日本の食品包装に見られる日本人のエコ意識;日本食品包装的环保意识考察毕业论文_日语毕业论文

日本の食品包装に見られる日本人のエコ意識;日本食品包装的环保意识考察毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

由于大量生产,大量消费,日本经济得到了显著的发展。但是于与此同时,产生的废弃物数量也在不断增加。在填埋场所的不断减少,焚烧设备的建设越来越困难的情况下,作为生产者和消费者,应该怎样应对处理废弃物的问题呢?着眼未来,应该如何维持良好的环境,寻求我国经济的可持续发展,成为重要的探讨问题。本论文先了解了日本食品包装的概况和特征,分析了日本人的环保意识的产生原因,对中日的食品包装来比较两国的环保意识差异,最后分析了我国的现状,希望能够借鉴日本的成功经验来促进我国再循环社会的建设与发展。

关键词:日本,食品包装,中国,环保意识

目次

1.はじめに 1

2.日本の食品包装の概況 3

2.1食品包装の定義 3

2.2食品包装の分類 4

3.日本の食品包装の特徴 6

3.1簡素化、減量化 6

3.2再商品化 7

4.日本人のエコ意識の原因 8

4.1資源の不足 8

4.2廃棄物の発生量の増大 8

4.3最終処分場の逼迫 9

4.4 自然灾害 10

5.中日の食品包装から見た両国のエコ意識の相違点 11

5.1中日の食品包装の特徴の比較 11

5.2中日のエコ意識の比較 12

5.3中国のリサイクルの緊迫性 13

6.おわりに 14

参考文献: 15

謝 辞 16

1.はじめに

 

日本では固有の自然資源が極めて乏しい。急激な経済成長に伴い、日本の容器包装廃棄物の排出量も大幅に増える一方である。容器包装廃棄物の減量化と適正な分別収集及び再資源化を促進するため、1995年に容器包装リサイクル法が制定された。一方、中国の過剰包装の現象が続いている。現在、中国で売られている商品では、たばこや酒、茶、高級食品から元宵団子、卵、果物、野菜までギフト用の過剰包装がよく見かける。これらの華やかな包装は実質的な意味がないほか、資源の浪費、環境汚染にもつながる。本論文では、日本における食品包装の概況と特徴を調べて、日本人のエコ意識を分析し、中日の食品包装から両国のエコ意識を比較し、日本におけるリサイクル社会の経験を検討した上で、中国におけるリサイクルの現状を明らかにし、中国社会におけるリサイクルの建設と発展が促進されることを期待する。

2000年4月1日に制定された日本環境省の「容器包装リサイクル法」は日本人のエコ意識をよく表していると言える。日本は大量生産・大量消費によって大きく発展したが、一方では、廃棄物は増え続け、これらがもたらす環境への影響は大きな社会問題となっている。家庭から出るゴミの約60%は容器包装の廃棄物である。これらの容器包装廃棄物の減量化と再資源化を促進するために、2000年4月にこの法律が施行された。また、事業者・自治体・消費者相互の連携をはかり、より一層の3Rを推進させるために、2006年6月に一部改正された。容器包装リサイクル法の特色は、消費者、市町村、事業者の役割分担をはっきりさせることである。こうして大切な資源を有効利用することによって環境にやさしい循環型社会の形成を目指そうとしている。

「日本建立循环型社会的经验及启示」では、中国では資源に恵まれているが、人口がたくさんいるから、一人当たりの資源が少ない。中華人民共和国清潔生産促進法によれば、中国の食品包装は過剰包装してはいけないという。しかし、中国の過剰包装の現象が続いている。現在、中国で売られている商品では、たばこや酒、茶、高級食品から元宵団子、卵、果物、野菜までギフト用の過剰包装はよく見かける。これらの華やかな包装は実質的な意味がないほか、資源の浪費、環境汚染にもつながる。その上に、廃棄物処分上、食品包装廃棄物の70%が埋め立て処分を行うということである。焼却処分による処分はほんのわずかである。資金調達が困難であるが故に、埋立て以外の処分方法が行えないというのが中国の現状である。中国は廃棄物の処分について日本に学ぶべきところがたくさんある。

「日本的循环经济」では、著者は日本の容器包装リサイクル法の問題や効果を述べた。しかし、容器包装リサイクル法の問題がある。排出抑制効果が弱い、その上に、「容器包装廃棄物の分別収集・選別保管に伴い市町村の負担が増加している」と指摘した。私から見れば、日本では有効の措置をおこなわれ、一般廃棄物の減量と資源有効利用ことができるだけでなく、国民のエコ意識も高める。インターネットによると、容器包装リサイクル法の成果は以下である。1.市町村による分別収集量の増加。分別収集を実施する市町村・分別収集量は増加傾向にある。特に、ペットボトル、プラスチック製容器包装の収集量が大幅に拡大している。2.リサイクル率の着実な増加。容器包装リサイクル法の成立後、一般廃棄物全体のリサイクル率は、増加の一途をたどっている。3.一般廃棄物の最終処分量の減少と最終処分場の残余年数の改善。リサイクルの進展もあり、一般廃棄物の最終処分量が年々減少している。また、最終処分場の残余年数についても一定の改善が見られる。

黑崎美穗「中国の廃棄物問題と日本の経験」の中で中日の廃棄物問題の現状を比べて、以下の中国の現存問題を指摘した。1、資金が欠乏している。また資金調達制度が未発達である。現在、対策の資金は全て国家の財政から支出されている。このシステム下においては適当な経済手段と廃棄物処分の徴収制度が欠乏している。2、廃棄物減量化を重視していないため資源を浪費している。経済成長に伴い、特にホテルや飲食業において使い捨ての包装紙等の使用が増えている。これは資源の浪費であり、プラスチック材料等の使用の増大によって「白色汚染」をも引き起こしている。3、廃棄物の混合収集によって資源が浪費されている。また無害化処分が難しい。4、ゴミ処分技術が低い、都市廃棄物資源化と無害化の水準が低い。5、国民の環境意識が低い。廃棄物問題において国民の意識は非常に重要な問題である。中国ではかつてより向上しているとはいえ、まだまだ人々の環境意識は低い。環境意識が低いことが企業による不法投棄や垂れ流しの原因となる。

 本論文では、日本における食品包装の概況と特徴を調べて、日本人のエコ意識を分析し、さらに中日の食品包装から両国のエコ意識を比較し、今後、日本におけるリサイクル社会の経験を検討した上で、中国におけるリサイクルの現状を明らかにし、中国社会におけるリサイクルの建設と発展が促進されることを期待する。

2.日本の食品包装の概況

 食品包装は、古くから人の生活と深く結びついてきた。狩猟・採取の時代では、水や食物を採取したり、運んだり、貯蔵したりするために天然の材料が利用された。農耕が行われるようになると、収穫物の貯蔵、分配、運搬のために、包装が必要不可欠のものとなった。現在においても、食品包装の機能は、基本的に変わっていない。しかし、産業が発展し、商業活動が活発となった現在では、包装されたものを保護する基本的な機能に加え、商品性や便利さを高めるための機能など、種々の高度な機能が要求されるようになった。

2.1食品包装の定義

食品は、生産されてから消費されるまでに、品質を保持し、劣化することもなく流通させなければいけない。また、どの年齢にも、どんな状況でも扱いやすいにユニバーサルデザインへの配慮や、環境への配慮、コストにも気を配る必要がある。使いやすさ、保存性、バリア性、消費のされ方など、そういったさまざまなポイントを追求して作られたのが、今日私たちの身の回りにある食品包装なのである。
 食品包装は、食品衛生法で「食品また添加物を入れ、または包んでいる物で、食品また添加物を授受する場合そのままで引き渡すもの」と定義されている。また、JIS[1]では、包装を「物品の輸送、保管、取引、使用などにあたって、その価値および状態を保護するために適切な材料、容器などを物品に施す技術および施した状態をいう」と定義している。

2.2食品包装の分類

JISでは、食品包装をさらに個装、内装、および外装に分類している。個装とは食品に直接触れる包装であり、缶詰・瓶詰めやレトルト食品の包装などがある。内装とは個装食品に対する包装で、個々の食品の個別商品化が行われる。最後に、外装とは木箱やダンボール箱などで、流通の簡便さを目的とするものである。

現在、食品包装は分類の方法の違いによって、異なる種類に分けることができる。たとえば、包装技術によって、真空包装、無菌包装、冷凍食品の包装、レトルト食品の包装などがある。食品包装の材料によって、材木、金属、紙、プラスチックなどに分けることができる。近年の石油化学の発展に伴って、各種のプラスチックが量産化され、大量生産・大量消費時代の食品の包装に利用されている。プラスチック材料には多くの利点があり、食品の包装材料として不可欠であるが、地球環境に対する影響を考えた場合、二つの問題がある。第一、プラスチックの原料は、通常、化石資源であること。化石資源は使用後燃焼させると二酸化炭素が発生し、地球環境にマイナスの影響を与える可能性が高いといわれる。第二、化石資源を原料とするプラスチックは、回収せず散らかす場合、きわめて分解しにくいことである。そのため、日本は「容器包装リサイクル法」が制定された。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接