日本の平安時代における女流文学についての考察―中国の唐朝の女性文学と比較して 日本平安时代女流文学的研究——与中国唐代的女性文学相比较毕业论文_日语毕业论文

日本の平安時代における女流文学についての考察―中国の唐朝の女性文学と比較して 日本平安时代女流文学的研究——与中国唐代的女性文学相比较毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

无论中日,在其各自的文学史上,女性文学都是不可忽视的重要组成部分,如果说日本平安时期文学的主要作品是指物语、日记、和歌等,即所谓“国风文学”的话,那么铸就其巅峰的就是其女性文学。在古代的中国,女性文学更是有着悠久且辉煌的创作历史。在唐朝,伟大的女性作家更是层出不穷。本论文通过与唐朝女性文学的比较来进一步研究日本平安时代的女性文学。

与“宫廷文学”和“歌姬文学”多种形态并存的唐朝女性文学不同,平安时代的女性文学是单一的宫廷文学,并且以其独特的视角和纤细的情感而著称。中日两国的女性文学都受到了男性文人意识的影响,然而中日两国女性作家的发展境遇是完全不一样的。唐朝的女性作家渐渐失去了自己女性文学的主导权,融入中国男性主流文学。而日本的女性作家,开辟了日本文学的源流,创造了女性发起的日本主流文学,赢得了自己的声音。

本文通过对比研究发现,中国唐朝的女性作家与男性作家相比并不愚昧,但是由于封建礼仪和道德的束缚,使她们的才华被淹没不被世人所知。“男尊女卑”的思想对女性的精神造成了极大的创伤。历史上这种才华被历史所淹没的女性很多。而日本虽然也有经历封建社会,但由于日本本身的传统与风俗,特殊的政治制度的原因,使得日本的女性文学呈现出世所罕见的繁荣景象。

关键词:女性文学 比较文学 平安时代 唐朝

目次

はじめに 1

第一章 日本の平安時代における女流文学の形成背景およびその代表作 2

  第一節 女流文学の形成背景 2

  第二節 女流文学の開花 3

第二章 中国の唐における女流文学の形成背景およびその代表作 4

  第一節 女流文学の形成背景 4

  第二節 女流文学の開花 5

第三章 比較の視点から見た日本の女流文学 7

  第一節 単一な宮廷文学である女流文学 7

  第二節 独特な視角と繊細な情感によって名高い 7

  第三節 男性の文人意識の影響 9

おわりに 10

謝辞 11

参考文献 12

はじめに

中日の文学史において、女性の文学は無視できない重要な構成部分である。日本平安時代の文学の主な作品は物の語、日記、俳諧などを指し、「風文学」と言われている。それのピークのものを築くことは女性文学である。その芸術の成就は高くて、作品数量のものは多いことは歴代学者にはじめに公認された。 その上、あの時代にまだ中下の階の貴族女子の作者群を主とすることがある。 日本学者に基づいて考証されて、史料記載した平安時代の女性作家は66人に到達するそうだ。古代の中国で、女性文学は悠久の歴史がある。中国の唐時代において、偉大な女性作家は次々と現れる。 例えば『全唐詩』の中で記載する女性の作者は一百九十多人に達するそうだ。

その結果として、中日両国は一部分の女性作家の作品および彼女らの一生に関連する史料は幸運に残し、文学史上の重要な部分になった。彼女らの作品の内容の豊かさ、主題の深さ、成就した高さを味わわせると同時に、中日クラシック女性文学の比較研究のために最高のテキスト資料を提供したことになる。多分中日の同じ時代に女性文学の表現は異同がある。創作の主体は両国も宮廷の女子がある。しかし、唐の女性作家はだんだん自分女性の文学の主導権を失って、男性主流文学に溶け込みますが、日本の女性作家のほうは日本文学の源流を開拓して、女性の発起した日本主流文学を創造して、自分の声音を得た。それにより、小論は主に中国の唐の女性文学の比較を中心として、日本の平安時代の女性文学を検討してみる。

女性文学についての研究は、数多くの作品に見られる。李莹の『日本女性文学の優秀な代表』は『源氏物語』を分析し、女性文学の角から平安時代女性文学を繁栄した原因を研究し、女性作家として紫式部の審美風格および日本文学にもたらした影響を分析した。黄芸珠の『唐代の女性と文学の纏まりにかわって研究』では、マクロから唐代女性と文学の互いの影響した関係を把握した。小論は主に平安時代の女性文学と唐の女性文学の異同およびその原因の検討を目的として作成された。さらに、中日の現代の女性文学の異同および原因を検討してみたい。先ず平安時代と唐代の女性文学の比較について話すことにした。

第一章 日本の平安時代における女流文学の形成背景およびその代表作

第一節 女流文学の形成背景

一、「かな文字」の創造と発展

平安時代の前期、漢文学は相変わらず盛んに行われたので、日本文学歴史で「国風暗黒的な時代」と呼ばれた。平安時代の半ばになると、それまで中国の文化を取り入れることに夢中であった日本にも、独自の文化がうまれるようになった。しかし、男性貴族が政治で使う文字は漢字であり、文章は漢文であり続けた。その中で、漢字に代わる、かな文字が発達しました。「かな文字」と呼ばれましたが、難しい漢字よりも易しく、簡単に使えるので、女の人達に喜ばれ、たくさんの日記や物語が書かれました。物語りが日記で仮名に書き表されるようになったので、「かな文字」は平安時期の女性文学の発生、発達を促した。言い換えると、「かな文字」の創造と発展のおかげで、女性の文学作品が生じることのために必要な基礎を定めた。 

二、宮廷文化からの影響

摂関家だけ政治大権を掌握した時代で、中、下級貴族の男性は限りがある範囲で昇進の機会がある。が、女性は女官を担当して宮廷に入り、博学多才であるにもかかわらず、政治に参加する機会がなくて、外の世界と危うく隔絶された。観察眼が鋭い清少納言が宮廷の中の男女の差別に感慨満ち溢れる。小説を書いて、詩を詠んで、平安時代の文学の主力を担当した知識女性は、男性と同じ未来を創造することができないと思って彼女ら自分の感情を文字に託して、文字を通じて内心の感情を述べる。

宮廷が女性の権力闘争に参与した空間を完全に閉鎖したので、彼女らは宮廷生活を観察しに行くことを得てた。男性の官僚社会に進入ができなかったから、彼女らの視線は自分の私有空間に集まって、生き生きした宮廷生活を描写して、きれいな宮廷文化を創造した。

女官の才気と宮廷生活を体験した経歴は文学を創作することに素材、条件や可能性を提供して、彼女らの持っている文学才能を釈放した空間を得た。宮廷生活も宮中の女官たちに才気を現す舞台を提供した。

三、浄土思想・末法思想の流行 

 平安時代の貴族層が仏教を深く信仰し、仏教の教えで永遠の繁栄と来世の極楽を託したのであった。貴族層の女性が小さい頃から仏教古典を読み、仏学を研鑽したことがあり、仏教の教えと経典に親しんだ。当時の社会では、仏教信仰がはやっており、この世の苦から脱出し、来世の極楽を迎えようという浄土教の教えが主流であった、不幸な経験でいっぱい苦労をした女性も自然に仏教信仰の道を歩みだした。「苦しみ・無なしさ」が仏教思想の主な内容である。仏教の教えでは、この世は苦しみだらけの世であり、人間は苦を経験するために生まれ、そして苦しみの経験は一生逃げられなくわれわれを追い込んでいる。世間の苦も楽も哀も結局空しくて虚無的なものに過ぎない、これが所謂「空しさ」である。末法思想のはやっている時代に生きている女性は世の苦しみと空しさをしみじみ感概しながら、その仏教信仰とそれによる発した世間に対する観察を文学作品に表現した。それがつまり古代文学の頂点を代表できる『源氏物語』である。

第二節 女流文学の開花

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接