日本の神祇に供える飲食物「神饌」について;关于日本神馔的考察毕业论文_日语毕业论文

日本の神祇に供える飲食物「神饌」について;关于日本神馔的考察毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

众所周知,在人们的生活当中衣食住的问题是不可缺少的。其中食又是最为重要的要素,并在过去中积累成为巨大的遗产,也就是所谓的饮食文化。饮食文化奠定了人类文明发展和社会进步的基础。另一方面,在日本一年四季,全国各地都会纷纷举办各式各样的祭祀活动。祭祀中所供奉的神馔更是种类丰富,色彩斑斓,意味深远。神馔体现了各地不同的祭祀风俗,同时也反映了人们的神灵思想和饮食文化,因此,神馔文化被认为是日本民俗文化的代表,备受关注。

以此些为前提,本文基于前人研究成果对此进行一些探讨。

以下阐述本文的主要内容。本文共有4章,可分为三大部分。开始的部分阐明了研究目的、前人研究成果以及研究方法和手段。从第2 章到第3章,是本文的核心内容。首先,第二章介绍了关于神馔的由来和词源,以及种类。其次,第三章从神馔中看出的日本饮食文化的特征以及对现代的影响的考察。结尾的部分,对全文进行了归纳总结,并提出今后的研究课题。

关键词:神馔 祭祀 饮食文化 特征 神道

要 旨

周知のように、人間が日々の生活を送るには、衣食住が不可欠のものである。そして、食はその中の最も重要な要素である。長年の積み重ねにより、人類はさまざまな食生活様式――食文化を作り上げた。食文化は人類の文明と社会の進歩の土台である。一方で、日本では一年を通じて、色々な祭祀が全国各地に存在している。それで、祭祀に捧げた神饌も多種多様で、様々な意図を表している。神饌は各地の習俗を投影する同時に、人間の神観念や飲食文化が明らかに反映されている。それ故、日本民俗文化の代表一つだと思われる。

それに基づいて、本論は先行研究を踏まえてそれを検討してみたいのである。

本論の主な内容は次のとおりである。本論は4章からなり、大きく三つに分けられる。はじめにの部分では、研究目的、先行研究及び方法と手段を述べてみた。第二章から第三章まで、本論の核心部分である。まず、第二章は神饌に関する由来や語源、及び種類について紹介した。それから、第三章は神饌に見られる日本の食文化の特徴及び現代に対する影響についての考察である。終わりにの部分では、まず本論をまとめ、そして今後の研究課題を述べた。

キーワード:神饌 祭祀 食文化 特徴 神道 

目 次

1. はじめに ………………………………………………1

1.1 研究目的 ……………………………………………..1

1.2 先行研究 ……………………………………………..2

1.3 方法と手段 ……………………………………………3

2.神饌についての紹介 ………………………………………..5

2.1 神饌の由来 ……………………………………………5

2.2 神饌の語源 ……………………………………………5

2.3 神饌の種類 ……………………………………………6

3.神饌に見られる日本の食文化 …………………………………9

3.1日本の食文化の特徴 ……………………………………..9

3.2現代への影響 …………………………………………..9

4.おわりに ………………………………………………..11

参考文献 ………………………………………………….12

謝 辞 …………………………………………………….13

1.はじめに

ご周知のように、人間が日々の生活を送るには、食は最も重要な要素である。食文化は人類の文明と社会の進歩の土台である。一方で、日本では一年を通じて、色々な祭祀が全国各地に存在している。神饌は各地の習俗を投影する同時に、人間の神観念や飲食文化を明らかに反映させいる。それ故、日本民俗文化の代表一つだと思われる。また、この研究を通じて、日本人の食生活、さらに食文化の源流を求めることができると思われる。

1.1研究目標

ご周知のように、日本ほど祭祀が多い国は珍しい。日本では一年を通じて、実にいろいろな祭祀が各地に存在している。祭祀は神事と祭礼から成り立っており、むしろ神事のほうが非常に重要である。神饌というのは神事の中で一番中心的なものである。日本の神饌は長い歴史を持っている。従って、形態や種類などもいろいろな変遷を経た。神饌をめぐるさまざまな慣行には、人々の神観が投影される側面があり、神饌は人間の精神生活や飲食生活を明らかに反映し、日本人の生活に深く影響を与えて、日本文化の代表の一つだと思われている。従って、神饌の研究は祭祀文化への理解に役立つことができて、食文化にとっても重要な課題だと考えられている。

この研究を通じて、主に次のような研究意義があると思われる。

第一、神饌は昔から日本人の生活と切っても切れない関係がある。人間の日常飲食と深い関係があると思われる。それ故、この研究を通じて、日本人の食生活を反映し、食文化の源流を求めることができる。

第二、神饌はお迎えした神々をおもてなしする多種多様な飲食物である。これらの様態はそれぞれの意味を持ち、いろいろな経緯を経たと思われている。祭祀の意図は祈願や感謝であるから、神々に供え物をめぐるさまざまな慣行には、人々の神観念が投影される側面がある。従って、神饌を検討すると、当時日本人の精神生活や神観念ということが分かるようになる。

1.2先行研究

まず、日本の神祇に供える飲食物「神饌」については、以下のように調べてきた。

岩井宏實(2003)は、物質の形態によって、神饌を飲み物と食べ物があるという。詳しく分けると、飲み物には水や酒があり、食べ物には米、魚、貝、鳥、海菜、野菜、果実、菓子、塩などがある。中には欠くことができないものは米、塩、水の三種だと提案している。

岩井(2003)は、神饌は神事の中で一番中心的なものであり、人間が天空、山中、海上の三つの他界から神々をお迎えして、自分の食べ物を神々に食べていただいて、日常生活をさせていただいて、そしてお礼を申し上げて、神霊を慰めるというのは、本来の姿であったと主張している。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接