日本のアイドルグループ文化ー人気アイドルグループAKB48を例にして;日本的偶像团体文化---以日本人气偶像团体AKB48为例毕业论文_日语毕业论文

日本のアイドルグループ文化ー人気アイドルグループAKB48を例にして;日本的偶像团体文化—以日本人气偶像团体AKB48为例毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

随着AKB48的流行,日本偶像团体走近了我们的视野,AKB48的成功有赖于秋元康出色的经营才华和独到的运行方式,也有日本经济大背景、传媒的兴起与发展和日本粉丝的支持和创造。

日本偶像团体文化有其独特之处。通过日本偶像团体文化可以深入了解日本的社会,文化及大众心理,对于日语学习者有帮助。本文在先行研究的基础上,通过对AKB48的研究,介绍了日本团体文化的特征及影响,并从经济文化等方面分析日本团体文化的形成。

关键词:偶像团体文化 AKB48特征 影响 形成

目 次

1.はじめに 4

2.AKB48から見たアイドルグループ文化 5

2.1 AKB48とは 5

2.2日本アイドルグループ文化の独特性 7

3.日本アイドルグループ文化形成の分析 9

3.1経済状況との関連 9

3.2マスメディアの発展 10

3.3ファンと価値共創 11

4.おわりに 13

参考文献 14

謝辞 15

1.はじめに

AKB48 は「国民的アイドル」として絶大な人気を誇っている。AKB48 の活躍もあり、現在日本ではアイドルブームとも呼ぶべき現象が起きており、メディアによってアイドル特集が組まれることも多くなった。本論では、AKB48 を研究対象としてアイドル文化の屈折の日本の社会と文化を調べる。

最初にこれまでのアイドル論の中でアイドル文化研究がどのように展開されていったのかを見てみる。アイドル研究としては稲増龍夫(1993)による『増補 アイドル工学』が有名である。稲増龍夫はこの中で、アイドルとメディア、プロダクション、ファンの関係性が時代状況の変化とともに変容してきたことを指摘した。

稲増龍夫は80 年代までのアイドル論を展開してきたが、太田省一(2011)による『アイドル進化論』は2000 年代まで網羅し分析している。稲増龍夫がアイドルを現象という大きな枠組みで捉えているのに対し、太田省一は個々のアイドルに対し細かく分析している。90 年代以降はアイドルの多様化が進んだが、その多様化されたそれぞれのアイドル群に対しても分析を行っている。

アニメ聖地巡礼とは「アニメ作品のロケ地、またはその作品・作者に関連する土地で、且つファンによってその価値が認められている場所を訪ねること」(山村・岡本・松本2008)である。これに対しアイドルグループ聖地巡礼は、出演番組やMV のロケ地、アイドルの出身地などのアイドルゆかりの地を巡ることである。 AKB48 にとって、AKB48 劇場は「聖地」である。ファンがこの場へ訪れる行為は、宗教における巡礼行為と同じ過程を踏むことからも、ファンの精神状態からも、「巡礼」と位置づけることができる。

太田省一(2011)はそれまでのテレビというメディアの枠内から離れられないアイドルとテレビという場を本質的に必要としていないAKB48 のファンの在り方が違うことを指摘し、「AKB に対してあれこれアドヴァイスをすることは、スタッフからも歓迎されている(中略)そのようにしてファンがAKB にコミットすることは、アイドルがアイドルであり続けるその〈過程〉を、ともに経験することを意味する。こうしてファンは、アイドルが成長し、人気者になっていくというストーリーの中で、ただ応援するだけというよりは、アイドル本人の希望や不安まで共有するような、パートナー的な存在になったのである」と分析している。

山村高淑(2011)は、コンテンツツーリズムの本質的な定義を、「地域やある場所がメディアになり、そこに付与されたコンテンツ(物語性)を、人々が現地で五感を通じて感じること。そして、人と人の間、あるいは人とある対象の間でコンテンツを共有することで、感情的繋がりを創り出すこと」としている。「特定のアイドルグループの存在により消費される情報内容」をアイドルコンテンツと定義する。

増淵敏之による「物語を旅するひとびと」はドラマやアニメなどの映像コンテンツだけでなく、小説や楽曲、歌枕といったコンテンツを使ったツーリズムについても分析している。この中で増淵は国土交通省総合政策局・経済産業省商務情報政策局・文化庁文化部(2005)が発表した『映像等コンテンツの制作・活用による地域振興のあり方に関する調査』から「コンテンツツーリズムの根幹は、地域に「コンテンツを通して醸成された地域固有の雰囲気・イメージ」としての「物語性」「テーマ性」を付加し、その物語性を観光資源として活用すること。

岡本健による「コンテンツツーリズム研究序説―情報社会における観光の新たなあり方とその研究概念の構築」が挙げられる。この中で岡本健はコンテンツの定義を「情報がなんらかの形で創造・編集されたものであり、それ自体を消費することで楽しさを得られる情報内容」であるとしている。

AKB48は、日本の女性アイドルグループである。秋元康のプロデュースにより、2005年12月8日に誕生した。AKB48 の活躍もあり、現在日本ではアイドルブームとも呼ぶべき現象が起きていて、メディアによってアイドル特集が組まれることも多くなった。本論では、AKB48 を研究対象としてアイドル文化の屈折の日本社会と文化を調べたいと思う。

論文を完成するにはまず大量の資料を調べなければならない。これらの資料は図書館かインターネットを利用して進みたいと考えた。そして、大量の資料を収集した上で、じっくり読んでから比べて、参考になる情報をまとめる。これらの情報を踏まえて、論文の執筆に着実に進めようと考える。

2.AKB48から見たアイドルグループ文化

2.1 AKB48とは

AKB48を代表した女性アイドルグループは日本アイドル文化の重要な構成部分である。「AKB48(エーケービーフォーティーエイト)」とは、「会いに行けるアイドル」をコンセプトとして2005 に結成された日本の女性アイドルグループである。作詞家、放送作家である秋元康がグループの生みの親であり、総合プロデューサーを務める。楽曲は全てオリジナル曲を使用し、作詞は秋元康が担当している。グループ全体での楽曲数は、シングル曲、劇場公演曲、派生ユニット曲などを合わせると、700 曲を超えている。AKB48 は東京、秋葉原に 「AKB48 劇場(エーケービーフォーティーエイトシアター)」という専用の劇場を持つ。AKB48 には、SKE4 8 、NMB48、HKT48、JKT48 といった「姉妹グループ」と呼ばれる仲間グループが存在する。姉妹グループは、それぞれ名古屋の栄、大阪の難波、福岡の博多、インドネシアのジャカルタに専用シアターを持ち、AKB48 同様、各専用シアターで劇場公演を行っている。AKB48 に姉妹グループを合わせると、そのメンバー総数は300名にも上るAKB48 には、大変ユニークなイベント、活動が数多く存在している。1 回だけ特別に行われた企画から、毎年恒例のイベントまで実に様々である。恒例行事として行われているイベントに焦点を当て、選抜総選挙、握手会、リクエストアワーセットリストベスト100、選抜じゃんけん大会の4 つ。

いわゆるアイドルグループ文化は人々が偶像崇拝のイベントの過程で創建したのを行っていて一連で思想、物質と財産と実践モデルの総計を含みを指します。アイドルは文化のキャリヤー、種類の文化の価値の追求を代表する。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接