中日の宮殿研究の対照研究毕业论文_日语毕业论文

中日の宮殿研究の対照研究毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

中国和日本两国,文化渊源深远,日本的宫殿建筑起源于中国,却又和中国的宫殿建筑有着很大的差异性。在发展的过程中,日本宫殿建筑的设计根据本国自然环境的不同,加入了日本特有的文化元素而形成了日本特色的宫殿建筑风格。进入21世纪之后,越来越多的人对中日的古建筑产生了兴趣。本文通过对中日古代宫殿建筑平面布局、屋顶形式、建筑色彩和材料,以及建筑装饰纹样等方面的比较分析,管窥中日宫殿建筑的差异性。并进一步提出形成这些差异的文化、环境和政治等因素。

关键词:中国 日本 古代宫殿 建筑风格 差异性

目次

はじめに…………………………………………………………………… 6

0.1問題提起………………………………………………………………… 6

0.2先行研究…………………………………………………………………… 6

0.3研究目的………………………………………………………………… 7

0.4研究方法と手順………………………………………………………… 7

第一章 中日の宮殿建築の風格の共通点……………………………………… 8

1.1 構造設計について………………………………………………………… 8

1.2 建築のインテリアデザイン………………………………………………… 9

1.3外観………………………………………………………………… 9

第二章 中日の古代の宮殿建築スタイルの主な違い………………………… 10

2.1 平面配置形式の違い………………………………………………………… 10

2.2 建物の屋根の造型について………………………………………………… 11

2.3 建築色彩と材料の違い…………………………………………………… 12

2.4 装飾文様の違い………………………………………………………………13

第三章 中日の宮殿建築の異なる風格を形成した要素…………………………13

3.1文化要素……………………………………………………………… 14

3.2環境要因……………………………………………………………… 14

3.3政治要素……………………………………………………………… 15

終わりに…………………………………………………………………… 15

参考文献…………………………………………………………………… 16

謝辞…………………………………………………………………………… 17

はじめに

0.1問題の提起

日本は中国の一衣帯水の隣国とし、2千年前から中国と付き合ってきた。唐に入って、中日両国の往来が頻繁になった。日本国から多くの学者、使者、僧侶を派遣され、中国へ来た。その時、中国の建築の風格が日本に伝わられた。しかし、中国の宮殿建築と大きな違いを持っている。日本は本国の自然環境によって、本国の文化元素を加えて少しずつ日本の特色を持つ建築の風格を形成した。本文は中日両国の宮殿建築のスタイルの類似点と相違点を探求し、更に、その違いの原因を探す。

そして、建物は人類の生活の舞台、すべての人の居所である。宮殿建築は人类の歴史の証人、文化のマークが付けられている。宮殿建築は祖先から殘された歴史的な宝物だけでなく、宮殿建物に対する考察と振り返ってみるのは現代的な建築に良い参考意義がある。この研究を通して、私達中国人が中日の宮殿建築文化をいっそう理解することができるだろうと思う。

0.2先行研究

1907年、日本建築学者関野貞氏が、「平城京や大内裹考」という文章で、中国隋唐の長安城と洛陽城と日本の平城京の間の建設問題を比較した。傅熹年氏の「福建的几座宋代建筑及其与日本镶仓时代大佛样建筑的关系」は日中の古代建築様式の形状や特徴を分析した。梁思成氏の「唐招提寺と中国建築史」は日本でも有名なへ唐建築—唐招提寺の建物の正体を重点的に検討してきた。残念なことは、私たちは日本古代建築の研究分野に深さや幅広さがまだ不足している。21世紀に入ってから、たくさんの人は中日の古建築に興味を持ち、例えば,叶姗虹書いた「論中日古代の宮殿建築スタイルの相違性」を通じて、中日の宮殿の建物の相違性を検討した。英国の有名な建築史学者のタンパベイ・レイズは「私たちは日本の建築を研究した時に、私は発見して、これはたくさんの建築芸術史実によると、日本の建築中国文化の影響を受けて大きい。」と話した。しかし否認できないのは、日本は外来の文化を受け入れると同時に、自国のいくつかの伝統の特徴を伝承するために、独自の民族的特色を形成した。

0.3研究目的

日本宮殿建築は中国から起源したが、中国の宮殿建築と大きな違いを持っている。本土化の過程で、日本宮殿建築のデザイナーは日本の歴史、文化、風俗習慣によって、本国の文化元素を加えて少しずつ日本の特色を持つ宮殿建築の風格を形成してきた。また、日本宮殿建築と中国宮殿建築と同じく、東方の木构システムに属している。本文では、中日の古代建物を平面的なレイアウト、屋根の形、建築の色や材料,建築装飾纹様相など四つの面から比較し、中日の宮殿の建物の相違を明らかにしたい。

本論文の主な内容は次のとおりである。本稿は主に4つの面から述べる。まず、中日の地理的な位置と歴史が中日宮殿建築との関係を述べる。第二に、故宮や京都市御所を例にして、宮殿建築の構造、材質、空間と外観などの角度から中日の相違点を分析する。第三に、自然の環境、気候風土と伝統的な美意識の角度から主な違いはどこにあるのを分析してみたい。第四に、文化、環境、政治などの方面からこれらの相違が形成された原因を探す。最後に、以上の四つの方面の分析をまとめて、今後の課題を提出する。

0.4研究方法と手順

まず、本論は資料分析の研究方法を採用する。今までの先行研究の諸成 果を踏まえ、対照する方法を用いて本研究を進めていく。中日宮殿建築を対象にして、中日両国の出版された著作や論文などを資料として分析し、結論を出す。

第二に、具体的な分析方法をとして、まず、例を挙げること、引用などの方法によって論証する。これらの方法を通して、両国宮殿建築の異同点を明らかにしたいと思う。

第三に、具体的に、平城京や长安城をめぐって、その差が形成された原因を分析する。

  1. 中日の宮殿建築のスタイルの共通点

1.1 構造設計について

宮殿建築は主に木製の構造を合理的に使用していた。木質構造は主に木材を利用して、荷重を耐えて、各種金属のコネクターとリベットを接続し、固定した。この構造体は自然な材料によって形成されるため材料の条件によって制限された。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接