青山七惠小说的语言风格青山七恵の小説の言語風格毕业论文_日语毕业论文

青山七惠小说的语言风格青山七恵の小説の言語風格毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

每个作家都有个人独特的语言风格。本论文通过对青山七惠的小说中的语言风格进行研究,从而帮助我们全面理解青山七惠的小说,欣赏其小说的魅力之处。另外,小说语言风格的研究也能够让我们了解作家的个人风格和生活态度。此外,小说语言运用受到作家所处时代和社会坏境的影响,因此在某种意义上,通过小说语言风格,我们还能看到时代和社会环境背景下的独特语言运用。

本论文在先行研究的基础上,从青山七惠小说中的环境描写,人物描写,和出场人物的对话三个方面对其小说语言风格进行分析,最后对其语言风格中的“原生态语言”的运用进行总结。

关键词:语言风格 青山七惠 小说 原生态语言

目 次

  1. はじめに ························································4

1.1問題提起·····················································4

1.2先行研究·····················································4

1.2.1青山七恵及びその小説に対する紹介·························4

1.2.2「言語風格」に関する研究状況······························4

 1.3研究方法······················································5

2.環境描写から見る「言語風格」·······································5

3.人物描写から見る「言語風格」·······································7

4.登場人物の会話から見る「言語風格」·································9

5.青山七恵の小説における「言語風格」の特徴─「生の言葉」の運用······12

6.おわり···························································12

·参考文献······························································13

謝辞···························································14

1·はじめに

1.1問題提起

 青山七恵は日本文壇の新人として、その小説が国内でもいくつか出版されているものの、、それに対する研究は非常に少ないようである。また、それに関する資料は手に入りがたいようでもある。本論文で青山七恵の小説の言葉に着目し、具体的に、環境描写、人物描写や登場人物の会話などといった言語風格が見られる面から詳しくその言葉の特徴を述べてみる。また、その小説の中における「生の言葉」の運用を探求する。

1.2先行研究

1.2.1青山七恵についての紹介

 青山七恵は日本の小説家であり、1983年埼玉県大里郡妻沼町(現熊谷市)に生まれる。小学生の頃には、アガサ・クリスティー(英訳:Agatha Mary Clarissa Christie[1] )の作品を読んでいた。中学生の頃には、川端康成や吉本ばななの作品を読んでみたあとで、、図書館司書になればいいか、を目指した。1998年4月に埼玉県立熊谷女子高等学校に入学した。高校の時代、フランソワーズ・サガン(英訳:Françoise Sagan )の『悲しみよこんにちは』を読んだため、小説を書きはじめるきっかけとなった。2001年3月、同校卒業し、同年4月、図書館情報大学図書館情報学部図書館情報学科に入学した。2005年3月、筑波大学[2]図書館情報専門学群から卒業し、東京都新宿区の旅行会社に入社した。

 2005年、青山七恵は、大学在学中に書いた『窓の灯』で第42回文藝賞を受賞し、デビューした。2007年、『ひとり日和』で第136回芥川龍之介賞[3]を受賞した(受賞時年齢23歳11ヶ月)。2009年、短篇『かけら』で、第35回川端康成文学賞を受賞した(歴代最年少での受賞)。2012年から、群像新人文学賞選考委員を務めている。その後、『やさしいため息』、『魔法づかいクラブ』、『かけら』、『お別れの音』『花嫁』、『私の彼氏』、『すみれ』、『快楽』、『めぐり糸』などの小説を発表した。近年来、国内に翻訳され、中国でも大人気を集めている。

1.2.2「言語風格」に関する研究状況

 「言語風格」とは作品の言葉に表現される作者の独自の風格である。「言語風格」はいろいろの分類を含んでいる。例えば、小説の言語風格や詩の言語風格などがある。 しかし、現在、「言語風格」の定義に専門家によっては、統一なる言い方を持っていなく、様々なことがある。我が国においては、言語風格についての研究はまだ足りないようなので、さらに進めることが必要である。

「言語風格学」は言語研究の一部である。また、「文学風格学」は文芸学についての研究における新興学科である。現在、国内では、研究者は言語の格調、言語の言語化、風格の形成の要因や語体、文体などに対する研究に問題を着目しつつある。言語風格が文学風格の研究に影響をもたらしたことは無視しかねない。

 「言語風格」は「言語風格学」は新興学科の一部であり、言語学や文学を結び付けるのである。すなわち、言語風格学は言語学の観念や方法を利用して文学作品を分析する新しい方式といえる。もともと言語風格学は広い意味や狭い意味にわかれている。広い意味で言えば、言語風格学は全部の言語形式の風格を含んで、口語を含むだけでなく、文語にも及んで、いわゆる風格は文体風格や時代風格、地域風格、個人風格などを指している。現在では、狭い意味上の言語風格に対する研究がおおくされ、特に、文学風格の個人風格に重点が置かれるのことは目立っている。作家や詩人による言語運用の方法が違うから、個人風格が表現されるわけである。

 言語風格は総合的に言語の様々な特徴を運用する表現であり、その中に、民族風格、時代風格、個人風格、語体風格や表現風格も含まれ、具体的に文学作品の中に存在している。それは偶然的なものではなく、具体的な原因で形成されるからこそ、その形成及び形成要因に対する研究は言語風格学の研究において必要不可欠である。更に、この研究により、言語風格のタイプを判断し、言語風格の特徴を把握し、言語風格の鑑賞力を向上し、独特な言語風格を創造することが実現可能である。

1.3研究方法

 まず、「文献調査法」を採用して、青山七恵のこと及びその小説を紹介し、「言語風格」に関する研究状況を簡単にまとめてみよう。

 次に、代表例を挙げながら小説の言語風格を論述してみる。具体的に、環境描写、人物描写や登場人物の会話などといった言語風格が見られる面から詳しく述べてみるつもりである。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接