朱子学が徳川幕府の正統思想になる原因について毕业论文_日语毕业论文

朱子学が徳川幕府の正統思想になる原因について毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

说到中国的正统思想,大多数情况下都会想起儒学。宋代以后,朱子学成为中国的正统思想。不仅仅是在中国,日本和朝鲜(现在的韩国和朝鲜民主主义人民共和国)甚至东亚诸国都受到了朱子学的影响。

朱子学于 5 世纪传到日本,对日本的政治和社会都有影响,最后在江户时代盛行。因为侍奉德川家康的藤原惺窝和林罗山是朱子学学者,朱子学在幕府和各藩之间盛行,作为支撑封建制度的道德发达起来。

首先参考先行研究,总结朱子学的相关定义。然后分别详细介绍朱子学、阳明学和基督教。最后,将这三者进行比较,从而考察朱子学成为德川幕府正统思想的原因。

从内在和外在两方面来考察朱子学官学化的原因。首先考察朱子学的传入和官学化的过程。朱子学在江户时代之前就已经传入日本。进入江户时代后,朱子学开始独立发展。这个时候涌现出一大批优秀的朱子学学者。由于朱子学学者的推动和德川幕府的支持,朱子学最终成为了官学。

从朱子学对于德川幕府的适应性和当时的不同思想之间的比较来讨论官学化的内在原因。朱子学在当时的对立中,逐渐占据优势地位。就外部原因而言,朱子学为德川幕府统治的合理性提供了理论支持。另外,朱子学的道德论担负了道德秩序的再建的责任,不仅仅支持了身份制度而且还稳定了社会。而且,德川幕府统治者的支持也是朱子学官学化的一个重要的外在原因。

关键词: 朱子学 阳明学 基督教 德川幕府 官学

目 次

はじめに 1

    1. 問題提起 1
    2. 先行研究 1
    3. 研究目的 2
    4. 研究方法と手順 2

第 1 章 江戸時代の思想について 3

    1. 朱子学 3
    2. 陽明学 5
    3. キリスト教 6

第 2 章 朱子学が徳川幕府の正統思想になる原因 8

    1. 思想の間の比較 8
    2. 朱子学の官学化の外在の原因 10
    3. 朱子学の盛行の表現 11

第 3 章 18 世紀後の日本思想 13

    1. 寛政異学の禁 13
    2. 日本思想の発展 13

おわりに 15

参考文献 16

謝辞 17

はじめに

    1. 問題の提起

多数の研究者の努力のおかげで、朱子学のメカニズムが徐々に明らかになった。しかし、今までの研究は触れていない問題がまだ残っているようである。徳川幕府前期、思想界が盛んになった、キリスト教や陽明学の信者が大勢いた。朱子学が徳川幕府の正統思想になった原因に関する深い研究も少ないように気づいた。そこで、本論文ではその触れていない問題を考察する。

    1. 先行研究

島田虔次(1967)の『朱子学と陽明学』によると、朱子が先学の理論を取捨選択して朱子学を完成し、陸象山がその取捨され形成された学説に異を唱える様子。朱子学が王朝の学となって固定化したことである。時間的推移に則って、政治・社会の変化にも目配りした議論が続いていく。それを追っていくと、朱子学の生まれた経緯、朱子学から陽明学へと受け継がれた部分と受け継がれなかった部分、陽明学が陥っていく必然的な変質である。欲望肯定や情を重視した自我主義の面の程度による、島田氏は陽明学が二派を分ける。

土田(2014)によると、儒教が外来思想であることは江戸の儒学者の共通認識である と思う。皆それぞれ違う立場があるが、儒教の日本的受容への道を模索し続けたという のが本当のところであると思う。朱子学は日本に影響を及ぼさなかったのかというと、 それは絶大な影響を及ぼしたのである。しかし、それは政治・制度としての儒教ではな く「教養としての儒教」であった。日本人はそれまで哲学的な思考をする場合の方法論、枠組み、用語を持ってなかった。それをそっくり朱子学から輸入したと考えれば、その 影響力の大きさが分かる。土田氏は江戸儒学を丸く広く見渡すことで、儒学とりわけ朱 子学が日本人の教養・思考のあり方にどれだけ大きな影響を与えたのかを論証する。

    1. 研究目的

徳川幕府则期の思想界に目を向ければ、陽明学とキリスト教などは、まだ社会において一定の影響力を持っていた。本研究の目的は、日本徳川幕府時の朱子学、陽明学、キリスト教をまとめて、徳川幕府の政治や経済に基づいて、この三つの思想を比べて、朱子学が徳川幕府の正統思想になる原因を探す。本研究を通して、正統思想になる原因を解明する同時に、文化の交流と融合の啓示を中心に考察してみよう。

    1. 研究方法と手順

本論文では、まず、先行研究を参考し、「朱子学」に関係する定義をまとめる。次に、徳川時代の思想を具体的に検討しようと思う。また、整理した代表例となる朱子学、陽明学、キリスト教を詳しく紹介する。最後に、この三つの思想を比較して、朱子学が徳川幕府の正統思想になる原因を考察する。

第1章 江戸時代の思想について

1.1 朱子学

1.1.1 朱子学の伝入と発展

朱子学が起こった宋では、科挙の制度が完成させ、皇帝を中心とする行政官僚制ができた。オリジナルな儒教はたくさんの君主がいた場合に誰にどうブレーンとして協力するかが問題であったが、君主がひとりしかいなければ誰に仕えるかは問題にならない。科挙の試験を受けて現政権に仕える以外の選択肢はない。

「大唐凋敝、载之具矣。更高不朝之问、终停入唐之人。」

平安時代の寛平六年八月(894年8月)、菅原道真の「請令諸公卿議定遣唐使進止 状」により遣唐使のことを停止された。しかし、両国の商人や僧侶などの交流が頻繁に なった。南宋時代、平清盛は海外貿易を激励した。そのとき、日本の武家は南宋の文化、特に禅文化を一生懸命に吸収する。

朱子学とは、南宋の朱熹によって再構築された儒教の新しい学問体系である。宋代以降、朱子学は中国の正統思想になる。朱子学の理は太極という人知を超越した外在するものから与えられているという思想が権威主義や保守主義につながりやすかったためと考えられる。中国に限らず、日本や朝鮮(今の韓国と朝鮮民主主義人民共和国)更に東アジア諸国は朱子学の影響を受けている。

朱子学の日本伝来の起源が多い。一つには鎌倉時代の正治元年(1199 年)に入宋した真言宗の僧俊芿が日本へ持ち帰ったのが日本伝来の最则とされる。もう一つは日本の禅僧圓爾は嘉禎元年(1235 年)に渡宋して径山寺で仏教を学び、仏の教えや朱子学と共に多くの中国文化を身につけて仁知二年(1241 年)に帰国した。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接