『窓際のトットちゃん』からみる教育方法研究毕业论文_日语毕业论文

『窓際のトットちゃん』からみる教育方法研究毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

黑柳徹子是日本著名的女作家、主持人,在作家这个角色中她扮演的淋漓尽致。《窗边的小豆豆》一书是以她个人的经历为原型创作出来的一本书。这本书,从1981年出版以来到2001年20年间就卖到了938万册,译成英文在日本也卖了70多万册。该书被翻译成35种文字在全世界贩卖,在中国卖出了大约640万部。《窗边的小豆豆》在1985年获得了波兰文学奖雅奴什-卡儿察克奖。

对于《窗边的小豆豆》一书的先行研究有不少,其中有以叙述作者黑柳徹子是如何来刻画每一个人物,从教育要从倾听开始为出发点来说明倾听对于一个教育者来说是必不可少的一个素质,从教育在窗外的论点论述不要一味地把孩子拘泥于课堂,而应该让他们更多地接触外面的世界等。

本论文以老师和家长之间的理解配合的重要性来解剖《窗边的小豆豆》一书,从老师和家长两个切入点来写这两方面对孩子教育来说缺一不可的重要性。

首先,介绍在学校老师是以什么样的教育方法来教育孩子们的,在一些事情在与普通学校有哪些方面的不一样。

其次,对于学校的选择和对老师做法的认可度上,家长表现出什么样的一个态度,和学校方面有一些什么样的互动和配合。

最后,陈述结论。在研究完这本书之后,感受作者黑柳徹子想通过《窗边的小豆豆》一书向我们传达些什么东西,对于学校的老师和家里的家长各会起到什么样的作用,在这两方面做一个推测,希望对教育工作有一定启发。

关键词:黑柳徹子 窗边的小豆豆 老师 家长 理解

要 旨

黒柳徹子は日本で有名な著者である。『窓ぎわのトットちゃん』という本は著者自身の成長経験に基づいて書いた作品だ。日本では1981年に出版されてから2011年にかけて累計938万冊を発行し、英語で70万冊を発行し、日本において「戦後最大のベストセラー」と称された。世界35ヶ国で翻訳され、中国で640万冊を発行した。『窓ぎわのトットちゃん』は1985年にポーランドの文学賞「ヤヌシュ・コルチャック賞」を受賞した。

『窓ぎわのトットちゃん』についての先行研究がいろいろある。人物を浮き彫ったり、耳を傾けるのことは教育の中心だったり、教育は教室にだけではなく、外も重要な場所だと強調されたりしている。

本論文は教育者と保護者両者の理解と協力は教育にとっても欠かすことができない要素という点から分析する。

まずはトモエ学園で先生がどんな方法を持って教育するのか、普通の学校先生のと違う点は何だか。

それから、保護者たちは学校の教育方法にどんな態度を持っているのか、賛成するのか反対するのか、そういう点を指摘する。

最後、論文で『窓ぎわのトットちゃん』を通じで現在の先生と保護者にどんな影響をもたらすのか、こういう点が分析する。この作品によって先生だけではなく保護者たちの教育方法も重要だとわかった。

キーワード:黒柳徹子  窓際のトットちゃん 先生 保護者  理解

目 次

はじめに 1

第一章 黒柳徹子について 2

第二章『窓際のトットちゃん』の時代背景とあらすじ 4

第一節 時代背景 4

第二節 あらすじ 4

第三章 校長先生とトットちゃんのお母さんの協力 6

第一節 校長先生の教育方法 6

第二節 トットちゃんのお母さんの協力 6

第四章「窓際のトットちゃん」の価値 9

第一節 学校の先生への価値 9

第二節 両親への価値 10

おわりに 11

参考文献 12

謝 辞 13

はじめに

 トットちゃんは小学生一年生で退学させられ、トモエ学園に入った。学校というのは人材を培養するところだが、以前の学校に退学させられた学生は何でトモエ学園で立派な学生になれたのか。トットちゃんの以前の学校は悪くなかったが、何でトットちゃんの居場所がない、何でトモエ学園がこの子の居場所があるのか。トモエ学園の先生の教育魅力は何だか、こういう点について研究を始める。

教育は先生のことだけではなく、保護者の協力も欠かすことない要素だ。この本ではトットちゃんのお母さんがどんな態度を持っているか、学校の教育に対して協力するのか反対するのか、保護者に関する研究も重要だ。

『窓ぎわのトットちゃん』を読んでみたら、教育が先生一人のことではなく、家族たちも重要な役割を演じることがわかった。本論は先行研究を踏まえながら教育者と保護者の協力を分析してみたい。それから子供の教育にとって両者はどんな関係を持てばよいのかも解読してみたい。

王維审の『教育は外にある』(2012)という文章において、教育は自然と緊密につながっていて、教室にいるだけではできないことだと述べた。孫傑の『カエルの鳴き声を聞く』(2013)という文章において、子供に耳を傾けることが重要だと主張している。

松本晴子の『教育者としての小林宗作の成長の過程』(2013)という論文で子どもを自然の中で自由に育てるという理想に燃え、音楽教育にとどまらず教育者として校長として子どもの教育に情熱を傾ける小林宗作の成長過程を紹介した。野村健二の『トモエ学園の仲間たち』(1985)という本では小林氏の教育方針とは、子どもを型にはめず一人の人間として取り扱うことだと述べている。

第一章 黒柳徹子について

黒柳徹子は1933年に日本の東京に生まれ、大田区北千束町で育った。幼少期、注意欠陥・多動性障害・学習障害と推測される問題児だったため、一年生の時に公立学校を退学させられ、トモエ学園に転校した。トモエ学園、香蘭女学校、東洋音楽学校(現東京音楽大学)声楽学を卒業した。慶應義塾大学文学部に聴解生として学ぶ。1953年にテレビ女優第一号の一人としてNHKに入局した。

1981年に黒柳徹子により、自伝的物語『窓ぎわのトットちゃん』が発行された。黒柳自身の小学時代の経験に基づいて、トモエ学園で受けた特別な教育方法を記録し、校長としての小林宗作なりの教育理念を描き、完全なノンフィクションだ。黒柳徹子は自分の経験に基づいてト自分の成長についての本をたくさん書いた。『窓ぎわのトットちゃん』は高く評価されている。2001にこの本の販売量は938万冊に達し、日本歴史上の販売量第一番の本になった。『窓ぎわのトットちゃん』のほか、『小さいときから考えたこと』や『トットの欠落帖』などたくさんの本を書いた。これらの本は日本の教育事業に役立っただけでなく、全世界の範囲でも影響を及ぼし、35種言語に翻訳された。日本では戦後最大のベストセラーと称された。また、黒柳徹子は同作で、第5回路傍の石文学賞やポーランドの文学賞ヤヌシュ・コルチャック賞などを受賞した。この本の印税により、「社会福祉法人トット基金」を設立し、耳不自由な子供を助けている。黒柳自身も手話を使うことができ、本人役で特別出演した映画『アイ・ラヴ・ユー』で手話を披露している。

『窓ぎわのトットちゃん』という本は日本だけでなく、全世界の範囲でも大きな影響がある。この本の著者黒柳徹子は国際連合の友好大使で、子供に対する認識と了解は十分ある。彼女の先生小林宗作も有名な教育家で、特別な教育方法を持っていた。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接