家庭系ゴミの処理について——名古屋から南京へ 关于家庭垃圾的处理——从名古屋到南京毕业论文_日语毕业论文

家庭系ゴミの処理について——名古屋から南京へ 关于家庭垃圾的处理——从名古屋到南京毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

本文分析了在环保方面堪称世界典范的日本在城市生活垃圾处理上取得的成功。从相关法律,人们生活中的环保意识和行为以及日本专业的垃圾处理循环模式等方面进行了了解和探索。并以与中国南京互为友好城市的日本名古屋市为窗口,对近来南京面临的诸如雾霾等的恶劣环境问题,通过总结分析名古屋市的环境治理,从中得到启发,找寻南京为改善环境而该学习的地方。因为社会上的每个人都是从每个家庭中走出来的,在垃圾处理上,最重要的莫过于家庭生活垃圾的处理。通过家庭生活垃圾的处理,增强每个人的环保意识,如此一来,不管在什么地方做什么事情都会做到注意环保。进而带来可持续发展的循环经济。

关键词:环保 家庭垃圾处理 启发 循环经济

要 旨

本文はゴミ処理の上で、世界中でトップと言える日本の実績と経験を分析した。環境保護に関して、法律、人間の行為、意識とリサイクル処理という三つの方面から探求した。南京の姉妹都市である名古屋市を窓として、日本のごみ処理上で、南京市のごみ処理に役立つ実績と経験を探し出した。社会の人々は様々な家から出てくるので、ゴミ処理の上で、最も重要なのは家庭系ゴミの処理だと思う。家庭系ゴミの処理を通して、環境保護の意識をちゃんと覚えて仕事をするうちに、社会のどこでも何をしても環境保護に注意することができるだと思う。こうすれば、持続的な発展の循環型経済を齎すことができる。

キーワード:環境保護 家庭系ゴミの処理 啓発 循環型経済

目 次

はじめに 1

第一章 中国の家庭系ゴミの処理現状について 2

第一節 環境保護に関する法律 2

第二節 環境汚染の実例の紹介 2

第三節 南京における家庭系ゴミ処理の現状 3

第二章 日本の家庭系ゴミの処理の実績と経験 6

第一節 困難と対策 7

第二節 名古屋市の家庭系ごみの処理 8

第三章 南京市は名古屋市に学ぶべきもの 9

第一節 政策と法律 9

第二節 技術の革新 10

第三節 環境保護の宣伝 11

おわりに 12

謝辞 13

参考文献 14

はじめに

環境保護というのは、現実的で潜在的な環境問題を解決して、人間と社会環境の関係を調和して、経済の持続の発展を保障するためのさまざまな行動の総称である。急速な経済発展につれて、都市生活ゴミも急速に増加してきた。そして、環境の現状はとても深刻である。そのうえ、わが国の家庭系ゴミを科学的に処理するのが遅れているので、まだ色々な問題がある。

だから、環境現状を改善し、循環型経済と持続できる発展が実現できるために、有効な道を探さなければならない。南京は2014年の青年オリンピック運動会の開催都市として、世界各地からの観光客にきれいな南京を見せるために、当面の急務は環境状況の改善である。南京は日本の名古屋市とは姉妹都市関係を持っている。その名古屋市は、かつて環境問題に深く悩まされたことがあったが、政府と市民の共同の努力のもとで、長期にわたる有効で総合的な管理を通して、環境が著しく改善できた。そのため、環境現状を改善するために、名古屋市の成功から、正しいやり方がもらえると思う。

南京市の生活環境が近年来ずっと悪化している。とくに郊外の環境現状が心配される。南京が江蘇省の省都として、その環境状況は江蘇省全体に対するイメージにも関わっているので、改善しなければならない。そのうえ、南京が好きで美しくなるのがほしい。そして、2014年の青年オリンピック運動会で、世界各地からの観光客にきれいな南京を見せたい。

このテーマの研究を通して、南京の環境現状を改善する方法を探す。きれいな南京を作るのに自分の力を入れたい。研究をしているうちに、そばの人々に影響を与えて環境保護の意識を前より重視させている。ごみ処理上の経験者としての名古屋市からいろいろ学んで、そしてごみ処理上の交流を通して、両市さらに中日両国の友好を少し深くさせたいと思う。

第一章 中国の家庭系ゴミの処理現状について

第一節 環境保護に関する法律

中国では環境保護に関する法律がここ二十年来たくさんできてきた。例えば、1995年に公布した「固体廃物環境汚染対策法」、2002年の「クリーン生産促進法」や2008年の「リサイクル経済促進法」などである。南京市は2000年にゴミの分別収集の試行の都市として確立された。2011年に南京市の都市管理区は「南京市生活ゴミの分別収集の試行案」を公布した。2012年、南京政府は「南京市“十二五” 都市管理計画」を公布して、ゴミの分別収集のレベルを高めるという目標を明確に提出して、ゴミ処理のリデュース、資源化と無害化を推し進める。

客観的に言えば、我が国は家庭系ゴミ処理に関して法律を一応公布して、その上、一部分の法律は循環型経済の理念も含めているが、まだいろいろな問題がある。主なのは二つある。一つは、基本的な法律は明確ではないことである。もう一つは、大部分の法律は抽象的すぎて、または原則的なものだけいっぱいあって、細かいところには及ばないということである。[1]だから、法律が実行しにくくなる。最後に、ゴミ処理の効果も全然出ない。

第二節 環境汚染の実例の紹介

1.三門峡の汚水事件

 経済の発展につれて、三門峡ダムの上流からいくつかの企業の工業汚水排出と黄河に近くの町の生活汚水排出は年々増加している。2003年に、黄河は記録上の最も深刻な環境汚染事件が発生した。三門峡ダムの排水は、醤油のような色が現れた。水質はv類に悪化して、名実相伴った「ひとつの汚水ダム」になった。皮肉なことに、「万里黄河第一ダム」という美称がある三門峡に近いが、生活するために市民は山から運ばれたきれいな水を買わなければならないのである。

2.無錫太湖の藍藻危機

 2007年、無錫の太湖は藍藻危機が爆発した。無錫の市民は安全な水も取れなかったので、スーパーやコンビニなどにあるペットボルト飲用水は瞬間的に買われてしまった。調査部門によると、この突発の汚染事件の主な原因は二つあったそうである。一つは、そのあたりにいる住民たちの生活汚水を不合理的に排出したことである。これらの汚水は基本的に有効な処理をしないまま、直接に太湖に排出した。もう一つは、農業のせいである。例えば、化学肥料の過量使用、養殖工場の養殖汚水は処理されずに排出したことなどである。

 この二つの典型的な汚染事件から、次のような結論が出る。それは経済発展のスピードと汚染処理のスピードとは相応しくないことと人々には家庭系ゴミを処理して排出する意識がまだ弱いということである。でも、私から見れば、これは市民が正しい指導を受けてていないからだと思う。

第三節 南京における家庭系ゴミ処理の現状

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接