東野圭吾の小説における悪女像―『白夜行』と『幻夜』を中心に 东野圭吾的小说中的恶女形象——以《白夜行》与《幻夜》为中心毕业论文_日语毕业论文

東野圭吾の小説における悪女像―『白夜行』と『幻夜』を中心に 东野圭吾的小说中的恶女形象——以《白夜行》与《幻夜》为中心毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

日本作家东野圭吾是当前亚洲最炙手可热的推理小说家,他的作品中有很多女性人物,她们对于情节的发展非常关键。可以说,以女性作为主角的推理小说是东野圭吾推理作品的一大特色。东野圭吾颠覆过去传统的日本妇女的柔弱形象,创造了恶女形象。但是这些女性是真正为自己而活,为了一己之利可以不择手段,她们一般具有端正秀丽的外表,为周围的男人所爱慕,为了达成自己的目的,恶女们通常会利用这些男人的不良居心为己所用。虽然周围会有批评的声音和异样的眼光,但是恶女们根本就不会放在心上。

本文以《白夜行》中的主人公雪穗和《幻夜》中的美冬为中心,进行研究分析。一方面展示了当代日本女性的独立、自主、刚毅的新形象,另一方面使读者能够更加领略到东野圭吾作品的魅力,让读者探寻扭曲的人性、贪婪的欲望、沦落的道德毁灭爱情的真相。

关键词:東野圭吾;女性;恶女;人性

要旨

日本の作家の東野圭吾はアジアで最もホットな推理小説家とされている。彼の作品には女性のキャラクターがたくさんあり、特に女性の主役は多い。女性のキャラクターは、プロットの開発に非常に重要である。それは、女性を主役とするのは東野圭吾の推理小説の特徴と言える。東野圭吾は過去の伝統的な良妻賢母の弱いイメージを変え、「悪女」と呼ばれる女のイメージを作り出す。が、これらの女性は自分のために生きて、小さな利益のためには手段を選ばない。彼女ら端正秀麗な外見を持って、週りの男の不良動機を利用して、自分の目的を達成する。周りに批判した声と異様な視線がぜんぜん気にしない。

本論文は、東野圭吾の作品である『白夜行』と『幻夜』を中心として、その主人公の雪穂、美冬など悪女のイメージを分析してみたい。現代の日本の女性の独立、自主、剛毅の新しいイメージを展示し、読者にもっと東野圭吾作品の魅力を知ってもらうよう、小説から歪んだ人間性、貪欲、転落の道徳、愛情の破滅の真相を探る。

キーワード:東野圭吾;女性;恶女;人性

目次

はじめに 1

第一節 創作背景とあらすじ 3

第二節 「悪の花」唐沢雪穂 3

第二章 『幻夜』の創作背景と「究極魔性の女」新海美冬 4

第一節 創作背景とあらすじ 4

第二節 「究極魔性の女」新海美冬 5

第三章 東野流の悪女の特徴及びその女性像 5

第一節 東野流の悪女の特徴 6

第二節 東野圭吾の女性像 7

終わりに 8

参考文献 9

謝辞 10

はじめに

東野圭吾は写実派本格係ミステリー作家であり、推理の謎解きを手段として、自分の作品の中には、多くの人物からの視点や、伏線を用いて描いていく。主人公の心理描写をなるべく排し、独特の視点で日本の社会問題と人間の問題に注目し、ミステリの名作と考えられる。私のお気に入りの二つの作品は『白夜行』と『幻夜』である。小説は日本のバブル経済の時代を背景に、『幻夜』は『白夜行』の延長線にあると呼ばれている。東野圭吾の小説の中で、女性像はいろいろであり、深い印象を人に残した女性人物は数えきれない。本論文は東野圭吾の作品の「悪女」を主な対象として研究したいと思う。『白夜行』の唐泽雪穗と『幻夜』の新海美东を例にして、女性の言葉、行為、心理の細やかいところを通して、これらの女性の性格の特徴を分析する。それから、「悪女」という女性像からは作者の女性像が窺われる。本稿ではそれらの女性像を研究した上で東野圭吾の女性像を探求したいと思う。

本論文では『白夜行』、『幻夜』といった作品を主な対象として研究したいと思う。それらの女性像における外貌と身なり、性格、犯罪手段の共通点を分析した上で、それらの女性の特徴を解析し、さらに作者の女性像を探求したいと思う。東野氏が書いた女性は日本の伝統的な良妻賢母のイメージと違って、「悪女」と呼ばれる女が多く見られる。本稿では両小説における女性像の相違点を研究した上で東野圭吾の女性像を探求したいと思う。

東野圭吾の女性像についての研究は、数多くの作品に見られる。金涛は『東野圭吾の文学作品中の悪女像への考察』で、悪女は鮮明な時代の特徴があって、この男権社会に対する反動で、東野圭吾の女性像と社会観を表現する。李暁紅の『東野圭吾の作品の中の女性像に分析した』は東野圭吾の作品の女性を「聖女」、「悪女」に分ける。日本文学の中で伝統的な女性像と比べる。本論文は以上の先行研究を踏まえ、東野圭吾の女性像と社会観を分析する。悪女イメージが反映して東野の女性像を研究するだけでなく、さらに深刻さから悪女がもたらした社会的影響。更に重要なのは、究極の悪女まで発生の根源は社会から男女の不公平な扱いでは、やはり女性は一定の社会的地位を図るために自発自強する。

第一章 『白夜行』の創作背景と「悪の花」唐沢雪穂

第一節 創作背景とあらすじ

『白夜行』は日本のバブル経済の時代を背景に、小説がスタートする案发地は廃棄されたビルで、それを連想させるように当時の日本経済の衰退している。生き残るためには、お金を凌ぐ親心、友情、愛情など、人间が最も贵重感情の上に君臨する物、人间性はお金の多いなかを見失って、個人本位主義、社会的無罪感などが盛んだ。雪穂と亮司爱情の悲剧の源は家族の無関心が、社会の冷酷による人間歪み、雪穂と亮司幼時の不幸をさせて、「恨」の種子は心の中で成長し、結んで「悪」の花が蔓延してはいけない。

『白夜行』のタイムスパンは、1973年から1992年まで十九年ぶりのことである。物語は中年男性——質屋桐原洋介が殺された、ぼろぼろになる尾階から始まった。実際、犯人が杀された者の息子に生まれ、当時小学生だった。その少年、すなわち小説の主人公桐原亮司は、父の行為の驚きと憎しみ、女の子の西本雪穂の保護、はさみで自分の父を殺す。西本雪穂は母親の圧迫の下で桐原洋介娈キャディの対象となっている。西本雪穂を保護するためには、自分の母を言ってしまうことがあるので捕獲された桐原亮司のためにも、自分の苦しみから脱して、卑しいの運命を選択した母親と一緒に自殺したという。表面の上で、桐原亮司に被害者の息子で、西本雪穂となってきた加害者の娘。が、実际に、彼らも人殺しだ。西本雪穂はその後唐沢の養子を継ぎ、多才可愛らしかっの美人いになった。桐原亮司は堅気が有能で精力的それも、パソコンとして生まれ変わった。成长の过程の中で绝えず、彼らのそばにいた一連の殺人事件が起こっている。本体は、しばしば杀人事件をうけいれる悪女ではなく、施行することを明らかにした者は往々にしてはあの少年だった。これらの殺人事件はいずれも彼らの秘密を保護するために、唐沢雪穂の周りに不利な人だと発表した。小説の結末は、桐原亮司が死んだのは、唐沢雪穂の前で、雪穂は冷酷で踵に背を向けた。二つの「ねじれ太阳」相互依存の魂は失踪、おけら川筋「阳」の愛も终わりを告げる。

第二節 「悪の花」唐沢雪穂

子供の時から美貌を持っている唐沢雪穂はお父さんがなくて家が貧乏であるという家庭の背景で、安定な仕事がない母親と一緒に暮らしていた。母親がお金への欲張りで、当時十一歳の娘、つまり雪穂を売春させてしまった。その対象は自分のクラスメート男性の主人公桐原亮司の父親である。亮司は不意にこの過程を窺がい、最初の驚きから一瞬に抑えられない怒りになり、尖ったはさみを父親の心臓に刺し、死んでしまった。そのあと、質屋殺しの容疑者に母親がリストアップされた後、その母親を事故で亡くす。その後、雪穂は唐沢家の養女となり、学業や礼儀作法を身に着けてゆく。本質的に雪穂が求めているのは「風と共に去りぬ」の主人公のように、光を浴び颯爽と生きている人生である。しかし、雪穂は自分の過去に対して深刻なコンプレックスを持ち、コンプレックスがあるからこそ、非常に優秀で周囲から慕われる人間のふりをする。だから彼女は亮司と結託し、自分をいじめるクラスメートをライプさせ、この罪を雪穂と亮司の父親の写真を持つ菊池道広に押し付ける。自分が憧れる先輩と付き合っている親友を亮司にレイプされたかのような写真を撮る。雪穂は金銭と地位をとるために、地主の坊ちゃんとの結婚を踏み台にして高級ブティック「R&Y」の経営に成功する。そして、もはやあまり役に立たない夫を捨てて、大手製薬会社の次期社長夫人になる。雪穂の欲望が次第に膨らみ、ますます深く暗闇に堕落しながら罪を犯す。彼女は太陽の沈む事のない白夜で咲く「悪の花」、表面上は「美」という仮面を完璧に被い、実は嘘だらけの人生を生きている。

第二章 『幻夜』の創作背景と「究極魔性の女」新海美冬

第一節 創作背景とあらすじ

『幻夜』の背景にあるのはバブル経済の時の日本だった。バブル経済の崩壊、大勢の会社が倒産から、失業率が急に増え、社会学者の統計によると、この時期の日本の人口は約1 / 3に失業者が家庭を背負って、巨額の負債、経済の頂点から急速に落ち込んで、金遣いの荒い日本人からお金の重要性を認識し始めている。また、日本が相次いで起きた阪神大震災やサリンガス殺人など重大な自然災害と社会の事件だった。つまり『白夜行』発表後何年か書かれた『幻夜』だった。2004年に入選し第131回直木賞とみなされる長編ピーク著書『白夜行』の延長線にある。

『幻夜』のストーリは、一九九五年一月十七日の早朝、未曾有の大震災は阪神淡路地方を襲った。その混乱の中で叔父を手にかけた水原雅也は一人の女性―新海美冬と出会い、新海美冬の両親も、この震災で亡くなって、彼女は雅也の殺人の秘密を保持するために喜んで、二人は新しい生活を始めるために、運命に導かれるように東京へ向かうしかし前方に待っている雅也を迎えたのは、一つ一つ形幻影の夜。おそらく本性善良と良い願望の雅也はずっと美冬を愛して、最後の自殺まで行くと一緒に殺させすることを拒否することです場合でも、冬を通して深くノスタルジックな美しさですそれはすぐに美冬のキツネの尾探偵加藤をつかむだろう。

第二節 「究極魔性の女」新海美冬

美冬がビジネスで次々に成功をおさめる一方、美冬に魅入られた雅也は彼女の影として動く存在となる。本当の彼女を知っているのは自分だけだと信じていた雅也は気付く、いつかきっと来ると言われた二人の幸せは美冬の偽りの言葉だ。そして、新海美冬という存在でさえ偽りであること。阪神大震災の際、深海家の父と母と娘の美冬は家屋破壊の下敷きになり死んでいる。この「究極魔性の女」が、自分は美冬だと名乗り、保険金などを受け取り、戸籍ごとのっとります。そして、雅也を巧みに利用し、宝石店の主任をストーカーに仕立て上げたり、異臭騒ぎを起こしたり、カリスマ美容室店長を罠にかけ女性店員を拉致して悪戯したり、売春婦に化けて優秀職人の手を付随にする。宝石店社長の妻になり、美容会に進出し、自分のビジネスも成功する。最後には新海美冬の正体がバレルのを恐れ、雅也を騙し人間を1人バラバラにして殺す。だから、唐澤雪穂と比べれば、新海美冬は究極の悪女である。

第三章 東野流の悪女の特徴及びその女性像

第一節 東野流の悪女の特徴

東野圭吾の女性像は伝統的な女性像に大きな違いがあり、経済的で心理的で独立し、きっぱりした行動力を持つ。自分の目的を達成するために、ずっと頑張っている。彼女らは頭がよく、冷静で辛抱強く綿密な計画を設定する。そして我慢することと根性が非常に上手で、強い女である。悪女は東野圭吾の作品の大きな特徴です。彼女らは「愛」の心を持っていない、彼女らは上昇志向と物欲が強いし、自分だけを守る。リスクを排除するためには犯罪に手を染める事も厭わないし、美貌を利用して、周囲を翻弄し、人心掌握術に上手だ。本文では、悪女の特徴が以下の3点にまとめる。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接