明治維新と戊戌変法との比較研究 明治维新与戊戌变法的比较研究毕业论文_日语毕业论文

明治維新と戊戌変法との比較研究 明治维新与戊戌变法的比较研究毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

  中国与日本是一衣带水的邻邦,大致在同一时期,中国经历了洋务运动、戊戌变法等一系列社会变革。日本也通过明治维新走上了具有划时代意义的近代化道路。然而,看似相同的社会变革却给两国带来了迥异的结果。近代以来,中国同日本都经历了由封建社会向近代社会的转变。明治维新给日本社会带来了巨大的影响,使其通过改革步入了先进国家的行列。与之相对的是,中国的改革失败了,沦为了日本等列强的半殖民地。日本和中国的改良运动一成一败,绝不是偶然的现象,而是两国社会发展的必然结果,有着历史发展的必然性。我们从中不能不思考与研究中国与日本的成败得失,吸取其经验教训。通过对中日两国改革差异的分析,为现今中国社会建设寻求宝贵的经验。 

  本论文首先从明治维新和戊戌变法的改革背景、内容、影响等方面着手,比较二者改革的异同,其次分析二者成败的原因,最后从二者的成败尝试探索出适用于中国的改革方法。 

关键词:戊戌变法;明治维新;异同;成败原因;启发

要 旨

 中国と日本は一衣帯水の隣国であるが、歴史上両国間における交流が一度も中断されたことがない。近代以来、中国も日本も封建社会から近代社会に移り変わった。ほぼ同時期に、中国は洋務運動、戊戌変法など一連の社会改革を行った。日本は明治維新という画期的な近代化への道を歩んだ。が、同じに見えた変革は両国で結果はまったく異なった。明治維新が日本社会に大きな影響を与え、その改革を経て先進国の一員になった。それに対して、中国は改革に失敗し、日本など列強の半植民地になった。日本と中国との改良運動の成敗は絶対偶然的な現象ではないが、両国の社会発展の必然な結果であり、歴史発展の必然性とも言える。中国の失敗の教訓と日本の成功の経験を勉強する必要があると思い、本論文の研究をしてみた。中日両国の改革の差異を分析し、中国の社会建設に役立てる経験を見つけた。

 本論文は、まず明治維新と戊戌変法の改革の背景、内容、影響などから、両者の異同を比較する。それから、両者の成敗原因を分析する。最後、両者の成功と失敗の比較を試み、中国に応用できる改革方法を模索た。 

キーワード: 戊戌変法 明治維新 異同 成敗原因 啓発

目 次

はじめに 1

第一章 明治維新 2

第一節 背景 2

第二節 内容 2

第三節 影響 3

第二章 戊戌変法 4

第一節 背景 4

第二節 内容 4

第三節 影響 5

第三章 明治維新と戊戌変法の比較分析とその示唆 6

第一節 中日両国の変法の比較分析 6

第二節 中日両国の変法成敗に対する原因分析 7

第三節 中国の発展への示唆 9

おわりに 11

参考文献 12

謝 辞 13

はじめに

 高校時代から歴史に興味を持っている私は日本語を勉強しているうちに、中日両国の近代歴史への理解を深めたい。近代以来、中国も日本も封建社会から近代社会に移り変わった。ほぼ同時期に、中国は洋務運動、戊戌変法など一連の社会改革を行った。日本は明治維新という画期的な近代化への道を歩んだ。が、同じに見えた変革は両国でまったく異なった結果になった。明治維新が日本社会に大きな影響を与え、その改革を経て先進国の一員になった。それに対して、中国は改革に失敗し、日本など列強の半植民地になった。中国の失敗の教訓と日本の成功の経験を勉強する必要があると思い、本論文の研究をしようと思った。

 明治維新を行うのはは江戸幕府が崩壊して、天皇を中心とする新政府が成立した頃であった。つまり、日本に近代国家を創出したために、行政制度のみならず教育、産業、金融などを含めた総合的な改革が行われた。その一方、戊戌変法は光緒帝の全面的な支持の下、若い士大夫層である康有為・梁啓超・譚嗣同らの変法派によって、近代化を目指して行われた政治改革運動とされている。改革の日数があまりに短いので、「百日維新」と呼ばれることもある。

 1979年に「改革・開放」政策を実施してから、中国社会は深刻な社会変革を経験してきただけでなく、現在も進行形で変わっている最中である。中国の改革はこれまで、様々な問題にぶつかり、様々な対策で対応し、成功を収めてきたと言えなくはないが、難問山積という現状であることも誰しも否定できない。問題を解決するためには、鏡としての歴史に知恵を捜さなければならない。戊戌変法と明治維新を比較、検証、研究し、何か役に立てる啓発が出て来るのではないか。これからの中国の社会建設に役立つ経験或いは教訓も出て来るであろう。 

第一章 明治維新

第一節 背景

 明治維新は、黒船来航に象徴される欧米列強の経済的、軍事的進出に対する抵抗運動に起源を持つ。鴉片戦争以後、東アジアで欧米による帝国主義の波が強まる中で、長い時期の国是であった鎖国政体を極力維持し、旧来の体制を維持しようとする思想が現れた。しかし江戸幕府は、朝廷の旨意に反する形で開国、通商路線を選ったため、攘夷運動は尊王論と結び付き、尊王攘夷運動として広く展開されることとなった。一方、開国、通商路線を是認する諸藩の中にも、いわゆる雄藩を中心に、欧米列強に対抗すべく旧来の幕藩体制の変革を訴える勢力が現れた。これらの勢力もまた朝廷を奉じてその要求を実現させようとしたため、幕末は京都を舞台に朝廷を巡る複雑な政争が展開されることとなった。

第二節 内容

一、明治維新の最高の目的である「富国強兵」

 「富国」とは資本主義経済を発展させ、国の財政を豊かにすること、「強兵」とは軍備を充実させ、欧米列強に負けない武力をもつことである。富国強兵を実現するため、地租改正によって財政収入の基礎を確立し、徴兵令によって近代的な軍隊が作られた。 

 日本は欧米を模倣し、徴兵制を実行した。[1]明治政府は1873年徴兵令を出し、国民に兵役義務を課し、強制的に軍隊に編入した。最初は種々の免役規定を設けた。例えば、官吏と専門学校の学生たちは免役した。大金持ちは270円の代役費を納め、一年の兵役を免れることができる。その後、しばしば改正されて、89年国民皆兵による天皇制軍隊を確立した。その政策が第二次世界大戦後に廃止された。 

 新しい軍隊を設置したと同時に、武士を主体とした伝統的な軍隊が解散された。軍制改革の提唱者山県有朋[2]は「軍制改革の主要的な目的は内には国民の反抗を鎮圧し、外には外国からの侵略に抵抗する」と言う。1878年「軍人訓戒」を公布し、軍人たちに天皇を神様と見し、崇拝することを要求した。武士道精神は軍人の行為準則になった。この封建性の準則の下の「皇軍」は強い侵略性を持つ乱暴な軍隊になった。

二、近代工業を発展させた「殖産興業」[3] 

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接