日本語の曖昧さとその成因毕业论文_日语毕业论文

日本語の曖昧さとその成因毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

日语所谓的暧昧其实是日语的特征之一,扮演了十分重要的作用。因为暧昧的特色是委婉含蓄地维持人们之间和善的关系,所以日本人经常使用这种暧昧语言。日本人特别喜欢这种暧昧的语言,但是对于很多外国人来说认为是难题。作为日语学习者的我们,必须熟练掌握这种暧昧的日语,那是因为日语的暧昧能够反映日本的地理、思想、文化等方面。本文描述了日常生活中的暧昧表现,更进一步地分析了这种暧昧语产生的原因。从而,我们更加尊重日本传统文化,理解日本人暧昧的性格。同时,以后在跟日本人的交流过程中也能够更加顺畅,也能够把握日本民族的特性和中日文化的差异。

关键词:日语 暧昧さ 原因 文化

目 次

はじめに ……………………………………………………………………………………1

1. 問題提起と本論の目的 ……………………………………………………………1

2. 先行研究 ……………………………………………………………………………1

  1. 曖昧さとは ………………………………………………………………………3
  1. 曖昧さの表現の仕方 ………………………………………………………………4

2.1 婉曲模糊な語彙の類 ………………………………………………………………4

2.1.1 政治家用語について ……………………………………………………………4

2.1.2 「相槌を打ち」について ………………………………………………………4

2.2 否定表現 ……………………………………………………………………………5

2.3 省略表現 …………………………………………………………………………5

  1. 日本語の曖昧さの成因………………………………………………………………6

3.1 単一な地理と環境 …………………………………………………………………7

3.2「和を以て貴しと為す」の思想 ……………………………………………………7

3.3 「以心伝心」の伝統文化 …………………………………………………………8

おわりに ………………………………………………………………………………………9

参考文献 ………………………………………………………………………………………10

謝辞 …………………………………………………………………………………………11

はじめに

1. 問題提起と本論の目的

曖昧な形式は日本語の中で、独特の表現として、日本文化の一の重要な特徴だ。曖昧さの特色は婉曲であり、含蓄であり、人々に愉快的で優しい人間関係を持つので、日本人はよく曖昧な表現を使っている。実は曖昧であることはただ外国人の立場から見ると曖昧さがある。日本人はたくさんのものは前もってすでに文化圈内の常識になるから何にも話しなくですぐ分かることができる。しかし外国人にとって難題だと考えられる。私たちは日本語科の学生として日本語の曖昧さを把握するべきだ。曖昧さを好むという日本人の性格が日本人の根本に根ざしているものだとよく理解しなければいけないと思う。日本語学習者にとって、この曖昧な表現はとても難しい。日本人の心理と考え方を正しく理解し、日本語の学習者に役に立つために、日本語の曖昧さとその成因を研究したいと思う。

日本語の中の曖昧語は日本人の考え方と性格の特徴を反映できる。曖昧語を研究して、日本の風習、マナーの要求、社会のルールを理解して、それによって日本の民族の特性と中日文化の差異を把握できる。日本語の学習者にとって、日本人の性格の特徴の了解に対して、我々を助けてもっとよい日本の言語の法則とより正確な日本語の学習の方法を把握する。それと同時に日本人との交流はもっとスム—ズにできるということでもあるのである。

2.先行研究

日本語の曖昧さについての文献には、以下のことが記されている。

李兆忠は『暧昧的日本人』の中に、日本文化と日本人の性格を解読する。曖昧性は日本言語の重要な特徴だ。作者は日本の大江健三郎さんの『曖昧日本の私』とアメリカ人類学家ルース・ベネディクトの『菊と刀』の啓発を受ける。日本人の曖昧、実は十分にはっきりしている。そして、日本の歴史と特殊の地理文化を決定する。

户田一康は『日本语达人之道』の中に、言語上における日本語の特質、語彙面のこと、構文上の問題、テンスに潜む微妙なことわざ 、助詞の働きをまんべんなく理解するのこと、日本人の好きな表現法、曖昧や婉曲または否定的な表現が愛用するのこと、沈黙や弁解しないことが好まれる、とことんまでの省略表現が会話の特徴について論述した。

张伯香は『美丽的岛国日本』の中に、外国人は、よく「日本人は、自分の考えていることを、あまりはっきりと表現しない」「なるべく間接的な言い方をするので、その人の本心がわかりにくい」などと文句を言います。確かに日本人はこういう一面を持っています。もちろんこれは日本人の国民性とか文化などに関連しますが、日本語もこのような曖昧さを特徴とするものです。主に日本の美しい風土や地理と曖昧の間の関係を論述した。

芳賀綏ほかは『あいまい語辞典』の中に、日本語をいっそうよく認識性ばかりでなく、同時にまだ日本文化のいろいろな特徴を発見すべきである。日本語の曖昧さは日本人の生活方式と伝統観念を表わす。曖昧性も日本語の特徴である。日本語の曖昧を通じて、日本の文化を知ることができる思う。日本語の曖昧さについて理解することができたがまだ不十分だと思っている。曖昧さを表現する言葉の使い方を一つずつ論説した。

富阪容子は『なめらか日本語会話』の中に、一般的には、「とか」「たり」「し」は2つ以上の例を挙げるのに使われる。それに対して、1つの例だけを挙げて、そのほかの例を聞き手の想像にまかせる場合もある。「なんか」も同じ働きだ。このようにすべてを口に出さないあいまい表現は会話でよく見られます。よく曖昧な表現を勉強して、友人に向かって答えたとすると、相手を怒らせらことはないとしても、何か居心地の悪さを感じさせるのではないだろうか。そこで、対人関係に合わせる、適切な対話ができるようになることを究極的な目標としたい。

以上が私が調べた代表的な文献である。世界諸国の言語から見れば、曖昧な表現があまりないが、日本語には曖昧な表現がよく見られるのではないだろうか。先行研究から力を借りて日本語の曖昧さから見られるその曖昧語を生じる原因を明らかにしようと思う。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接