松浦弥太郎の『ベーシックノート』から見られる日本人の生活美学毕业论文_日语毕业论文

松浦弥太郎の『ベーシックノート』から見られる日本人の生活美学毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

当今,生活开始接近美学的角度。日本人也不例外,从自然的生命力领悟到了“生活美学”。2006年时任《生活手帖》总编的松浦弥太郎成为“生活美学”的倡导者,其著作《松浦弥太郎的人生信条》成为近年日本炙手可热的畅销书。 本论文在对《松浦弥太郎的人生信条》深刻解读基础之上,以日本人的“生活美学”为研究对象,探究了日本人的生活美学特点及其成因。作为结论,即美学影响着日本人的生活,日本人根据自己独特的生活美学观形成了日本式的生活方式。同时,也启发着我们对生活美学的思考。

关键词:松浦弥太郎 生活美学 衣食住行

要旨

 

現在、生活は美学的になってくる。日本人は例外でなく、自然の生命感から特別な生活美学を悟りかけることである。2006年『暮らしの手帖』の編集長をしている松浦弥太郎は生活美学の提唱者と認められた。そして、松浦によって書かれた『松浦弥太郎のベーシックノート』までも近年来ベストセラー担ってきた。そのため、本稿は『松浦弥太郎のベーシックノート』に対する深い解読に基づいて、日本人の「生活美学」を研究対象とし、日本人の「生活美学」の特徴及びその生じる原因を探してみた。結論としては、美学は日本人の生活に影響し、日本人が独特な生活美学観によって日本人なりの生活様式を形成したことである。同時に、わたしたちの「生活美学」に対する思考への啓示になってくる。

キーワード:松浦弥太郎 生活美学 衣食住 

目次

0.1問題の提起 1

0.2先行研究 1

0.3研究目的 2

0.4研究方法と手順 2

第一章『松浦弥太郎のベーシックノート』のあらまし 4

1.1松浦弥太郎と『松浦弥太郎のベーシックノート』について 4

1.1.1松浦弥太郎 4

1.1.2『松浦弥太郎のベーシックノート』 4

1.2「生活美学」について 5

第二章 日本人の「生活美学」の源泉 6

2.1繊細性と親植物性 6

2.2孤独 6

第三章 日本人の「生活美学」の生じる原因 8

3.1地形と気候 8

3.2禪宗文化 8

第四章 生活美学の日本人に対する影響 10

4.1日本人らしい存在感 10

4.2日本らしい美意識 10

おわりに 12

参考文献 13

謝  辞 14

はじめに

0.1問題の提起

当今はライフスタイル論はやっており、生活というものをもっと美学的な角度からアプローチしなくてはなれない。昔から今まで、日本は貧しくて物資的に恵まれなっかたゆえに、服、手と足の飾り、味、住まい方、店の面に日本人の特別な生活美学観を形成する。日本で「自然万物を生きとし生けるものと見なす」といういわざがある。日本人の生活美学観が自然の生命感と確実につながる。だから、自然の生命感を日本人の深い意識、高い境涯のこころで捉える必要があった。

日本人なりの生活美学観を代表できる人は松浦弥太郎と挙げられる。2006年、松浦は『暮しの手帖』[1]の編集長に就任し、日本で一番の生活がわかる男と呼ばれる。日々、仕事や暮らしをしている中で、はっとするような、ささやかな感動や発見、思いつきなどに基づいて『100の基本』[2]をはじめ、たくさんの自分の生活信条ものを書いた。2002年、自由をテーマにしたブックストアCOW BOOKSをオーブンした。スタッフ全員が『100の基本』を最低限に守り、それらを忘れずに心がける。2012年、『松浦弥太郎のベーシックノート』の出版は著しく注目をされている。

そのため、本稿は『松浦弥太郎のベーシックノート』に対する深い解読を踏まえ、日本人の特別な生活美学を研究対象とし、日本人の生活美学観を捉えてみよう。

0.2先行研究

秋湘(1993)による『生活美学入门」では、「生活美学」の定義を説明し、自然美、社会美、芸術美の三つの部分と分ける。「美」とは何だかという問題を分析し、同時に、美の規律を利用して世界を深く理解できるようになるだろうと思われる。また、日常生活に姿勢、動作、顔、声、表情、服飾、色などによって、どんな気持ち、態度と性格がわかり、特別な生活美学を探すできるとしている。

 生活美学研究会[3]による『テキスト生活美学」では、日本人の生活美学を討論したのである。現在、日本人は生活における美学を重視し、「生活美学」を強調しかけると述べ、イフスタイル論ががやっており、アメリカ流生活水準の高みから世界の生活を見下ろすという姿勢はこまると述べている。

多田道太郎[4]にしてみれば、日常の中にある比較的小さいもの、卑小なもの、卑しいもの、美の素材になるのは、そういうものが多い。また、元東大総長の吉川弘之[5]は、美的なものがなければ,一切の科学的根拠が失われるといったことを書いておられる。面白く思ったものが時代や産業を変え、やがて美しくなっていく、そのようなものを自分で発見する能力が要る。

0.3研究目的

本稿は、『松浦弥太郎のベーシックノート』に対する深い解読に基づいて、日本人の「生活美学」を研究対象とし、日本人の「生活美学」の特徴及びその生じる原因を探してみることを研究目的とする。また、松浦弥太郎の生活美学への理解と研究を通じて日本人自分の生活美学観による日本人なりの生活様式や美意識や自然に対する感謝などを理解し、把握できるに役に立つはずであろう。

0.4研究方法と手順

まず、先行研究を参考し、広い美学の定義をまとめ、自然美、社会美、芸術美の三つの部分から、ざっと日本人の生活美学を分析する。また、自分の関心がある方向を選択し、自分なりの考えを加え、より具体的に検討しようと思う。

 次に、『松浦弥太郎のべーシックノート」では、典型的な人生の信条を挙げて日本人の生活美学の表現を探求してみる。ただし、生活美学の範囲が広いので、全面的に分析すれば書けることが多すぎると思う。したがって、本稿では松浦や太郎の『100の基本』からただ日本人における簡浄の極致の美という視点にかぎり、手を付けるつもりである。

最後、本稿は生活美学研究会の「テキスト生活美学の理論」に基づいて、日本人への影響を研究してみる。そうすれば、日本人の生活美学の重要性をより深く理解できるのであろう。

第一章『松浦弥太郎のベーシックノート』のあらまし

1.1松浦弥太郎と『松浦弥太郎のベーシックノート』について 1.1.1松浦弥太郎

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接