宮崎駿作品に見られる自然観の変化宫崎骏作品中体现出的自然观的变化毕业论文_日语毕业论文

宮崎駿作品に見られる自然観の変化宫崎骏作品中体现出的自然观的变化毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

20世纪80年代,宫崎骏凭借其作品树立了不可撼动的动漫界大家的地位。从《风之谷》到《幽灵公主》、《悬崖上的金鱼姬》,宫崎骏的作品总是包含了很深的内涵。

本稿通过对宫崎骏作品的分析,了解作品中的自然观,并且试着研究随着时间的流逝,自然观的变化。也就是,根据宫崎骏的作品,能够看到,从人与自然对立关系,到不能够绝对地和平相处,再到能够以一种和平的方式相处的变化。为此认为应该再次深入探讨人与自然的关系。

【关键词】:宫崎骏、动画、自然观、变化

目 次

はじめに 1

1.1問題提起 1

1.2先行研究 1

1.3研究目的と研究方法 4

2.0 80年代の『風の谷のナウシカ』における自然観 4

2.1『風の谷のナウシカ』について 4

2.2 登場人物に対する分析 5

2.3 『風の谷のナウシカ』における自然観 6

3.0  90年代の『もののけ姫』における自然観 7

3.1『もののけ姫』について 7

3.2 登場人物に対する分析 8

3.3『もののけの姫』における自然観 9

4.0 21世紀の『崖の上のポニョ』における自然観 10

4.1『崖の上のポニョ』について 10

4.2 登場人物に対する分析 10

4.3 『崖の上のポニョ』における自然観 11

終わり 12

参考文献 14

謝辞 14

はじめに

1.1問題提起

宮崎駿は東京府東京市の生まれである。日本のアニメーション作家、映画監督、漫画家である。「アニメーションを人文の高度へ上がった思想者で、同時に日本3代のアニメーション監督の過去を継承して未来を開く精神支柱である」[1]といわれている。宮崎駿は鮮やかな映像風格、美しい物語、特別な想像力ときびしい思考でユニークな美学を現れた。宮崎駿は日本アニメ界の黒沢明と称える。彼の作品は憂い情感基調と深い思考で有名になる。彼は質素な言葉と簡単な筋を通して意味があるストーリをスケッチできる。全ての作品の題材が異なるが、自然、人と夢などの元素を含む。特に宮崎駿は人類と自然の不調和で心を引かれ、環境保護意識に基づいて、強い責任感を一身にして、そのアニメ創作の中で人と自然の関係のテーマをもっともよく表現してきた。

1.2先行研究

1984年に出版された『風の谷のナウシカ』は第一部の本格な意義の上の宮崎駿作品であると言える。その映画は宮崎駿映画の幕をあけ、宮崎駿アニメの深い感情の主旨に定めた。巨大で怪しいオーム、胞子植物がはびこる世界、時間が人類が誕生前に引き返すらしい。しかし、映画のはじめは物語が巨大的な工業文明崩壊一千年後に起きることにある。千年後の人間は自然とどう付き合うのか、よく知らない。自然は人類に壊されてしまったので、自分らしい形式で自分を保護し、環境を浄化していることは人類は知らないで自然と無理に対峙した。人と人の戦争、人と自然の戦争は止まらない。『風の谷のナウシカ』に宮崎駿は流離たる思想者と執着心がある人の姿で出た。その映画の内包は世間の人をびっくりさせる。その作品は一時のインスピレーションではなく、反省からの積み重ねる著作であるといわれている。映画が上映される前に、連載の漫画として自然の要素とモデルがあることは、誰でもよく知っている。破滅に瀕しているふるさと、無知で欲張りな要求、美しくてもろいユートピア、人間と自然のコミュニケーションの橋になる純粋な少女、自然と生命体の怒りと血まみれの殺戮などは宮崎駿の個人的な特徴にあふれている。人と自然の戦争はどのように解決できるのか。神様を借りて結局を作った。              

『もののけ姫』は、宮崎駿によるスタジオジブリの長編アニメーション映画作品である。1997年に公開された。森を侵す人間たちとあらぶる神々との対立を背景として、狼に育てられた「もののけ姫」と呼ばれる少女サンとアシタカとの出会いを描かれた。宮崎が十六年も構想し、制作に3年もかけた大作である。無口で正義感が強いエミシ一族のアシタカはタタリ神の呪いを取り除くために、古里を離れて救い方を探し求める同時、エボシを代表して人間と自然の戦争に巻き込んでしまう。アシタカは力を尽くしてその戦争を制止したいが、失敗だった。最後、人類と自然とともに痛手を受け、双方は精根尽き果ててしばらく平和に達成した、という粗筋である。作品は予言性質があり、表した危機は今の時代に少しずつ現実になった。人類は過度に自然を開発しながら人類自身の生存環境を破壊しました。映画のアシタカは人と自然の調和のとれた局面を作ってみて、シシ神に返しなくてはいけない、彼の行為は悲劇化である。自然秩序はもう壊され、回復できなかったので人類と自然の矛盾は解消できない。アシタカはサンの愛を得なく、大多数の賛成をもらわなかった。板挟みであり、どうしたらよいかわらない彼はちょうど宮崎駿本人が自然にあいにくの態度を言い表したいのである。そこで、『もののけ姫』は人と自然に一曲悲しい歌である。

『崖の上のポニョ』はスタジオジブリ制作であり、宮崎駿監督の長編アニメーション映画である。宮崎の長編監督作品としては2004年の『ハオルの動く城』の以来4年ぶり、原作、脚本、監督をすべて担当した2001年公開の『千と千尋の神隠し』の以来7年ぶりの作品である。あらすじは以下のようにある日、クラゲに乗って家出をしたポニョは人間の住む港に近づいている。漁船の引き網と海底のゴミにぶつかってしまい、瓶に頭を使えて溺れてしまう。崖上の一軒家に住んでいる少年の宗介は海岸に打ち寄せられたポニョを見つけ、瓶から救出してきた。二人は互いに好意を抱き、ポニョは父によって、海に連れ戻されてしまう。

しかし、人間になって宗介と一緒に暮らそうとするポニョは、妹たちの力を借りて父の魔法を盗み出し、宗介の元へ戻った。ポニョの母は、ポニョの思いを知り、古い魔法で人間にしてやることを考える。それは、もし宗介の心が揺いで失敗すれば、ポニョが泡となってしまうものであった。ポニョと宗介は旅の末に、グランママーレの元にたどり着き、その問題(「ポニョの正体が半魚人でも好きか」「人間になることで魔法を失ってもよいか」)に答える。宗介の好きで古い魔法は成功し、ポニョは人間になった。人間と自然は平和に付き合いができる。これは宮崎駿の漫画計画本である。新聞取材、文章あるいはほかのあいさつを総括しました。宮崎駿のことに研究によい資料である。宮崎駿の作品は、最初の長編映画『忠犬蔵』から最後の長編映画『風立ちぬ』まで、日本語の学習者にとって、よく知っているはずであろう。それらの作品に自然観の元素をいろいろ含まれていると思われる。日本人の自然観については、いろいろと先行研究指摘た。ただし、宮崎氏の自然観はどのような特徴があるのか、そして、その観点はどのように変えってきたのか、もし変えれば、どのような変化過程をすぎているのか、以上の問題点について、まだ触れていないようでろうと考える。

1.3研究目的と研究方法

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接