明治维新和戊戌变法的比较 明治維新と戊戌変法の比較毕业论文_日语毕业论文

明治维新和戊戌变法的比较 明治維新と戊戌変法の比較毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

日本与中国是地域和文化相近的邻国。在两国的历史上曾各有过时间节点相近的改革:明治维新与戊戌变法。然而,两国之间还多不同之处,改革过程中也存在着许多差异,最终造成了改革结果的截然不同。本文通过研究史料,对两国的改革进行了比较,具体内容包括:

  1. 两国国情存在较大差异;
  2. 两国改革前的准备和改革策略的差异;
  3. 对比研究差异存在的原因;
  4. 进行适当总结和评述。

关键词:国情 差异 中日比较 原因

目 次

はじめに 1

第一章 明治維新と戊戌変法の改革前の比較 2

1.1 改革前の支度との違い 2

1.2 改革の国情との違い 2

第二章 明治維新と戊戌変法の改革中の比較 4

2.1 改革の指導者との違い 4

2.2 改革の戦略との違い 4

2.3 改革の計画との違い 5

2.4 改革の重点との違い 6

2.5 改革に対する国民の態度との違い 6

2.6 海外への態度との違い 7

第三章 明治維新と戊戌変法の影響との比較 9

3.1 改革の利益者との違い 9

3.2 改革の持続時間との違い 9

終わりに 11

謝辞 12

参考文献 13

はじめに

1868年における明治維新は封建的で時代に遅れ、かつ分裂していた日本を文明的、科学的に統一させた。これに対して、1898年における戊戌変法は、ますます悪くなった中国を有効的に変えるどころか,変革者自身の命までも失わせた。何ら成功した経験を持たない日本が、なぜ明治維新で成功したのか。逆に、日本の明治維新に成功体験を学びながら、なぜ中国の戊戌変法は失敗したのか。これまでは、わが歴史教科書に、「戊戌変法の失敗は主観的に言えば、中国ブルジョアジーがまだ若く、軟弱で妥協しやすい。客観的にいえば、中国の封建勢力の反動的な力が強すぎ、変革の大きな障害となった」と言われる。 しかし、ある専門家[1]は戊戌変法が失敗した主な原因が、改革が急進的であり、旧ソ連の急進的な改革のように、結局崩壊を引き起こしたという新たな考えを提出した。また、「明治維新は、西洋諸国からの支えが得られたが、戊戌変法のは西洋諸国からの反対に遭ったため失敗に終わった」ということも言われた。以上の考え方はイデオロギー、しかも、明治維新の真実についての十分な理解がないということによるのである。しかし、それらの考え方が不十分で、間違っていたと思われる。

第一章 明治維新と戊戌変法の改革前の比較

1.1 改革前の支度との違い

徳川幕府末期、下層の武士階層と地方諸侯を代表とする人々は、日本の天皇の実質的な統治権を回復するために、何十年間にわたる「尊皇攘夷」を行った。思想・軍事だけでなく、人材・経済の実力においても、明治維新のためにできる限り用意していた。

 しかしながら、戊戌変法は「公車上書」をきっかけに始まったといわれた。「公車上書」というのは、1895年4月に、日本に『下関条約』を強引に調印させた噂が北京に伝わったことで、康有為をはじめとする1300名以上の北京へ受験した挙人が、連名で光緒帝へ上書した文書である。それを契機として、戊戌変法の幕が開いた。1898年6月に、光緒帝が「明定国是」という詔を発したことを通じて、変法は始まったのである。およそ3年間しか経ていなかった。一地方の「強学会」とわずかな新聞によって、変法を宣伝したということを別にして、軍事・経済・思想・人材の準備がまったくなかった。特に変法を引き起こす中心メンバーとしての康有為は、十分な変法思想と能力を持っていなかった。ただ一時的に思いついたことで、衝動的な怒りにまかせて上書した過ぎない。いったいどのように変法するかはまったくちゃんと用意していなかったといえる。

 ようするに、改革は十分に準備されればされるほど、成功しやすい。必要な準備の足りない改革は失敗しがちである。

1.2 改革の国情との違い

 1185年から1868年までの明治維新前の徳川幕府時代、日本の実際的な統治権がそれぞれの征夷大将軍に持たれていた。日本の天皇はただ表面上の統治者に過ぎない。明治維新前、全日本の3000人ぐらいの諸侯の中で、最も強いのは、徳川幕府である。徳川幕府は、封じられた征夷大将軍を官吏として、天皇を通じてほかの諸侯に命令していた。したがって、明治維新の一番目の任務は、このような軍閥割拠を終わらせ、中央集権政府を建て直すということである[2]

 それに対して、中国においては、西暦紀元前22年に、始皇帝によって建てられた全国の統一的な中央集権統治は1898年の戊戌変法前の清まで、一時期の分裂期を除き、圧倒的に統一を保っていた。しかしながら、戊戌変法の一番目の任務は、中央集権の分裂から始まり、そもそも統一された国家統治集団を「後党」と「帝党」という二つの政治集団に分けて、最後に武装クーデターを通じて相手を倒すにまで至った。

 つまり、分裂から統一へということは正義に期待され、歴史の流れに従うことである。それにかかわらず、統一から分裂は必ず失敗する運命にあることである。

第二章 明治維新と戊戌変法の改革中の比較

2.1 改革の指導者との違い

 明治維新の指導者は、一人、二人だけではなく、何十年にわたった幕府末期の戦いのうちに成長したプロの革命家・各諸侯のプロの軍人と官僚・国際貿易に携わる商人という数多くの人々である。例えば、幕府を覆すために、たくさんの武士が殺戮され、何度も地方諸侯が鎮圧されたことは、武士出身の坂本龍馬が心で感じていた。坂本自身は、新選組に追われてついには暗殺されるが、盲目的な暗殺だけでは、幕府を覆すのが無理だということも理解していた。海上運輸について学び、それに、欧米諸国の政治・経済などにかかわる長い間の研究により、坂本は、だんだんプロの革命家になるようになった。国際貿易に携わる「海援会」が作られたことによって、幕府を覆すために、海軍人材を育成するのみならず、資金を積み立て、幕府と対等に振舞う諸侯が海外から秘密裡に夥しい先進的な武器を買うことを助けた。最も大切なのは、「海援会」に参加したことで、分裂していたおのおのの地方諸侯が一丸となって連合したことである。

 それとは反対に、戊戌変法の指導者はただ弱くて、才能に恵まれない皇帝や政治に携わった経験がない単なる正義感あふれるインテリであった。彼らは、十分な用意もないし、成功可能な改革計画もないし、基本的な国家管理に関する常識さえ持たない。

 言い換えれば、しっかりした指導者がないと、烏合の衆のようなものである。それでは、何億以上もの人口を有する大きな国の改革の成功はありえない。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接