いを意味する。それらは話し手が相手の人格や立場を尊敬し、敬語や敬語以外の様々な表現からその時々にふさわしいものを自己表現として選択するものである」①と定義された。その上、ポライトネス理論

①宇佐美さゆみ(2001)「ポライトネス理論から見た<敬意表現>―どこが根本的に違う

のか」『月刊言語』30(12),p.21 大修館書店

の核とは「人は、相手のフェース侵害度の見積もりに応じて、適切な言語表現を選択する」

②ということであると言える。そのため、「ポライトネス」が、「敬意表現」に置き換えて

も、何ら支障はないと言われる。

    1. 研究目的

本研究の目的は、敬語の特徴及びポライトネス理論の定義をまとめ、発話効果としての語用論的ポライトネスの観点から、敬語の本質や、敬語使用の目的と効果を分析してみる。本研究を通して、中国人日本語学習者の日本語敬語への理解ばかりではなく、異文化コミュニケーションにも役立つであろう。

    1. 研究方法と手順

本稿はまず、先行研究を踏まえ、敬語の特徴や働きなどを分析してみる。そして、今日までの研究成果を基づいて、Bamp;L のポライトネス理論と Leech のポライネス原則の定義をまとめる。さらに、具体的な用例を通して、ポライトネス原則の観点から日本の敬語を考察しようと思う。

②宇佐美さゆみ(2001)「ポライトネス理論から見た<敬意表現>―どこが根本的に違う

のか」『月刊言語』30(12),p.24 大修館書店

第1章 敬語に関する先行研究

    1. 敬語の定義

辻村(1989)は「敬語は表現主体(話し手または書き手)が,上位に待遇すべきだと考える話題の人物,或いは表現受容者(聞き手または諦み手)に対して用いる特定な言語形式だ」③と定義されている。

    1. 敬語の種類と特徴

敬語は、尊敬語、謙譲語、丁寧語の三つに分けられることが多いである。でも、文化審議会相手に対する配慮文化審議会も 2007 年に尊敬語・謙譲語I・謙譲語 II(丁重語)・丁寧語・美化語の 5 分類にするという敬語の指針を答申した。本文は 5 分類という分類方式を採用する。

三分類

五分類

特徴

尊敬語

尊敬語

話題中の動作の主体が話し手よりも上位であることを表す語

謙譲語

謙譲語

話題中の動作の客体が話題中の動作の主体よりも上位であることを表す語

丁重語

聞き手が話し手よりも上位であることを表

す語

丁寧語

丁寧語

聞き手が話し手よりも上位であることを表す語尾の「です」「ます」「ございます」など

美化語

上品とされる言い回し・言葉遣い

    1. 敬語の重要性

周知のように、日本語の敬語は日本人の日常生活の大切な一環として、独特なシステムがあって、構造であろうと、使い方であろうと、すでに日本人の心の中に根付けられていた。現代社会では、昔のような厳しい身分制が大きく変わっていた

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接