日本の手帳の発展について毕业论文_日语毕业论文

日本の手帳の発展について毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

手账作为日本文化的一种渗透于日本人生活的各个角落。然而,在同为亚洲国家的中国, 使用手账的人却不是那么的多。所以,探讨了日本手账的相关问题。

首先,参考先行研究并总结手账的定义,以手账的历史起源作为基础,分析了手账在日本的发展。其次,详细介绍了整理好的手账的种类、性能与相关企业信息。因此,在以中国人为对象进行的“中国人对手账的印象”问卷调查的调查结果的基础上,从中国人的视点出发,研究了中国人对手账的看法以及手账的发展。并将电子备忘录与之对比,探讨了手账在日本的发展。

关键词:手账 历史 现状 发展

目次

はじめに 6

    1. 問題の提起 6
    2. 先行研究 6
    3. 研究の目的 7
    4. 研究の方法と手順 7

第 1 章 手帳の起源 8

第 2 章 日本における手帳使用の現状 9

    1. 手帳の種類と機能 9
    2. 手帳の使い方 11
    3. 手帳の普遍化 13

第 3 章 日本における手帳の発展 15

第 4 章 中国人の手帳に対するイメージ 16

    1. 調査の方法 16
    2. 調査の内容と結果 16
    3. 調査の考察 18

おわりに 21

参考文献 22

謝辞 23

はじめに

問題の提起

日本で、老若男女に関わらずに誰でも「手帳」と呼ばれるものを手元から離してはしない。いつでもどこでも手帳を見ていて、或は何を書いている。日本人にとって、手帳は日常生活には欠かすことができない生活用品である。メモをする物だけではなく、理想の人生計画を立てるために大事な道具でもある。

多くの中国人から見れば、手帳はただのノートであるが、日本人にとって手帳の意味はここに留まらない。日本では、日々の出来事を手帳に書き込むだけでなく、仕事上のスケジュールや友人知人の誕生日までも書き込み、忘れぬよう努力するのである。更に日記帳にとして使われている。もちろん、家計簿代わりに手帳を活用している主婦もいる。

急速に変化する今日の科学技术も急速に発展しているので、スマートフォンの機能も多くなってきている。当然、電子メモをする人も多くなってきている。でも、電子メモに比べて、日本における手帳の発展前景と未来に関する研究も少ないように気づいた。そして、手帳現代社会ではビジネスの必需品とも言える手帳であるが、その歴史はとても古く、あまりの古さに正確な起源をたどることは難しいと言われている。また、手帳というツールの性格上、非常にプライベートなものなので、人目に触れることが少ないことも手帳の歴史をたどりにくくさせている側面がある。

そこで、手帳の歴史起源に基づいて、日本における手帳の現状分析して、中国人の視点から手帳のイメージと発展を中心に考察して、日本における手帳の発展前景と未来を検討してみたい。

先行研究

舘神氏は 2014 年に手帳をより働かせるために、人間の側の能力を高めるという、他の手帳関連書にはない「倒錯的」な提案を提出した。仕事や生活の主体である「あなた自身」のメンテナンスとパワーアップの方法について触れている。手帳をいくらうまく使っていても、たとえばコミュニケーション能力が欠けていては、仕事に支障を来し、人生の可能性を狭めてしまうと考えるからである。人間の状態を整え、能力を拡張するために、メンテナンスとパワーアップのための力を同心円状の模式図にまとめてある。

舘神氏は、システム手帳は「手帳の概念を解体」(『手帳進化論』p.25)した点で意義

があると述べている。つまり、企業からあてがわれた手帳をそのまま使うのではなく、自分自身で手帳を選び、「カスタマイズ」(p.25)できるということを知らしめたのだというのである。

1991 年に「手帳術」という言葉が初めて登場した。マーケッター/プランナーの福島氏による『究極の手帳術』がそれである。同書の冒頭では「情報化社会」、特に情報が「巨大なる怪物のようにふくれあがってきた」時代において、「情報とうまくやっていく」ことを通して時代を生き抜いていこうという問題意識が掲げられている(p.3)。具体的には「車内広告を見てアイデアを見つけメモをし、そのアイデアを昼食時間中に発展させ、そして、急ぎクライアントに電話をする」(p.4)というような仕事の流れを「情報処理システム」と捉え、その処理の根本的な考え方を「情報生理学」として示すことが同書の内容だと述べられている(pp.4-5)。こうした情報処理にとっての重要ツールが、情報を書き留め、整理することに優れた手帳だというわけである。

福島氏は、「大切なのは、自分が人生でどう生きるか、本来へのヴィジョンや生きがい、自分の生き方への気づきである」(p.24)、「夢を広げていくと、今日やることが気が乗らなくても、何だかやる気が出てきて、やれてしまう」(p.66)という人生や夢に関する言及を提出している。

研究の目的

本研究の目的は、手帳の種類、機能と相関企業をまとめ、手帳の歴史起源に基づいて、日本における手帳の現状を分析する。また、電子メモに比べて、日本における手帳の発展前景を検討する。本研究を通して、多くの人に手帳を普及させて、そして手帳の魅力を知らせるために、手帳の使い方を紹介すると同時に、中国の手帳使用者に対して、啓示もあるであろうと思う。

研究の方法と手順

まず、本稿は先行研究を参考し、「手帳」に関係する定義をまとめ、手帳の歴史起源に基づいて、日本における手帳の現状を分析してみる。

次に、整理された手帳の種類、機能と相関企業を詳しく紹介する。

最後、中国人を対象として行われた「中国人の手帳に対するイメージ」アンケート調査の結果を踏まえて、中国人の視点から手帳のイメージと発展を中心に考察しよう。

第 1 章 手帳の起源

日本の現代社会ではビジネスの必需品とも言える手帳であるが、その歴史はとても古く、あまりの古さに正確な起源をたどることは難しいと言われている。また、手帳というツー ルの性格上、非常にプライベートなものなので、人目に触れることが少ないことも手帳の 歴史をたどりにくくさせている側面がある。

ヨーロッパではローマ時代に手帳を使用していた記録が残っており、当時は将校や貴族など一部の階級で使用されるステイタス・アイテムであった。それが広く一般にも普及されたのは 18 世紀のイギリスが起源になったと言われている。

日本においては、明治 12 年に大蔵省印刷局が懐中日記という手帳を職員向けに製造していた記録がある。これは予定の管理用だけでなく、巻末には租税や関連法規などの資料もあり、現在の手帳に近い姿であったようである。民間でもその後すぐに手帳の製造が始まり、現在の手帳に近いものが製造された。

現在の手帳には、最初から製本されていたタイプではなく、自分で必要なページを組み合わせて使用するシステム手帳がある。このシステム手帳を世界的に普及させたのがイギリスの fILOFAX(ファイロファックス)である。頭文字の「f」だけが小文字なので、印象に残る社名である。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接