日本オタク文化についての考察关于日本“宅”文化的考察毕业论文_日语毕业论文

日本オタク文化についての考察关于日本“宅”文化的考察毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

如果将日本的御宅人士都聚集起来的话,将会是一座城市。这些御宅人士都喜欢写什么,在做些什么?和普通人有什么不同,为什么被叫做御宅人士?最初,他们是被歧视的,但后来他们通过自己的魅力和能力,慢慢地改变了世人看他们的眼光,并充实着御宅文化。现在,御宅人士以及他们的文化正在很大程度上影响着日本的各个领域。本文将对以上这些疑问和现象进行分析和说明。

关键词:经济效果 萌文化 cosplay文化

要旨

 日本のオタクを集めると、何百万人の都市になる。そのオタクたちは何が好きで、何をやっているのか。普通の人間とは何が違って、なぜオタクと呼ばれるのか。最初は差別されたが、オタクが自分の魅力や能力で、徐々に世間の目を変えてきて、オタク文化を充実した。現在、オタクとその文化が日本のさまざまな分野に大きな影響を与えている。本論文は以上の疑問や現象に対して分析説明する。

キーワード:経済効果 萌え文化 コスプレ文化

目 次

1 はじめに 1

1.1 問題提起 1

1.2 先行研究 1

2 オタクとは何か 3

2.1 「オタク」という言葉の起源 3

2.2 オタクへのイメージ 4

2.3 オタクの対人コミュニケーション 6

3 オタク文化の代表 7

3.1萌え文化 7

3.2 コスプレ文化 8

4 オタク文化における経済効果 9

5おわりに 11

謝辞 12

参 考 文 献 13

1 はじめに
1.1 問題提起
 この何年間、「萌え」・「コスプレ」・「メイド喫茶店」などの「オタク文化」というものを、様々なメデイアを通じて聞いたり、見たりすることが多くなってきた。メデイアで紹介するものは、意図的に「オタクは普通の人間ではない」と認識させるため、オタクの一部の特徴を誇張したようなものである。しかし、筆者が接触したオタクたちはメデイアで紹介したものとの違いが大きい。そこから、オタクの生活、心理、対人コミュニケーションに関心を持つことに至って、このテーマを選んだ。それがきっかけである。

野村総合研究所[1]の調査によれば、2005年に日本のオタク人口は172万人に達すと推定され、一種の社会現象として扱われている。なぜ日本では、「オタク」がこのように多くなったのか、その現象は日本社会にどのような影響を与えているのか。

 本論はオタクに関する先行研究を紹介し、オタク像を描いて、人に与えるイメージの変化及びオタク的コミュニケーションを紹介しながら、オタクとは何かについて説明する。そして、萌え文化とコスプレ文化、その二つの代表的なオタク文化を分析して、オタク文化が社会経済に与える影響を探求し、世間のオタクへのイメージを変えてみたい。その前に、まず、今までの先行研究を見てみよう。

1.2 先行研究
 1.『オタク学入門』

東京大学で「オタク文化論」の講義を担当した岡田斗司夫の『オタク学入門』の発表から「オタク」は教育界にも登場した。当時、オタクという呼び方が生まれてから、一般的に知られるようになるまでは数年もかかった。それに、オタクたちが「家にずっとこもって外にでない人たち」ように誤解された。しかし、オタクは実は差別される人種どころか、「映像の世紀」といわれるこの20 世紀に生まれたニュータイプの人種だと作者がそう思っている。つまり、オタクは映像に対する感受性を極端に進化した「眼」を持つ人間たちなのである。オタクたちは「社会適応力がない」といわれるほど、自分の「おもしろい」に敏感で忠実である。いつもおもしろいものを発見し、楽しんでいる。『オタク学入門』は、その本質を明らかにした、「オタク学」の金字塔である。

2.『オタクはすでに死んでいる 』

岡田斗司夫が発表した著書『オタク学入門』によると、少なくとも執筆当時には、その「オタク」という言葉がNHKの放送問題用語に指定されていたことが、NHKから取材を受けた際に明らかになった、とのことである 。世間やマスコミからいわば、岡田斗司夫はオタクの代表人物ように思われて、「オタキング」などと呼ばれる。『オタク学入門』『東大オタク学講座』『オタク論!』などオタクに関する著作も多く、東京大学でもオタクをテーマにした講義を開いた。また、MIT(マサチューセッツ工科大学)など海外での講義や講演もこなし、タイム誌やパリ・マッチ誌などでも「オタクの代表」として取り上げられてる。そのオタキング自身が「オタクはもう死んでしまった」と宣言したのである。作者の発言はかなりの衝撃と賛否両論の大激論を巻き起こした。『オタクはすでに死んでいる』」が今オタク発生することに対して納得できない→萌える思考に対して何がオタク→オタクの変遷→萌える起源→オタクの貴族主義とエリート主義→オタク死後の未来が現れたことがあることで、とても入念なナレーションを行った。

3『電車男』

2004年、中野独人が発表した『電車男』の主人公はオタクの典型である。内容的には、一人のオタクがある女性に憧れ、彼女とデートできるようになるまでの様子を描いた。インターネット上のチャットを通して仲間が彼を見も守っていくという話である。女性に縁がないオタク青年が、電車内で酔っ払いになった男性から若い女性を救った。彼は、彼女をデートに誘うと思ったが、どうしてもできなくて、モテない男たちが集うインターネットサイトに助けを求めた。いつしか「電車男」と呼ばれるようになった彼がそのサイトでたくさんの仲間ができた。仲間たちが出来る限りのアドバイスを上げて、時に起こるくらいに叱りながらも温かく彼を見守っていた。仲間たちの熱い励ましは「電車男」に勇気を与え、彼女との距離を一歩一歩縮めていた。原作『電車男』を改編したテレビドラマは2005年7月5日より、劇場枠で放送された。視聴率は非常に高い。

4『オタク市場の研究 』

オタクはもはやニッチではない。アニメ・ゲーム・コミック・アイドルなどの12分野のオタク市場に対し、野村総合研究所が初めての真面目なマーケット分析をした。 オタクが市場を変える。オタクが市場を創る。オタク人口170万人、オタク市場規模4100億円!野村総合研究所が「アキバ系」ではない新しいオタク像を提示した。オタク事業戦略論とはオタクは消費者でもあり創作者でもあるということである。そういう人たちこそ、これからの情報社会、マルチメディア社会に大切だし、自分が作りたいものを作るクリエイターたちより偉くなれる。成熟した経済社会において、いちばん力を持っていたのは生産者・製造者ではなく流通者である。映画は興業元が、出版も流通がいちばん強い。

5『おたくの研究』

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接