中日暧昧表现的对照研究--以拒绝表现为中心(中日曖昧表現の対照研究—断り表現を中心に)毕业论文_日语毕业论文

中日暧昧表现的对照研究–以拒绝表现为中心(中日曖昧表現の対照研究—断り表現を中心に)毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

本论文研究的是中日拒绝表现的异同,根据中日双方的观点出发进行研究,旨在探讨日本人及中国人拒绝表现的特征及异同之处。

拒绝是一种违背对方意愿的行为,具有破坏人际关系的危险性。而在日常生活交际中,根据不同场合拒绝对方的请求是不可避免的。在交流中,根据怎样选择说话的方式及语言表现,给别人的印象是完全不一样的。根据场合,对方,拜托的内容等,拒绝也是多种多样的。如果使用了不合适的拒绝方法,会引起别人的不满等。所以人们在拒绝别人时,一定要慎重的选择合适的语言。

希望通过本论文,让中日两国不同文化的交流更加的顺利。要是能对学日语的中国人和学汉语的日本人做出一点贡献的话,这是本人最开心的!

关键词:拒绝表现 不快感 异文化交流

目次

要旨...........................................…...………………….Ⅲ

  1.  序論..............................................………………..1

1.1 研究の意義と目的.................................………………..1

1.2 先行研究と先行研究の問題点.......................………………..1

1.3 本稿の構成.......................................………………..2

1.4 本稿の研究方法と研究対象………………………………………2

第二章 本論..............................................………………..3

2.1 「断り」表現とは............................…………………….3

2.2 「断り」表現の類型および特徴...................………………….3

2.3 中日断り表現の比較.......................………………………4

2.3.1 家族に対する中日両国の断り表現.............………………..4

2.3.2 後輩に対する中日両国の断り表現.............………………..5

  2.3.3 上位者に対する中日両国の断り表現...........………………..6

  2.3.4 知らない人に対する中日両国の断り表現.....………………….6

2.4  中日断り表現についての異同の原因と影響..........………………..6

第三章 結論..............................................………………..8

参考文献..................................................………………..9

謝辞................................................…………………….10

第一章 序論

1.1 研究の意義と目的

人間は何かの目的を持ってコミュニケーションし、その目的を達するために、さまざまな手段、またはストラテジーをつかっている。社会文化規範や価値観の相違により、外国語で異文化コミュニケーションを行うとき,そのストラテジーも異なってくる。周知のように、日常生活におけるコミュニケーションを行うため、私たちはたくさんの言語行動(誘い、頼み、断り、嘘つきなど)を用い、コミュニケーションの目的が実現できるようにしているのである。中には、「断り」という言語行動は私たちの日常生活になかであり触れた存在で、直面しなければならないことである。しかし、自信を持って断り表現をうまく使いこなしている,人間関係をうまく処理しているといえる日本語学習者は少数であろう。文化的、社会的背景を異にする留学生が外国語である日本語を操作しつつ行う場合の困難は想像に難しくない。日本語教育においても言いさしなどを含む断り表現はもちろん、談話行動全体を視野に入れた指導が必要であろう。

 「断り」という行動は、相手の意向に添えないという気持ちをあいてに理解してもらう行動であり、その行動自体が相手の面子をつぶし、人間関係を損なう危険性をともなうものである。そこから、不適切な断り方をしたら、相手に不快感や誤解をもたらしやすいのである。そのため、本稿は中日断り表現について研究したことである。

1.2 先行研究と先行研究の問題点

 藤森(1994)は、中国人日本語学習者の断り行為を、日本語母語話者と来日間もない中国語母語話者のそれと比較した。談話完成テストの被験者の回答から意味公式を抽出し、意味公式の発言順序、発言頻度および発話連続数似ついて検討した。その結果、地位が上である相手に断り場面に日本語母語話者は「断り」先行型をとるのに対して、学習者は中国語母語話者と同じく「断り」を使用しない傾向がある。

 万欣(1998)は、「依頼に対する『断り』の言語行動についての考察」のなかで、依頼に対する断り言語行動について考察し、日本に住んでいる、生活の手段として、日本語を勉強する学習者と中国に住んでいる、外国語が科目としての日本語を勉強する学習者の言葉を語用的側面から分析した。そして、学習者の語用能力を上達させるには、日本語母語話者との接触に必要性があり、その接触が一時的なものではなく継続性があるという条件が必要であると指摘した。

 王麓娜(2002)の「申し出に対する『断り』の男女差について日中対照研究」は、申し出にた対する「断り」の男女差について中日対照をして、男性と女性が相手の申し出を断る際に使われる言葉、相手との親疎関係において、明らかな差が見られると述べた。

 断り表現についていろいろ研究がされてきた。しかし、いつか問題があると思われる。

①考察対象は中国人と日本人という二つのグループに分けて考察したものが多いのである。断り表現の使用現状を対照して考察したものは多いだろう。。

②中日両国が実際のコミュニケーションする時、断りの方略をするから、それによって、何らかの違いがある。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接