日本の企業文化における集団意識|日本企业文化中的集团意识毕业论文_日语毕业论文

日本の企業文化における集団意識|日本企业文化中的集团意识毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

日本人把自己看成是属于某个集团的意识,即“集团志向”。集团意识可以说是日本人最具特点的国民性。在日本人的集团意识中,内外有别又是重要的心理特征,体现出日本人强烈的依赖心理。日本人聚在一起共事,重视在集团中地位的上下级关系,很多事都要按照上下级关系行事。

第二次世界大战后日本经济得到了飞快的发展,如此的发展和日本人的这种集团意识有很大的关系。我们中国人应该借鉴这种精神,在祖国的现代化建设事业中,要有国家意识、大局意识、团结的心和努力奋斗的精神,在国家和民族的发展进步中实现个人的价值。

关键词:日本 集团意识 企业文化

目 次

はじめに…………………………………………………………………6

1.1背景説明……………………………………………………………6

1.2研究目的と意義……………………………………………………6

1.3先行研究……………………………………………………………6

1.4研究方法……………………………………………………………7

2.「集団意識」が形成される原因……………………………………8

2.1稲作文化……………………………………………………………8

2.2危機意識……………………………………………………………8

2.3儒教思想……………………………………………………………9

3.企業文化における「集団意識」の表現……………………………9

3.1長期雇用制…………………………………………………………9

3.2「能力主義」……………………………………………………10

3.3「終身雇用制」と「年功序列制」…………………………………11

3.4長期雇用システムの役割…………………………………12

4.「集団意識」の企業文化に対する影響…………………………13

おわりに…………………………………………………………………14

参考文献………………………………………………………………15

謝辞……………………………………………………………………16

はじめに

1.1背景説明

周知のように、日本文化の最大の特色は集団の力を強調するものである。「集団意識」は、日本人の思想意識の中で根強く育っているのである。日本人は集団の利益を尊重し、自覚を持って集団の調和を守ろうとする意識を備えている。それは、日本の企業が発展する中で重要な作用を発揮する。

しかし、この意識が形成され、発展していく中で、現われたのは積極的な方面だけでなく、消極的な方面も存在している。そのため、日本人の「集団意識」を研究し、それが日本企業文化と日本社会各方面に影響する点から分析し、「集団意識」の利害から啓発と参考を得る。

1.2研究目的と意義

日本人が団結な心を持っていることである。即ち、日本人の「集団主義」といえるであろう。日本人は自分がある集団に属しているという意識、つまり「集団志向」が強いように認められる。周知のように「集団意識」が日本人のもっとも独特な国民性[1]といえ、このような「集団意識」の源は稲作文化[2]の影響にあるはずであろう。また、日本人の強い依頼心理も表れている。いずれにしても、日本の「集団意識」が一種の思想理念に属し、集団行為と結びついて、強い力を生み出す。積極的な進歩行為であろうと、消極的反動的行為であろうと、この「集団意識」は参考になる値打ちがある。日本の企業にどのような影響を与えたのか、この意識について何を習うべきのか、といった問題を本稿で検討してみよう。

1.3先行研究

「集団意識」と企業文化の意味については、以下のように調べてきた。

程丽华(2000)は、「集団意識」というのは、西洋文化の个人主義と違い、強い帰属感を基礎にして、個人は所属している集団に忠誠を尽くし、無私的に奉献する精神を持っていることであるとし、ある集団に属しているメンバーとしては 、個人は何時までも集団に忠誠を尽くし続けて、集団の栄辱を共识にすべきであるとしている。

埃得温.奥.赖肖尔(1992)は、日本人が何人か集まると、例えば、年齢や社会的地位など何らかの基準によりお互いにの序列が意識され、それにより行動様式も影響を受けるとしている。また、日本語は敬語が非常に発達し、日本人が上下関係を重視するわけである一方、欧米人は自分の意思や意見を直接相手にふつけて強く自己主張すると指摘している。また、もっとも重要なのは、日本人が団結な心を持っていることであるとされ、日本人は自分がある集団に属しているという意識、つまり集団志向が強く、日本人が集まると、その集団の中での序列が重要な意味を持っているとされている。

中根千枝[3](1982)は、「企業文化」とは、経営学用語の一つであり、ある企業が有している独特の価値体系や行動規範のことを指している。「企業文化」の現われとなっているものには、その企業の長年の伝統のほかに、現時点での経営陣の経営方針などが存在する。また、企業文化というのは外部からその企業を見た場合のイメージに結びつく事柄であるため、社員はそうでない人間が自社を見たならばどのような印象を持つかと言うことも考えておくべき事柄である。とされている。

1.4研究方法

本稿は先行研究を参考して、「集団意識」の形成する原因をまとめ、日本の「企業文化」における「集団意識」の表現を分析する。そして、日本の「集団意識」が「企業文化」にどのような影響をもたらすのか、検討してみる。最後、日本の「企業文化」における「集団意識」に基づいて日本の企業の特色を了解する同時、どのように日本の企業に就職するのか、という問題を明らかにしようと思う。

2.「集団意識」の形成する原因

2.1稲作文化

「稲作文化」は、日本人の「集団主義」の形成に大きな影響を与えた。弥生時代[4]には、生産性が低く、稲刈り期が短いので、合作しなければ、稲刈り期に終わらなかったが、稲刈り期には近隣どうしが助け合い、共同作業を行う習慣がある。これは、最初の「集団意識」であった。農村にはいまさら田植えや稲刈り期にはそのような共同作業も残っている。稲の耕作には、それに必要な潅漑設備から苗代、田植え、収穀、脱穀などにいたる共同その作業が必要であり、そのため、家族を単位として横に結合する村落共同生活が営まれ、人々の協力、団結や調和の精神が尊重される。こうして家と家との喚起がフックとなり、強固な地域社会が形成されていった。共同管理の施設や共同作業の多い地域社会では、自己中心的な活動をすれば、全体に迷惑が及ぶことになる。個人よりも集団の利益を常に優先させる「仲間意識」、つまり、今日の「集団主義」が形成されるようになった。今日でもこうした集団行動様式は企業や団体などに受け继がれ、他人との調和を重んじることが日本特有の集団として見なされている。

2.2危機意識

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接