日本青少年犯罪心理小说试论——通过《彷徨之刃》与《告白》的比较研究 日本青少年犯罪心理小説試論―『さまよう刃』と『告白』の比較研究を通して毕业论文_日语毕业论文

日本青少年犯罪心理小说试论——通过《彷徨之刃》与《告白》的比较研究 日本青少年犯罪心理小説試論―『さまよう刃』と『告白』の比較研究を通して毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

青少年的犯罪在日本已经成为备受关注的社会问题。

在日本,以青少年的犯罪为题材的推理文学也屡见不鲜。我对于犯罪推理文学有着兴趣,因此想以青少年犯罪作为切入点来研究日本青少年犯罪心理小说。然后,我选择了个人比较喜欢的两部作品。它们就是东野圭吾的《彷徨的刃》和凑佳苗的《告白》。

虽然对这两部作品分别进行的研究很多,但直接将两部作品进行比较的研究几乎没有。因此,我收集了一些两部作品各自研究的文献,想通过总结归纳各自的研究成果,然后将两个作品进行比较,构成自己独特的见解认识。然后,总结两部作品的共同点和不同点,对于日本青少年犯罪心理小说的特点及其受欢迎的原因进行分析。

关键词:日本青少年犯罪心理小说 《彷徨的刃》 《告白》 比较

要 旨

青少年の犯罪は日本でも注目された社会問題になった。

日本で青少年の犯罪を題材にするミステリー文学は珍しくない。私は犯罪のミステリー文学に興味を持っているので、青少年の犯罪を切り口として、日本青少年犯罪心理小説を研究したいと思う。そして、好きな二つの作品を選んだ。それは東野圭吾の『さまよう刃』と湊かなえの『告白』である。

二つの作品をそれぞれ研究したのは多いであるが、二つの作品を直接に比較する文献がほとんどない。それゆえ、それぞれを研究した文献を採集し、それぞれの研究をまとめ、二つの作品を比較し、自分の独特な見方を立てたいと思う。そして、二つの作品の類似点と相違点をまとめ、日本青少年犯罪心理小説の特徴と人気を呼ぶ原因を分析する。

キーワード:日本青少年犯罪心理小説 『さまよう刃』 『告白』 比較

目 次

はじめに 1

第一節 きっかけと問題意識 1

第二節 先行研究 1

1. 国内 1

2. 日本 2

第三節 研究の方法 3

第四節 研究の価値 3

第一章 作者と作品の紹介 4

第一節 東野圭吾と『さまよう刃』 4

第二節 湊かなえと『告白』 4

第二章 『さまよう刃』と『告白』の比較 6

第一節 創作背景 6

1.相違点 6

2.類似点 7

第二節 物語の叙事方法 8

1.相違点 8

2.題材と粗筋における類似点 8

第三節 人物設定 9

1.相違点 9

2.同じに細やかな心理描写を重んずる 9

第四節 結局 10

1.相違点 10

2.少年法に対する考えの類似点 11

第三章 日本青少年犯罪心理小説の特徴と愛読される原因 12

第一節 日本青少年犯罪心理小説の特徴 12

第二節 日本青少年犯罪心理小説が愛読される原因 12

1.客観原因 12

2.主観原因 13

おわりに 14

第一節 本論のまとめ 14

第二節 不足や今後の展望 14

参考文献 15

はじめに

第一節 きっかけと問題意識

青少年の犯罪は日本で注目された社会問題である。日本の青少年犯罪は数量の上で大幅に高まるだけではなく、その上犯罪の性質も日に日に深刻になっている。日本の少年法は2000年に改訂された後、また2007年と2008年にそれぞれ1回改訂された。

日本で青少年の犯罪を題材にするミステリー文学は珍しくない。例えば、東野圭吾の『白夜行』や薬丸岳の『天使のナイフ』などである。私は犯罪のミステリー文学に興味を持ち、青少年の犯罪を切り口として、日本青少年犯罪心理小説を研究したいと思う。そして、好きな二つの作品を選んだ。それは東野圭吾の『さまよう刃』と湊かなえの『告白』である。

第二節 先行研究

先行研究を国内と日本と二つに分けて紹介する。二つの作品を直接に比較する文献がほとんどないので、それぞれを研究した文献を採集する。

1. 国内

東野圭吾の文学の研究では、『白夜行』や『容疑者Xの献身』などの作品に集中しているようだが、『さまよう刃』についての研究がほとんどない。しかし、東野圭吾の創作方法や魅力などの研究はたくさんある。一つは、東野圭吾の作品の人性を分析するのである(李立:东野圭吾:不轻率判断人性,中国经营报,2011-07-18 (D08))。もう一つは、東野圭吾の創作について分析するのである(王婧殊:从《白夜行》看东野圭吾的创作,小说评论,2011(S1):235-237;何映宇:“我不介意更温情一些”日本推理小说第一人东野圭吾专访,新民周刊,2012(34):34-35;秦思思:东野圭吾推理小说特色解析,湖南大学,2012)。そのほか、東野圭吾の作品の社会性を分析するのである(张景一:东野圭吾作品的社会性——以《白夜行》为中心,作家,2013(12):135-136)。以上の文献は、東野圭吾の創作方法や作品の現実意義などの研究に役立つ。

 湊かなえの『告白』についての研究がたくさんあるが、その映画版を研究したもののほうが多い。まず、『告白』の現実意義を分析するのである(怡良:告白 蔓延的恶无可救赎,电影世界,2010(6): 83;康宁:《告白》的救赎,西南航空,2012(1):102-104)。次に、『告白』の叙事手法を分析するのである(段祎:告白:生命的寓言与残缺,电影评介,2011(5): 59-60 63;张颖:多个“我”背后的日本浮世绘——论《告白》的“多重声”叙事,电影评介,2011(22):63-65)。そのほか、『告白』から今日本青少年犯罪の現状を分析するのである(左雲肖:从小说《告白》看现在日本的少年犯罪,鲁东大学,2012)。以上の文献は、湊かなえの創作方法や『告白』の魅力などの研究に役立つ。

2. 日本

 日本では、東野圭吾の文学の研究が幅広くされている。東野圭吾の自伝はデビューから今日までの、東野圭吾の心境が書かれた作品である(『たぶん最後の御挨拶』 東野圭吾 文藝春秋 2007年)。堀江珠喜は東野圭吾におけるエドガー・アラン・ポー的な要素を分析するのである(『東野圭吾とエドガー・アラン・ポー』 堀江珠喜 大阪府立大学高等教育推進機構 2012年)。和田勉は東野圭吾の作品を生命科学の視点から分析するのである(『東野圭吾論』 和田勉 九州産業大学国際文化学会 2013年)。以上の文献は、東野圭吾の文学の特徴の研究に役立つ。

 日本では、湊かなえの『告白』についての研究が少ないが、電子文献を少し見つけた。大体は『告白』の書評と湊かなえのインタビューである(林毅 『告白』湊かなえ (DB/OL)http://www.webdoku.jp/cafe/hayashi/20080821110843.html 2008-8-21など)。以上の文献は、『告白』の現実意義の研究に役立つ。

 そのほか、日本の少年法についての文献を見つけた(俞建平:日本《少年法》第18次修订的社会背景和目的,青少年犯罪问题,2008(3):69)。それは二つの作品の創作の背景の研究に役立つ。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接