松本清张推理小说的女性观——以《点与线》和《砂器》为中心 松本清張推理小説の女性観―『点と線』と『砂の器』を中心に毕业论文_日语毕业论文

松本清张推理小说的女性观——以《点与线》和《砂器》为中心 松本清張推理小説の女性観―『点と線』と『砂の器』を中心に毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

松本清张是日本有名的推理小说作家, 他开创了日本推理小说的新纪元,将单纯的推理故事与现实的社会问题结合起来,开创了“社会派推理小说”。其推理小说中揭露了各种各样的社会问题。他的小说善于从女性出发,通过女性故事和命运的描写,推理其动机,思索作品中的女性观,进而揭露日本社会的种种罪恶肮脏的一面。因此本文就围绕松本清张的推理小说《点与线》和《砂器》来深入探讨一下其中所体现的创作风格,以及作品的女性观及其成因。

本论文从创作风格、作品分析、女性的具体形象、成因等方面分析了松本清张推理小说中的女性观,第一章主要总结了研究目的和国内外的先行研究。第二章简介作者生涯,分析作者的创作风格。第三章结合小说《点与线》、《砂器》,简单介绍两篇小说的主要内容和出场女性。并以这两篇小说为中心,分析小说中的女性形象。第四章从逻辑推理角度和审美角度概括作者的女性观,进而分析作者女性观的成因。

关键词:创作风格 作品的女性形象 女性观 成因

要 旨

 松本清張は日本の有名な推理小説の作家である。彼は日本推理小説の新たな局面を打開した、単純な推理物語と現実な社会問題と結びつけて、「社会派の推理小説」を打ち立てた。松本先生の推理小説には様々な社会問題を披露し、彼はよく女性の視点から女性の物語と運命を描写し、その動機を推理し、作品の女性観を展示している上で日本社会の醜い一面を披露する。そのため、本論文は松本清張の推理小説『点と線』、『砂の器』を中心に、作者の創作風格を研究したり、小説の女性観及びその成因を分析したり、松本先生の推理小説の魅力を感じる。

 本論文は作者の創作風格、作品概要、女性像、成因などを通じて推理小説の女性観を分析する。第一章は本論文の研究目的と国内外の先行研究を整える。第二章は簡単に作者の生涯、創作風格を紹介する。第三章は『点と線』、『砂の器』を中心に、その梗概と女性像を分析する。第四章は論理的な角度と審美な角度から作者の女性観を研究し、更にその成因を分析する。

キーワード:創作風格 作品の女性像 女性観 成因

目次

はじめに 1

第一章 研究目的と先行研究 2

第一節 研究目的 2

第二節 先行研究 2

第二章 松本清張の推理小説の創作 4

第一節 松本清張 4

第二節 社会派としての小説風格 4

第三章『砂の器』、『点と線』の女性像について 6

第一節梗概と出場した女性 6

1.『砂の器』 6

2.『点と線』 6

第二節 作品の女性像 7

1.不平等の人生 7

2.醜い人間性 8

第三節 作者の女性観 9

1.女性の人物からの論理的な推理 9

2.女性の描写から自然美を見える 9

第四章 作者の女性観の成因 11

第一節 女性観の特徴 11

第二節 社会背景 11

第三節 自身の経験 12

おわりに 13

参考文献 14

はじめに

 推理小説は読者の思考の積極性を喚起することができる。読者に思考の挑戦と楽しみをもたらすとともに緊張、気がかり、意外な雰囲気も溢れていて、読み終わりの満足感も感じられる。そのため、推理小説に夢中している人々はいっぱいいる。松本清張の推理小説がとても魅力的で、彼はよく女性の角度から出発し、女性人物の不幸などを述べて、彼女の運命と犯罪事件と密接に結ぶつけて、この女性像に同情を寄せる同時に、一歩一歩と犯罪者の本当の姿をわかる。例えば、『砂の器』、『点と線』には、女性のかわいそうな一面も汚い一面も描写した。これこそは社会派の現実主義の創作風格である。松本先生の小説は社会の鋭い矛盾を披露し、深い思考のかいがあると思う。

第一章 研究目的と先行研究

第一節 研究目的

 推理小説は国籍も年代もかかわらず、いつでも世界には大人気である。松本清張は日本ばかりでなく、中国でもよく知られている。氏は日本の推理小説史上の巨匠で、コナン・ドイルとアガサを継いで世界の第3位の推理小説家である。松本先生の小説には、人間の喜怒哀楽を描いて、特に不幸的で弱者の女性を描写し、彼女たちの生き方、生活の環境などが現れる。彼の一部分の作品は権威のある著作として、鑑賞のかいがあると思う。

松本清張の文学の作風を考察し、全面的に把握できる。小説における女性像を分析し、当時の日本社会において真実な女性像に対する理解と把握にも役に立つ。作者の女性観の成因、作品の女性像から審美観を見て、日本社会における女性の地位を了解することもできる。

第二節 先行研究

 国内の研究

 松本清張は日本の有名的な推理小説作家として、代表的な作品は『点と線』、『砂の器』、『ゼロの焦点』などがある。彼の小説を脚色した映画は中国でとても人気がある。しかし今まで、清張文学の研究に対して、先行研究があまり多くない、専門的な学術の研究が更に少ない。多いのは簡単に松本の個人の社会貢献及びその小説の基本内容を紹介するものである。主に作品のテーマを中心にされているが、ほかの面にはあまり触れていないようである。(李德纯:松本清张论一兼评日本推理小说,中国社科院研究生院学报,2001;)。もう一つは、松本先生の推理小説は中国への影響を研究するものである。具体的な創作風格などを研究していない。(李景瑞:日本推理小说在中国的盛衰,译林出版社,2005)。

日本の研究

 松本の小説に関する研究は20世紀60年代から始まって、今までとても成熟になってきた。この研究には主に松本の推理小説と歴史小説に対するもので、学術の論文、評価なども含まれる。文化学の角度から見れば、主に松本先生の作品から日本の伝統文化と現代文化の関係を研究するものである。例えば、『松本清張と幽玄の伝統』(森秀人 思想の科学1962年)という本には松本先生の文学には幽玄の体現を検討した。また、『松本清張と俳句』(今村元市 1962年)という本には松本先生が俳句を好むことを紹介した。

先行研究にはただ日本国内の研究があるだけではなく、国際の「清張文学」の研究もある。本論文は、松本清張の小説における女性像の分析及び作者の女性観に対して研究する。研究によって松本先生の小説の魅力を体験していく。

第二章 松本清張の推理小説の創作

第一節 松本清張

松本清張(1909年~1992年)日本の有名的な推理小説家である。代表的な作品は『点と線』、『眼の壁』、『ゼロの焦点』、『波の塔』、『霧の旗』、『黒い樹海』、『砂の器』、『波の塔』『黄色い風土』などがある。彼は何度も各種の文芸賞を得て、大器晩成の作家である。彼は日本の推理小説の新紀元を開いて、純文学と通俗文学を結合し、純文学を推理小説の中に融合したうえで社会派の推理小説の領域を開拓した。広範な読者を引いた同時に、推理小説を純文学の血液を注ぐのである。松本先生の小説は世界ではとても有名で、大人気がある。

第二節 社会派としての小説風格

松本清張の作品の特徴は推理の書き方で、犯罪の社会根源を探索し、更に社会の矛盾と問題を披露し、人々の内心の悩みと精神世界を反映する。彼の作品を通じて、日本社会の問題を披露し、よく官僚ブルジョアジーを批判している。例えば、『波の塔』には政府の官吏と財界のお金持ちとぐるになって、賄賂を取り法を曲げたのである。『霧の旗』には日本の法律領域の公正な仮面を披露し、日本の法律ををはげしく攻撃したのである。『黄色い風土』には日本の軍隊領域を非難するのである。松本先生の小説は社会の角度から新しい視覚を掘っていて、『点と線』には初めて偵察の場所を無限に拡大し、南の九州から北の北海道にかけて、事件解決の手がかりの搜しによって、日本統治集団が商業界とぐるになる証拠を集めることである。松本先生は「文学は暴露である」と宣言する。彼は社会責任が強い小説家でもあり、思い切って真実のことを言う作家である。

推理小説の小人物、普通な生活事件が、作者の質朴簡素の創作風格を表れる。作品には、その人物はすべて確かな根拠があって、読者に真実を感じさせる。彼は都市、田舎、山、温泉、浜辺、切り岸を事件の背景として、周りの景色、風土習慣なども詳しく描いて、『点と線』には汽車、飛行機の時刻表を真実に紹介し、最終にはこの詳しい時刻表が事件のキーになった。この小説ががっちりと組み立てられていて、作者の謹厳な創作態度も見える。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接