日本人の猫に対する感情について关于日本人的猫情结毕业论文_日语毕业论文

日本人の猫に対する感情について关于日本人的猫情结毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

在日本,喜欢猫的人比别人国家的多。是因为日本人对猫有一种独特的感情。日本的猫在《日本灵异记》、《枕草子》、《源氏物语》上就已出现。经过很长一段时间,形成了现在独特的“猫文化”。《我是猫》等文学的作品的出世,对日本的猫文化有很深远的影响。现在,招财猫和Hello Kitty和机器猫等角色人物在全世界都非常有名。还有,日本人与猫也有相似的地方。中日对猫的看法也有很大的不同。

关键词:日本 猫 文化

目 次

1.0はじめに 1

1.1問題の提起 1

1.2先行研究 1

1.3本論の目的 2

2.0猫についての紹介 2

2.1日本の猫の伝来 2

3.0日本の猫文化 4

3.1文化作品と猫 4

3.2アニメと猫 5

3.3諺 6

3.4招き猫 8

3.5猫島:田代島 9

4.0日本人の猫に対する特別の感情 9

4.1猫に対する中日の比較 9

4.2日本人と猫の類似点 10

5.0終わりに 11

謝辞 12

参考文献 13

1.0はじめに

1.1問題の提起

猫は今、世界各地にいるが、国によって、文化への影響が違う。中国文化の中に、猫に関する文化が少ない。でも、隣国の日本は全然違う。日本の文化作品と漫画と招き猫などのことの中に、猫はペットとして日本人に好まれる。この現象形成の原因と反映された日本民族の特徴を説明することはこの論文を書く目的である。また、猫に関するいろいろなこと、例えば、歴史と特徴なども紹介する。

1.2先行研究

夏目漱石の「吾輩は猫である」の中に、この猫は珍野家で飼われている雄猫である。本編の語り手で、名前はなく、「吾輩」とは1人称。人間の生態を鋭く観察したり、猫ながら古今東西の文芸に通じており哲学的な思索にふけったりする。人間の内心を読むこともできる。この作品の中には、猫が重要な役である。この作品は当時の社会に多大な影響を及ぼした。また、この作品を通じて、日本人は、猫の存在をさらに重視した。そして、この作品を1つの発端として、猫は日本文化に対しても多少の社会的な影響を及ぼした。

李雯の「浅谈日本的猫文化」の中に、猫は日本の文学、言語の中でよく用いられる。数多くの猫に関する日本の文学作品から日本人の独特な感覚と猫に対する愛が分かる。日本語で連語や慣用句など、猫を援用した例が枚挙にいとまがなく、大衆に喜ばれる表現形式になった。例えば、「猫の額」、この諺の意味は面積が狭いということである。なぜかというと、猫の額がとても小さくて誰も知っているからである。また、「猫の九生あり」、この諺の意味は猫が9条の生命があるということである。中国語の中で同様な言い方もあり、猫はいつも生き生きしているのと同じ意味である。

張秀華の「日本文化中的猫情节及其文化折射」は、猫についての諺と文学に出てきた猫の像を独特な視点から描写した。日本文化の中の猫たちが言語に影響を与えて、言葉を豊富させることを研究し、いろいろな猫についての文学作品の例を挙げた。さらに、招き猫と猫の女などの猫のイメージを誰も知って、これらのイメージの起源について作者は文章に詳しく書いた。この文章は主に言語と文学作品の中の猫たちを説明した。

最後の先行研究は文献ではなく、インターネットで猫と日本人についての一つの議論である。議論の起源は「日本人はネコ好きで、中国人はイヌ好きだ。これは国民の性格を表しているアルよ?」という言葉である。日本のネチズンはこの言葉に対して異なる意見を発表した。例えば、「日本人は猫が好きで、犬が好きじゃないの?」、「日本人の家の庭は狭すぎて犬を飼うには不便なんだよね。」、「猫は比較的静かで犬より小さいし魚を食べる。日本は湿度が高くて犬にはあわない。それに猫は超かわいい。」など、これらから見れば、日本人はあの言葉に賛成しない。日本のネチズンからみれば、日本人は猫好きな理由がただ主観的ではない、多くは客観的な原因である。

1.3本論の目的

猫は日本で非常に人気がある。日本人は猫に対して特別な感情がある。日本の猫文化は世界で有名である。そして、猫はいつ日本へ伝来し、猫文化はどう形成したのか、猫文化はなんであるか、これらへの答えはこの論文で書きたいことである。また、中日が猫に対しての相違点も、日本人が猫と似たところもまとめる。

2.0猫についての紹介

2.1日本の猫の伝来

猫は鼠を捕えることが上手、この性格は生まれもったのだ。人間はほとんど5000年前から猫を飼育始めた。日本の特別な地形なので、日本は稲を植えている。猫を日本に引き入れた前に、大量の稲はネズミに噛まれて、民衆は鼠害にしかたがなかった。奈良時代に、仏教の経書をネズミに噛まれないように、猫を中国から日本に輸入する。あの時、猫の数は少なく、ただ皇室は猫の飼育権利があるから、日本民族は猫に対して、尊敬している。日本民族はその舶来品への崇拝という心理も存在していたからである。その後、猫の数は多くなるに従って、猫の飼育は普及して広く流行し始め、日本人との関係が密接になった。

猫という名前の伝来はいろいろある。「日本釈名」では、ネズミを好む意味で「ね好」の名前をを取った。「言海」の中で、「虎に似ている」を意味する「如虎」(「にょこ」)が転じてねこになった。「和名抄」の中で、猫は一日中良く寝ていることから、「寝子む」の意で、ねこの名前を取った。その他の説、「ねうねう」というネコの鳴き声から、「ねうねうこ」に、最後に「ねの」になった。
2.2猫のイメ-ジの発展

 奈良時代は710年から794年までの期間である。あの時の日本はネズミの害がひどいということ。猫は鼠を捕えることが上手だ。そして、経典などの記録によって、ネズミの災害のため猫たちが中国から輸入されたのだそうだ。

 平安時代は794年から1185年(若しくは1192年頃)までの時期である。日本最古の説話集「日本霊異記」(にほんりょういき)が平安時代初期に書かれた。この説話集のなかで、705年(慶雲2年)に豊前国(ぶぜんのくに)の膳臣広国(かしわでのおみ ひろくに)が、死後、猫に転生し、息子に飼われた、という記述がある。また、平安時代中期の女流作家、つまり、清少納言は随筆「枕草子」を書いた。この随筆の第六段には「上にさぶらふ御猫」という話がある。この話によって、一条天皇[1]と藤原定子[2]は猫が非常に好きで、好きな猫に「命婦(みょうぶ=従五位以上の女官という意味)のおとど」と名付け位階を与える。ある日この猫が翁丸という犬に追いかけられて、天皇の懐に逃げ込む。すると天皇を怒らせた、犬に罪を加えさせた、島流しにしてしまい、という話である。愛玩動物として養われるようになったのは、『枕草子』に登場するだけではなく、平安時代中期の長編物語である『源氏物語』[3]の中にも話がある。

 鎌倉時代は1185年から1333年までの時期である。この時代には金沢文庫(かねさわぶんこ)が、仏教の経典を鼠害から守るために、南宋(なんそう、1127年 – 1279年間に中国の王朝)から猫を輸入されたと伝えられる。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接