从饮食文化看中日营养学|飲食文化から見た中日の栄養学毕业论文_日语毕业论文

从饮食文化看中日营养学|飲食文化から見た中日の栄養学毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

中国地大物博,每个地方的饮食习惯也有差别。日本国土虽然狭小但其饮食习惯也存在差异。唐朝时,中日的文化交流就已开始,中国的饮食文化也随之被传播到日本,对日本本土的饮食产生了一定的影响。随着时代的发展,食物种类的丰富,生活水平的提高,人们不再只关注吃饱,更关注如何吃才能保持健康。因此,营养学成为了人们关注的对象,越来越多的人开始从事营养的工作,尤其在近些年营养学得到了较大的发展。为了更加健康的生活,人们从日常生活的吃开始注重均衡的营养摄入,以及如何更好地摄取营养。

本文以营养学的重要性为中心,对饮食如何体现营养价值进行研究。

首先,分析中日两国的饮食文化的差异。分别从烹饪方法和饮食习惯两个方面来分析。

其次,对饮食中体现营养学的原理进行说明,探究营养学与饮食的内在关系。

最后,阐述营养学的发展,通过具体例子阐明营养学的重要性,分析现代营养学存在的不健全,即在普通民众中营养意识还是很薄弱,营养教育没有从根本抓起,一般的饮食中大多是习惯的问题,要实现全民注重营养还需时间。

关键词:饮食文化 营养素 发展 营养学

要 旨

中国は広い国であり、地域ごとに主な食物が違う。日本は国土は狭いが、食物が全土一様だとは言えない。唐の時代、中日の文化交流が始まった、中国の飲食文化も日本へ伝播されて、そして、日本の元の飲食文化に影響を与えた。時代の発展に伴って、食物の種類が豊かになったり、生活のレベルが向上し、人々は腹いっぱいに食べることに注目するだけでなく、もっと健康のほうに気をつけるようになった。それで、栄養学が人々に注目され、栄養学についての仕事に携わる人は多くなり、特に、ここ数年間、栄養学の発展はいっそう進歩した。もっと健康的な生活のために、人々は食から栄養のバランス、そして栄養素を取るよい方法に注目した。

本論文は栄養学の重要性を中心に、食事の中で、どのように栄養素の原理を表現するかということについて分析する。

まずは中日飲食文化の違いを分析する。調理法と飲食習慣、この両方について分析する。

それから、食事の中で表現した栄養学の原理を説明して栄養学と飲食の関係を研究する。

最後に、栄養学の発展をはっきり述べ、具体的な例を挙げて栄養学の重要性を述べた。現代栄養学の欠点を分析した。すなわち、人々は栄養知識をあまり知らず、栄養教育にあまり力を入れていない。国民に栄養学の重要性を知らせるのは大変時間がかかる。

キーワード:飲食文化   栄養素   発展   栄養学

目 次

はじめに 1

第一章 中日飲食文化の違い 2

第一節 調理法の違い 2

第二節 飲食習慣の違い 3

第二章 栄養学原理の表し方 6

第一節 調理法と栄養素 6

第二節 食べあわせと栄養素 8

第三章 中日の栄養学 11

第一節 中日栄養学の発展 11

第二節 栄養学の重要性 14

おわりに 19

参考文献 20

謝 辞 21

はじめに

食事をするのは人生に大事なことである。中日両国の飲食文化はある程度似ているが、実は大変違いがあると思う。民族、人種、地域などにより、使用する食材・調味料などが大きく異なり、調理法にも差がある。同一民族内の階層によって異なる料理が存在する例もある。また、同じ食材でも多種多様な料理がある。それらは地域や民族による調理法や主食などとの関連、入手可能な調味料などの食材の差、気候との関連、あるいは宗教等の制約によって異なる。

近代、生活が豊かになった人たちは健康面に注意するようになり、それで養生という意識が芽生え、栄養学という学科が出てきた。栄養素の働きを研究し、それを生かして人の健康を保つのが栄養学である。飲食文化の中で栄養学の原理を体現し、栄養学が食事を導き、この両方はお互いに依存している。しかし、栄養学をはっきり理解する人は僅かな一部であり、多くの人々は多分伝統の意識、習慣に頼って調理する。この論文で栄養学と健康の関係を説明して人々に栄養学の重要性を知らせて、もっと多くの人々を栄養学に注意させたい。それに、栄養学の欠点に向き合って改善する方法を提出し、人々を正しい方法で健康を保てるように導きたい。

第一章 中日飲食文化の違い

唐の時代から、中日の文化交流が始まり、日本の飲食文化も中国の影響を受けた。しかし、中日の調理方法には大変違いがあり、中華料理は色、香、味を強調し、日本料理は型、特、新鮮さを強調する。中国は広い国で、中華料理も多種多様になり、そして調理方法もたくさんある。それに、両国の国土や気候などは差があり、そのため、育っている生物も違いがあり、異なる飲食習慣もできた。

第一節 調理法の違い

中国では、油が調理の中で大切なものであり、どんな料理でも油は必要である。日常生活の中で、炒める、油でさっと揚げる、油で揚げる、あんかけにする、なべに油を少し入れて加熱してから材料を入れて表面がきつね色になるまで焼くという調理方法には油が必要であり、それらは基本的な調理法である。しかし、それだけではなく、中華料理の調理法には二十種類あまりが存在し、例えば、ふたをしっかりしてとろ火で煮るという方法、食品をとろ火でゆっくり煮るという方である。そして、ある時一つの調理方法だけではなく、多種類の方法で調理する。例えば、酢豚の甘酢あんかけ、これは中国広東省の有名な料理である。まず、豚肉をかくぎりにして調味料を入れて漬物にする。それから、卵を入れたかたくり粉と漬けた豚肉をかき混ぜて油で揚げる。最後に、ねぎ、タケノコなどと炒め、甘酢あんをからめる。その中で三つの調理法を用いた。中華料理は味を重んじて複雑な調理法が必要であり、それに複雑なほど包丁の腕前が上達する。それは悠久の歴史の流れの中で形成した宝物である。

日本料理はまた煮たき文化と呼ばれる。方海燕は「食材の元の味を保つために、生のまま食べ、ちょっとだけ煮るのは典型的な日本料理だ」と述べた。日本人はあっさりした味が好きであり、食材の元の味を保つことを重視していて、味付けをすることを余りしないのである。生のまま食べ、食物を湯に入れて煮るという方法は日本料理の主な調理方法である。主な調理法は焼く、いためる、揚げる、煮る、蒸すという方法である。刺身は典型的な日本料理であり、その刺身には何も調味料も加えないでそのまま食べる。日本人は新鮮な魚肉に少しわさびと醤油を付けて食べることが大好きである。

中国では、特に川や湖が少ない北方には新鮮な食物が少なく、天日干しした食物をよく食べ、それで油で炒めたり揚げるという調理方法が必要である。時には、スープを作るために数日さらに何ヶ月もかけて調理することがある。日本は海に囲まれて新鮮な魚を手に入れやすいので、日本人はいつもできるだけ食材そのものの味を保って食べる。中国ではよく食物に調味料を加えて加熱して食べ、日本では生のまま食べるのは普通である。

第二節 飲食習慣の違い

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接