『伊豆の踊子』における平等意識に関する考察 关于《伊豆舞女》中平等意识的考察毕业论文_日语毕业论文

『伊豆の踊子』における平等意識に関する考察 关于《伊豆舞女》中平等意识的考察毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

川端康成是日本新感觉派的创始人和主要作家。1968年以其精湛的小说技巧和对东方美学的独特感悟获得了诺贝尔文学奖。他的作品描写细腻,感情真挚,被认为是日本传统文化精神和现代意识的完美融合。《伊豆的舞女》既是他的早期代表作,又是他一生中最具特色的作品之一。《伊豆的舞女》与川端康成其他的获奖作品《雪国》、《千纸鹤》一样,都是世界文学史上不可多得的文化瑰宝。

虽然关于《伊豆的舞女》的先行研究不胜枚举,但是反映川端康成思想意识的论文却极其稀少。独特的成长背景对川端康成的创作风格有巨大的影响。作品就如同镜子一般,是作者精神世界的最好反映。所以,本稿以《伊豆的舞女》为研究对象,探究作品的主题。

首先,概述《伊豆的舞女》的创作背景和作者的成长背景,并分析川端康成“孤儿根性”和“被恩惠意识”的性格特点,为后文的论证提供充实的理论基础。

其次,在对小说进行深入解读的基础上,分析小说中人物间的身份差异、作品中民主思想的自然融入以及作者细腻的心理世界。

最后,是对平等意识形成原因的探究和总结。这部分通过“我”与川端康成的人物转换、作者的孤儿根性和被恩惠意识,分析平等意识形成的原因,并对男女主人公之间的关系进行了新的定义。

关键词: 《伊豆的舞女》 川端康成 矛盾 孤儿根性 平等意识

要旨

 川端康成は日本新感覚派の創建者と代表作家である。1968年に彼は優れた小説の技法とユニークな東方美学の感悟によって、ノーベル文学賞を受賞した。彼の作品は繊細で、誠実な感情描写に富んで、伝統文化と現代意識の完璧なブレンドであると考えられている。『伊豆の踊り子』は、川端氏の若い時の代表作品であり、一生においても、独特な作品である。川端康成の受賞した作品『雪国』、『千羽鶴』と同じく、芸術として、全世界の文学界の中でも得難い貴重な宝物である。

 川端康成及び『伊豆の踊子』についての先行研究は広範囲に及んでいるが、表れた平等意識の研究は手薄のようである。独特な経験が川端の文学創作に大きな影響を与えて、作品は作者の精神世界が映っていると考えられる。そして、本稿では『伊豆の踊子』を対象に、一定の調査に基づいて主に川端の成長背景の特徴を分析し、作品の主題を考察する。

 まず、『伊豆の踊り子』の創作背景と作者の成長背景を紹介した。川端康成の「孤児根性」と「被恩恵の根性」を分析し、後の論証内容に理論基礎を提供する。

 それから、小説と先行研究を深く解読した上で、人物間の身分差別、民主思想を作品に融合させることや細かい心理特徴などの内容を分析した。

 最後、平等意識の形成要因を探究する。この部分は、「私」と川端康成の人物転換、孤児根性と被恩恵の根性を通して、平等意識の原因を探し出してみる。その上、「私」と踊り子の関係を改めて定義してみる。

キーワード:川端康成 『伊豆の踊り子』 矛盾 孤児根性 平等意識 

目次

はじめに 1

第一章 川端康成について 3

第二章 『伊豆の踊子』の創作背景とあらすじ 4

第一節 創作背景 4

第二節 あらすじ 4

第三章 『伊豆の踊子』における平等意識 5

第一節 「私」と旅芸人の身分差別 5

第二節 「私」の平等意識 7

第四章 平等意識の形成要因と「恋」の新しい定義 8

第一節 平等意識の形成要因  8

第二節 「私」と踊り子の関係に関する新定義 9

おわりに 11

参考文献 12

はじめに

1.研究動機

 川端康成が作家として出発したのは『文芸時代』に発表した『伊豆の踊子』である。旅芸人の踊り子たちとエリートの一高生という階級格差を超えた人間同士の平等的な付き合いを通して、温かさを感じ、孤児根性から脱出した。『伊豆の踊子』の原作を読み、川端の潜在意識にある平等観について考察しようと思う。

2.先行研究

 林武志は『川端康成の人間と芸術』の中で、作家の孤児身分を重視した。最初、「私」が「旅芸人」の後ろにくっついていたのは、踊り子に美しい容貌に引かれたからである。しかし、踊り子がまだ子供であることが分かった後で、芸人との仲が一層良くなった。それは、「私」が芸人間の「擬家族」情に引かれたからだと述べた。林武志はその点で、「孤児根性」が主題の肝心であると提出した。

 その上、長谷川泉は『伊豆の踊り子』の創作動機が明らかにした。彼は「『伊豆の踊子』の創作動機」の中で、『伊豆の踊子』は川端康成の失敗した恋愛をもとにしてできた作品なのである、と述べている。文章には『湯ケ島での思い出』を執筆する時の川端康成の気持ちの重要さが強調された。長谷川泉は、川端康成は伊藤初代との実らない恋で苦しんでいる苦境から脱出しようと思えばこそ、湯ケ島温泉へ心の傷を洗いにいくことに決意し、『伊豆の踊子』を書くことになったのである、と説明した。

 周晓瑜は「川端康成の代表作——『伊豆の踊子』に関する分析」(《浅析川端康成的代表作品—〈伊豆的舞女〉》)一文で、川端康成の成長背景と創作動機を分析した。「私」と踊り子の感情は単純な愛情ではなく、平等関係に基づいての純真な友情であると論じている。周氏の考え方は筆者に大きな啓発を与えてくれた。

 何乃英は「『伊豆の踊子』に関する分析」(《〈伊豆的舞女〉探析》)一文で,『湯ケ島での思い出』と『少年』の執筆時の川端の気持ちの重要さを強調した。作品の創作の由来、執筆の過程、思想の内容などにおいて全面的な分析をし、筆者に詳しく理論を提供した。 

3.研究方法

本稿は川端康成の早期代表作の『伊豆の踊子』を中心に、一定の調査、分析と整理を合わせ、研究を展開しようと考える。筆者は作家論にしても作品論にしても多くのデータを収集した。それから、他の文献資料を参照し、より具体的に主題を探究してみたい。主人公間の身分差、人物像の転換、作家の成長背景などを分析した上、本作品における美を鑑賞する同時に、文章に現れた平等意識を考察したい。作品に現れた身分差と恋の矛盾を重視し、孤児根性を結んで川端康成の思想意識を分析してみたいと思う。

          第一章 川端康成について

 川端康成は1899年6月14日に大阪市に生れた。二歳の時に父が死去、三歳の時母も亡くなり、孤児となった。彼は祖父母に引き取られ、一绪に三島郡豊川村に移った。しかし、7歳の時祖母が、10歳の時には别离していた姉が死亡した。15歳の時祖父も死去したため、寂しく暮らし始めた。
 1917年に卒業すると上京し、浅草蔵前の従兄の家に居候し、予備校に通い始め、第一高等学校の一部乙、英文科に入った。後年『伊豆の踊子』で書かれる旅芸人とのやりとりは、翌年の秋に伊豆へ旅行した時のものである。その後10年間、伊豆湯ヶ島湯本館へ通うようになった。
 1920年に卒業し、東京帝国大学文学部英文学科に入学した。1920年、今東光、鈴木彦次郎、酒井真人らと共に同人志『新思潮』(第6次)の発刊を企画した。また、英文学科から国文学科へ移った。1921年『新思潮』を創刊し、同年そこに発表した「招魂祭一景」が菊池寛らに評価され、1923年に創刊された『文芸春秋』の同人となった。1924年、横光利一、片岡鉄兵、中河与一、佐佐木茂索、今東光ら14人とともに同人雑誌『文芸時代』を創刊した。同雑誌には『伊豆の踊子』などを発表した。

 1927年、処女短篇集『感情装飾』を刊行した。同人雑誌『手帖』を創刊し、のちに『近代生活』『文学』『文学界』の同人となった。『雪国』『禽獣』などの作品を発表し、1944年、『故园』『夕日』などにより菊池寛賞を受賞した。このころ三島由紀夫が持参した『煙草』を評価する。『千羽鶴』『古都』などの名作を上梓しながら、一方で1948年に日本ペンクラブ第4代会長、1958年に国際ペンクラブ副会長に就任する。1957年に東京で開催された国際ペンクラブ大会では、主催国の会長として活躍し、その努力で翌年に菊池寛賞を受賞した。1963年には、新たに造られた日本近代文学館の監事となった。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接