日本人の色彩感覚と禁忌研究 日本人的色彩意识与禁忌研究毕业论文_日语毕业论文

日本人の色彩感覚と禁忌研究 日本人的色彩意识与禁忌研究毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

 日本人的色彩意识给日本文化贴上了特别标签,这一点可以从日本人日常生活的方方面面看得出。从古自今,日本色彩文化给日本的服饰、艺术、建筑、礼仪以及日本人的思想等方面有深远影响。根据日本的色彩意识,颜色的使用给日本贴上了独特的标签,日本的文化在视觉方面也变得突出。通过观察色彩是如何运用和如何混合的,我们可以清晰地把日本文化从东亚的中国和韩国文化区分开来。不仅如此,色彩意识还有指导社会平稳运行的能力,指导着在什么场合什么颜色可以使用,什么颜色不可以使用,什么阶级人可以使用,什么阶级人坚决禁止使用。色彩研究不仅反映了日本的文化,而且揭示了深层次的日本人的观念和社会关系等方面。此外在和日本人交流的时候,了解日本色彩意识及其禁忌也是能够有礼有节地进行中日国际交流的关键。

本篇论文根据文献研究,选取红、白、黑、这三个代表性的颜色进行论述,讨论这三种颜色在日常生活中的应用和使用禁忌,揭示日本人的色彩意识背后的信仰和性格,分析色彩意识的产生的地理和集体意识方面的因素和特征。从而更加能够从深层次了解日本这个国家的文化。

关键词:色彩意识 禁忌 诞生 性格 信仰

要旨

 色彩感覚は日本文化に特徴づけ、日本人の生活のうえで多くの面から見られる。古くから日本人の色彩文化が日本の服装、芸術、建築、礼儀および社会全員の思想に影響強いがある。日本人の色彩意識による色の使用は日本に独特な標識を貼っている。視覚の面から、日本文化のことが目立つようになれる。色彩がどうのように使用されるか、どのように混じるかを観察し、日本文化を明晰に中国文化と韓国文化から識別できる。それに色彩意識は社会の運行を指導している能力もある。どのような場合にどの色彩が許されるか、どの階級の人がどの色の使用が許されるか、どの階級の人が禁止されるかを規定する。それゆえに、色彩の研究は日本文化を反映するばかりでなく、その奥の文化と日本人の観念と社会関係などといった面を掲げる。日本人と付き合う時に、日本人の色彩意識と禁忌を知ることも中日国際交流の時に礼儀正しくする手掛かりのひとつである。

 本論文は先行研究を踏まえ、三つの代表的な色を選び、日常生活の時日本人の色の使いと色彩の禁忌をのべ、色彩感覚に隠れる信仰と性格を掲げ、地理と集団意識の方面からその感覚の誕生した原因を分析する。そうして日本という国の文化を更に深く了解できるのが本論文の目的と言える。

キーワード:色彩感覚  禁忌  誕生  性格  信仰  原因  

目次

はじめに 6

第一章 日本人の色彩文化 7

第一節 純潔さと信仰を代表する白色 7

第二節 威厳と毅然を意味する黒色 9

第三節 希望を代表する赤色 10

第二章 日本の色彩感覚における禁忌 11

第三章 日本人の色彩感覚の特徴分析 13

第一節 素朴な色彩感覚 13

第二節 集団意識の影響 13

第三節 生死観にかかわる色彩感覚 14

終わりに 16

参考文献 17

謝辞 18

はじめに

宇宙が存在した同時に、色彩も出現することになった。目が感覚器官のひとつとして、色彩の信号を受け取って処理する能力を持っている。大自然では、動物にも、植物にも、山にも、空にも、海にも色が全部目で見えると言える。人類が誕生してから、色彩は簡単な色ではなく、更に多く意味を持っていて、人間との関係ももっと密接になると思う。色彩意識は、一定の文化のしたで、色彩に関する使用と観点と言われる。常に、色彩意識は人間社会のところどころに影響を与える。特に、人間の服装、建築及び見えない言葉といった三つのところで、色彩意識がよく見えると思う。

日本人の服装から見れば、これは日本人の色彩感覚を展示する最高な形式である。服装は色彩の運用を中心にして直接的で人々には重い印象を与えることができる。古くから、服装の色彩の選びには十分に注意すべくことである。違う色には全然違う意味を持つにちがいない。しかし、同じ色彩でも、違う場所には違う意味を持つ可能性もある。言葉の上で、日本人の色彩に関する観点は俳句や詩や小説などのところから見える。ある程度に、口で色彩の一部を話すことは服装の形式よりもっと直後的である。建築も日本人の色彩感覚を反映する役割を持っている。本論はおもに日本人の服装と建築を中心に検討すると思う。

日本人の色彩感覚についって研究することにするのはふと思いついったことではない。私は従来色彩に敏感で、日本ならだけの美学に興味があるので、その色彩感覚をより深く了解したく、それに日本人の色彩感覚がどう誕生するかを把握したく、その裏側の性格と信仰を検討してみたい。本論は先行研究をふまえ、比較したり、例を挙げたりして日本人の色彩感覚が形成する原因を探求する。

  1. 日本人の色彩文化

日本人の色彩感覚というと、素朴さと聖潔さなどという言葉が出てくる。聖潔という言葉が少々言い過ぎるが、純潔さと清潔さがより正確だと思う。しかし、純潔さは絶対の白色だけをさすわけではない。純潔さは他のものに汚されない単純な色彩だと思う。日本と中国はアジアの国家の二つであるが、中国は金色と赤色のような派手で目をつかむ鮮やかな色が好きである。日本は中国に反し、素朴で落ちづく色彩が多く使われる。でも、中国人と同じ、日本人も赤色を好む。日本の国旗は最高な証拠である。日本人の色彩感覚はさておき、日本と言えば、白い着物をきる女性が和式の茶室の中で跪いて黒い茶碗を両手でもっていて抹茶を飲んでいるイメージがよく出てくる。こういう心を揺らす美しい画面で、私は黒色、白色と赤色といった三つの色を選んで日本人の色彩感覚を検討したい。 

第一節 純潔さと信仰を代表する白色

日本人にとって白色は神聖と純潔のシンボルであり、豊かな意味をこめる。日常生活で白色と黒色はいつもコントラストの組み合わせとおもわれ、白色あるいは黒色が現れたらそれに配合する色も提出される。白色と黒色は二つの極端な色と言われる。白色は一番純潔なものが、白色に反して、黒色はその他の極端に至る。いかに黒色は極端であるとはいえ、絶対に黒色は悪いものであるといえない。

 白色は昔の日本で一番高貴な色であり、ふつう皇室と宗教に関する人でなければ、白色を使う可能性もない、白色は天賦の優れた才能と超能力をもっている。昔の庶民が結婚式や葬式などの人生に重要な意味がある場合をのぞいって白色を着るわけがない。昔の日本の庶民たちは普通白色の服装を着ることがあまりないにもかかわらず、非常に重要な場合があれば、白色な晴れ着を持ち出すのもよく見える。最高なれは結婚式である。若者のお花嫁は白無垢という白い和服をきって神社で新しい人生が開始する。なぜ白色を着るのかというと、花嫁に白無垢を着せるのは出戻ることのないようにとの愿いも込められているからであると言わられる。日本人の心から、単純で純潔な人になることが最後な理想である。神道教は日本ならではの宗教であり、大自然を尊ぶ。神道教の観点では、白色は自然のいろであり、すこしでも色づくものが全部汚いものであり、白色しか最高で純潔なものではない。おまけに、白色は神様と人間を繋げる紐である。白色の服装を避けるのは神道教の教徒たちの心から白色に尊敬の意を持っているからである。この聖潔さを汚さないために日常生活中ほかの色づく服をきる。昔でなく今のところにも白色がその影響をすえながく発揮する。

 現在の社会生活で白色はあいかわらず純潔さ純粋さを代表する。現代の交通手段が古くより大幅に進歩して外国の違う文化とのコミュニケーションが頻繁に行うことになる。でも白色を尊びあがめる色彩意識がかわらない、結婚式のとき、花嫁さんは白色をこのみきものあるいは洋式のウエディングドレスを着るのが現代の日本社会で流行っている。ただし、伝統的な重要な場合は当たり前であり、日常生活の中で白色を使う頻度も端然に向上する。若者の女の子は白色を愛用して自分の純潔さと可愛さをしめす。そのうえに、雪をあざむく白い肌を追求するおんなのこの美意識が東北アジアで流行する。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接