日本の「萌え文化」の流行要因について;关于日本的“萌文化”的流行原因的考察毕业论文_日语毕业论文

日本の「萌え文化」の流行要因について;关于日本的“萌文化”的流行原因的考察毕业论文

2021-04-01更新

 

提 要

随着全球化的不断推进及中日文化的交流增加,近年来,大量日语新词通过互联网、游戏、动漫等载体源源不断地注入汉语中。其中,“萌”字以其生动到位的表达效果广受中日两国民众的追捧,但关于“萌”这个词,迄今还没有明确的定义。在20世纪80年代,“萌”由日本年轻人中“御宅族”兴起,最先是“御宅族”之间的一个专用术语,表示面对自己砰然心动的动漫人物或游戏角色时,突然涌起的一种狂热喜爱和热血沸腾的精神状态,后来逐渐演化成对这一类形象的描述。而“萌”的对象通常指具有可爱纯真、讨人喜欢等特质的人或事物。“萌文化”约在2003年,以日本东京秋叶原为中心开始真正流行。2004年和2005年,“萌”都当选为当年日本全国第一新潮用语。2006年三省堂出版社正式将“萌”字收录进《大辞林》。

由上述总结可知,不论是在网络还是在日常生活,“萌”都被广泛使用。并通过日本动漫、游戏、轻小说等传媒载体传播,由发展壮大的日本御宅族推广,广为人知后被人们用来缓解精神压力、调和人际关系,并成为世界流行文化的象征。除了了解“萌”的用法之外,还应探究其文化背景和社会背景,把语言学习和文化研究结合到一起,学之所成才能升华。

关键词:萌 大众传媒 御宅族 精神慰藉 流行

要 旨

近年、グローバル化と中日文化の交流の増加につれて、たくさんの日本的な言葉使いがインターネットやアニメなどのキャリヤーを通じて、ひっきりなしに中国語に影響を与えている。「萌え」はその生き生きとした表現効果により、中日両国の大衆に広く受けられた。「萌え文化」は簡単に定義できないと思われるが、実は「萌え」は最初、1990年頃から日本のオタクの間で使われている言葉だった。日本のアニメとゲームの中で、「萌え」のイメージは常に単純で、可愛くて子供っぽい女の子だった。その後「萌え」はだんだん自分の好きな物、執着する物を形容する言葉として認知されていた。さらに、「萌え文化」は2003年から、東京の秋葉原を中心にブームとなった。2004年には「萌え」がユーキャン流行語大賞にノミネートされ、2005年には「萌え」はユーキャン流行語大賞のトップ10に選ばれた。

要するに、ネット上でも日常生活の中でも、「萌え」はもう世界範囲で広く使われている。主に大衆マスコミを通じて、そして「オタク」により普及され、次第にストレスの解消と人間関係の潤滑油となっていた。日本の「萌え文化」を深く理解することは言語の学習につながると考え、その流行原因を考察してみる。

キーワード:萌え  マスコミ  オタク  精神需要  流行

目次

1.はじめに 1

2.「萌え文化」の概説について 2

2.1「萌える」の定義と性質 2

2.2「萌える」の用法 2

2.3「萌える」の意味 2

3.「萌え文化」の流行要因 3

3.1マスコミ利益の駆動 3

3.2「オタク」の拡大 4

3.3 精神的な求め 6

4.「萌え文化」の影響 7

5.「萌え文化」への評価 8

6.終わりに 9

参考文献 10

謝辞 11

1.はじめに

子供の時から、私は日本のアニメやゲームなどに興味を持っている。日本のアニメとゲ—ムのレベルはアジアだけでなく、世界でも高いレベルにあると思う。その中では、「萌え」という言葉はよく使われていて、だんだん世界的な言葉使いになった。特に日本の萌え系アニメはすごく人気があり、中国でもそのまま「萌え」という言葉が使いはじめた。そして「萌え文化」は大衆マスコミを通じて、「オタク」により普及され、次第にストレスの解消と人間関係の潤滑油となっているという。さらに、「萌え」から派生した「萌え文化」は、日本のアニメやゲームなどを通じて、世界に広がっており、日本のポピュラーカルチャーの象徴になっていたと思われる。

グローバル化と中日文化の交流の増加にしたがって、「萌え」はすでに認知度のとても高い言葉使いであった。今ネット上でも日常生活の中でも、「萌え」は幅広く使われていることになった。しかし、「萌え」の意味および用法に関連する研究はまだ十分ではなく、それゆえ、本文はその時代背景や産業影響などに合わせて、「萌え」の語源、「萌え」が流行語に選ばれた時代背景を考察し、例文を用いて、「萌え」が流行語としての意味と用法を明らかにする。また、「萌え」の流行背景への理解を引き続き検討する必要があると思う。

本論では、文献資料と文献研究の方法に基づいて論文を展開する。まず第一章では、「萌える」の定義、性質や用法などを説明して、「萌え文化」の主な背景を述べる。次に第二章では、「萌え文化」の流行要因を説明して、主に例を通じて分析する。この部分では、「マスコミ利益の駆動」、「オタクの拡大」、「精神的な求め」という三つの方面から説明してみる。それから第三章では、「萌え文化」にもたらす影響について述べる。第四章では、「萌え文化」への評価を分析する。また、「萌え文化」に対しての経済的な価値と産業影響を明らかにして、もっと「萌え文化」の流行する背景のことに親しくなりたいと思う。最後に、この研究の現実意義を述べて、自分の結論を整理してまとめる。

2.「萌え文化」の概説について

2.1「萌える」の定義と性質

本論の鍵として、「萌え」の定義は大切であると思う。「萌える」というのは本来、「草木の芽が出ることであり、芽が出る時の春。」[1]という意味だ。しかし日本の古典文法では、「萌え」は、ヤ行活用の動詞「萌える(萌ゆ)」の連用形である。また語義は「芽が出る」「きざす」「芽ぐむ」などを示す。「萌え」は本来、動詞の語幹であったが、俗語としては用法が拡張し、名詞として普通に用いられるようになっていた。「萌え」を動詞として使われる場合、活用はア行下一段の活用となり、元来の日本語に存在する「萌える」という動詞と同じになるが、芽生えるという意味の「萌える」は自動詞であり、他動詞として使用されることはまだ皆無だと言える。

2.2「萌える」の用法

「萌え」を動詞として使われる場合と言えば、日本の古典文書にはこの用法が見られる。例えば、古典詩歌に出てくる「萌え」の例:

「石ばしる垂水の上のさわらびの萌え出づる春になりにけるかも。」[2]

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接