日本对基础教育的重视——以小学课程设置为例日本の基礎教育重視―小学校の課程設定を例に毕业论文_日语毕业论文

日本对基础教育的重视——以小学课程设置为例日本の基礎教育重視―小学校の課程設定を例に毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

1827 年和 1947 年,日本相继进行了两次重大的教育改革,为日本教育的发展打下了坚实的基础。这两次改革都取得了巨大成功,使日本得以跻身世界强国之列。众所周知,日本的成功原因是由于重视教育,实行了“教育先行”的政策。而针对基础教育,日本更是倾注了大量心血进行改善与调整。比如日本的小学课程设置:相比成绩,更注重养成学生人格,激发兴趣,锻炼各方面能力。另外, 针对教师,日本也有“教师流动制度”,以保证师资平衡。总之,基础教育无论在日本还是中国还是全世界,都应该得到足够的重视并匹配相应的资源。

关键词:教育改革 小学课程 参考 反思

目 次

はじめに 6

    1. 問題提起 6
    2. 先行研究 6
    3. 研究目的と方法 7

第一章 日本の基礎教育の現状 8

第二章 日本の基礎教育への重視 10

    1. 重大な教育改革 10
    2. 小学校の課程設置 11

第三章日本の基礎教育から得られる参考と再認識 14

おわりに 16

参考文献 17

謝辞 18

はじめに

問題提起

周知のように、日本は非常に先進で科学的な教育系統がある。「第二次世界大戦」終了後、日本の学校教育は壊れそうな状態になった。空襲で、多くの校舎を破壊された。田舎も都市も、子どもたちは学業を放棄し、農村へ農業に従事した。戦後の初期、政府も国民も、国家の再建復興のことなら、教育は急務だと思っていた。19 世紀末から 20 世紀前半まで、欧米流行の「子ども中心主義」の教育思想の影響で、日本はこれを中心に全面的な課程の改造を実施した。

そこで、日本は戦後初の課程の改造運動を始め、1947 年と 1951 年の課程改革を含めた。1947 年の課程改革は小中学校で学習指導要領を確定し、小中学校各科の教材はユニット式の設計の方法を採用した。1951 年の課程改革は変わらずに学生を中心とし、「社会生活ユニット」のシステムは「コアコース」のシステムに代わた。その後、日本は本国の実際の情況によって、教育政策を絶えずに調整した。最終、科学的で成熟的な教育システムが形成した。

ところで、日本の教育、特に基礎教育の成功は、中国の基礎教育に対して重要なヒントとなり、学ぶべきことがたくさんあるはずであろう。

先行研究

近年、日本の小学校の状況を研究しているアメリカの専門家は、日本学校が外界に知られているような「学業の高圧蒸し器」でないわりに、意気が盛んであり、友愛にあふれた学生のエデンであるとしている。日本の小学校の基礎は三つの「C」1、つまり連絡、品格、知識と認められている。邱昆(2015)は日本の小学校教育の現状と特徴を要約した。下表のように表れている。

1 連絡(Connection)、品格(Character)、知識(Content)

現状

特徴

中国ための参考

教育と行政の両極化

平等の重視

教員建設の強化、教師素質の向上

教育目的の公共性

道徳の重視

両親と社会の教育管理積極性の動員

課程内容の基礎性

義務教育の高水準の要求

各科目の総合教育の強化

教学方法の敏捷性

学校活動の整体性と調和性

教育の均衡な発展の促進

『日本普及教育的历史考察及启示』に、日本の教育普及の歴史が記載してある。徳川時代の日本民間に自発的な教育普及から、明治政府の強制的な教育普及まで、日本の教育普及の過程では辛い道を歩き、巨大な努力をした。この努力が良好な結果になり、大量した優良な労働力が育成できた。戦後、経済成長の基礎を築き、経済が急速に成長した要因になったということである。日本の教育普及は、社会の現代化を実現する手段であり、人の現代化の実現は社会の現代化を実現する手段であると認められる。強力に教育を普及したり、発展したり、国民全体の科学文化素質を高めたり、高素質な人材を育成することは、新しい時代の要求といえる。

辛継湘(2011)は、日本の中小学校の課程構造や教学内容及び実施を述べている。また、背景や教学評価などと結び付け、日本の基礎教育の形式、具体的内容、利点を説明した。同時、中国の基礎教育のために参考を提出した。

研究目的と方法

多数の研究者のおかげで、日本が基礎教育を重視する原因を明らかになった。しかし、今までの研究はふれていない問題がまだ残っているようである。例え ば、生徒への重視の原因に関する深い思考が少ないことである。それで、基礎 教育に関する発展策、課程設置、時代の波に乗って全面的に進むことなどは、課題になるのではないかと思う。

そのため、本稿は先行研究を参考し、日本の基礎教育の発展過程及び基礎教育に影響を与えた要因を説明しよう。また、日本小学校の課程設置を通して、社会原因、政府の考慮、人文の関心、小学校生徒への配慮を分析してみる。最後、日本基礎教育から見られることに基づいて中国の基礎教育の進路を思考してみる。

第一章 日本の基礎教育の現状

日本近代の学校制度は 1872 年から始まった。当時は 8 所大学、256 所中学校、53761 所小学校があった。これらの学校はすべて資本家の子弟のためにサービスするのであった。1940 年まで、大学は 45 所に増え、専門学校 178 所、

師範学校 141 所、大学予科 43 所、高校 32 所、女子高校 999 所、職業訓練学校

1379 所、中学校 566 所、小学校 20942 所であった。特に、小学校の登校の率はもう 100%に達した。

日本の基礎教育の普及した程度の高さは世界にも公認されている。その品質の高さは同じく世界でも有名である。これは国際教育成果学会(IEA)2に行った国際数学理科(科学)教育調査と経済協力開発機に行った学生学習成果調査では、有力な証明が得られた。IEA の国際数学教育調査においては、日本の生徒の成績は、1995 年に 26 個の国家の中に第三位を占め、1999 年に 38 個の国家の中に第五位を占めたということである。IEA の国際理科(科学)教育調査においては、日本の生徒の成績は、1995 年に 26 個の国家の中に第二位を占めたと言われている。優れた成績を取得したのは、基礎教育のレベルがとても高いからであると説明できる。

また、絶えず教育制度を改革し、「教育基本法」3を確立した。その主旨は「人格を育成し、平和な国家と社会を促進することは早く実現し、真理と正義を擁護し、個人価値を尊重し、労働観念と責任感を樹立し、心身健康的で自立を持っている国民を育成し出す」とされている。「教育基本法」の各項目の基本原則と学校教育制度の内容をもっと具体化するために、「学校教育法」4を公表した。その内容は主に教育機会の均等を実現し、普通な教育を普及し、男女差別を消除し、児童心身の発展に適応する学科型の学校制度を実現し、大学と大学院を拡充し、教育行政地方分権を実施する。これは教育民主化の基本内容である。これから、6、3、3 の学制は法律の保証を得た。ほかに、日本の文部省は

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接