「半沢直樹」から見られる日本人の性格傾向从日剧《半泽直树》看日本人的性格倾向毕业论文_日语毕业论文

「半沢直樹」から見られる日本人の性格傾向从日剧《半泽直树》看日本人的性格倾向毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

随着社会不断地发展,现在日本人的性格也在不知不觉的发生着变化。充分的了解日本人的性格可以说是研究日本文化、社会及经济发展的重要一部分。

最近,一部有关在泡沫时期入职东京中央银行的银行职员“半泽直树”揭露银行内部不正当行为的日剧《半泽直树》取得了超高的收视率。本篇论文想通过《半泽直树》来分析日本人的性格倾向。通过对《半泽直树》的研究,得出了以下结论。日本人的性格具有认真,二重性和集团性三个特征,并且当代的日本人正在由集体主义向个性化主义改变。通过本论文,会对日本人的性格有更深入的了解,而且,在和日本人相处时也能助一臂之力。

【关键词】:半泽直树 日本人 性格倾向

目 次

はじめに 1

1.1問題提起 1

1.2先行研究 1

1.3研究方法 3

2.0ドラマ『半沢直樹」の紹介 3

2.1ドラマ『半沢直樹」のあらすじ 3

2.2超高聴視率が取られる原因 5

3.0登場人物の性格分析 7

3.1ネジ―「半沢」の執着とまじめ 7

3.2アグレッシブとやさしい―二重性格 7

3.3集団を守る―日本人の本能 8

4.0日本人の性格分析 9

4.1日本人の性格 9

4.2当代日本人の性格変化 12

おわり 14

参考文献 15

謝 辞 16

はじめに

1.1問題提起

 社会絶えずの発展にしたっがて現在の日本人の性格が知らず知らず変えている。十分に日本人の性格を了解するのは日本文化、経済、社会発展の研究の肝心な一部だと言える。

 最近、バブル時期産業中央銀行に入行した銀行員「半沢直樹」は銀行内部の不正を扱ったという日本ドラマ『半沢直樹」は超高聴視率を獲得した。本稿は『半沢直樹』によって日本人の性格傾向を分析してみる。日本人はどんな性格があるのか、日本人はどのような性格に傾くのか、追究したいと思っている。本稿を通じて、日本人の性格はより深く了解できる上に、日本人と付き合う場合、一助になるのではないかと思う。

1.2先行研究

 李(2010)は日本人の社会文化心理を分析し、中日両国文化の異同を掲げた。さらに、日本の地理、歴史、文化背景などの方面から日本人の曖昧な性格の原因を研究した。とにかく、日本人の性格に対する批判的な態度を持つといえるだろう。

『菊と刀』は日本人の矛盾な性格を象徴しているといわれている。つまり、日本文化の両面性でもある。この本は第二次世界大戦後作成されている作品である。作者は文化ジャンルの理論をふまえて文化人類学の方法を運用し、二戦の際、米国に拘束された日本人を調査対象として、そのうえに大量の書籍と日本文化に関わる映画を研究してから報告を作り出した。

長谷川(2005)は日本社会の身分意識と習俗を分析し、日本人の幼児と大人のしつけにおける無持続的なことは矛盾性格を形成する肝心な原因であるということを指摘した。また、日本文化の特徴は「恥文化」であり、欧米の「罪文化」と異なり、その強制力は人の内心になく、社会にはあるだと思われる。

 松本(2004)は現在の日本の複雑な社会状況を掲示した。最近の研究調査によって今の若い日本人がもう伝統的な文化を持たなくなったという結論を得た。同時に、このような変化の発生原因と日本の直面する問題を分析した。作者は今の日本人がますます欧米人のように個人主義精神に富むようになっているだと思った。今の日本文化は迅速に移り変わっている。すなわち、「低い資源人口密集型」の文化から「高い資源人口密集型」の文化まで変えていくる。そこで、日本伝統な集団主義文化は個人主義と集団主義が共存する二元文化へ転換していくという観点を示した。
 日本での有名な栄格心理分析師である河合隼雄(2007)は、ユーモアがある日本の民間伝説と作り話を解読することに目を向けて、日本と世界の伝説区別を分析した。また、心理学の角度から日本特有な文化、日本人の心理構造、人類の心理意識と意義を研究してみた。河合は「乙姫」、「浦山太郎」、「人と自然」などすばらしい伝説があげられた。たとえば、「自己意識を持っている女性」伝説にはきちんと女性意識と視野を開拓した。日本社会のおもての構造は父権傾向の権威社会であり、さらにもっとも深い構造からみて、相当に女性化の柔軟な社会であるということを指摘した。

湯(2008)は一連最近流行りの言葉を紹介した。たとえば、「かわい」、「お宅」、「腐女子」、「純愛」など。それとホンコンの文化を結びつけて比較してみた。バブル経済が勃発した後で、文化アイディア産業の開発は日本経済が回復する重要な原因となったということを述べた。また、インターネットやネットゲームや欧米文化などの新型文化の影響を受けた若い日本人の考え方は日々変わている。同時に、純愛アニメであれ、ネットゲームであれ、それらも日本人がストレスを発散する一種の方法となると思われる。

王志強(2006)は詳しく伝統的な日本人の意識を説明し、集団意識、曖昧な態度、美意識,武士道精神などの特徴を研究した。また、日本人は真似と学習が得意であるだと思われる。具体に、なにもかもまねしでなく、まず身にしみて感じ、これは自分にとって本当に実用かどうかと考える。それから、最善を尽くして完成する。それで、日本人は文明と理論の深さが乏しいことが見える。

1.3研究方法

本稿はおもに日本ドラマ『半沢直樹』をめぐって作成されたものだから、主人公の言語特徴、心理活動と物事の扱う方法によって主人公性格を分析し、それから主人公の性格を通じて日本人の性格を研究してみる。研究導入部においては、日本社会の現状と文化背景の先行研究は不可欠である。そのため、日本社会と文化に関わる内容を踏まえながら、インタネットで情報を利用して本研究を進めていこうと思う。

2.0ドラマ『半沢直樹」の紹介

2.1ドラマ『半沢直樹」のあらすじ

 日本TBSテレビ系が2013年7月7日、日曜日劇場に(21:00 ― 21:54、JST[1])放送したドラマ『半沢直樹』は最終回の視聴率が42.2%にも達し、今年に入り放送された日本ドラマの超高視聴率も更新された。主人公「半沢」のセリフ「やられたら、やり返す!倍返した!」はすでに流行語になったと聞いている。「半沢直樹」はいったいどのようなドラマであろうか。より深く探究しなくては分からないと思う。

 『半沢直樹』は、池井戸潤[2]による小説『半沢直樹シリーズ』のテレビドラマ化作品であり、同作の主人公の名称である。「オレたちバブル入行組」をベースとする第一部・大阪西支店編と、「オレたち花のバブル組」をベースとする、第二部・東京本店編の前後編二部構成されている。

 第一部(1―5回)は大体そのストーリーを述べてみよう。昔、「半沢」の父親が経営するネジ工場の経営か傾き、当時の産業中央銀行から融資を止められ、父親が自殺してしまた。その敵討をするため、あえて産業中央銀行に入行することを決めたのだ。バブル期(1992年)、慶応義塾大学を卒業した「半沢」は願いどおりになって産業中央銀行に勤めていた。その後、「半沢」が入行した産業中央銀行が高額の不良債券を負って生存していくために、2002年に東京第一銀行と合併して世界の第三大銀行になった東京中央銀行に勤めを続けた。しかし、銀行の内部は旧産業中央派と旧東京第一派の派閥争いを繰り広げられていた。大阪西支店で融資課長として勤める「半沢」は、支店長の「浅野」の強硬な指示の下で西大阪スチールに無担保で五億円の融資を与える。「半沢」は「十分の審査が必要だ」と主張するが、浅野の「私が!全責任を持つ。」ということを軽く信じて融資保証契約を締結した。その後、優良企業と思われていた西大阪スチールは粉飾決算が発覚されて倒産した。社長の東田が雲隠れし、五億円の損失を出してしまう。支店長が責任を逃れるため上層部に根回しを行い、「半沢」にすべでの責任を負わせることを企む。もし五億の回収に失敗すれば、「半沢」は地方に島流し[3]にされてしまう。「半沢」は社長の東田がハワイに5000万の別荘を持っていることを調べてこのブロバディを回収するつもりだが、国税局の黒崎が先を争って回収し、「半沢」は窮地に追い込まれる。その後、「半沢」は積極的に東田の色女藤沢未樹と接触し、東田の隠し口座の財産を凍結し、みごとに五億の融資を回収した。その中で、自分の上司である浅野が東田と繋がりを持っていることを突き止める。すべでの糸を裏で引いていたのは上司の浅野だった。犯罪を告発しない価値として浅野は「半沢」が東京本部の経営第二部に異動されて次長になる。それに、融資課の全員が希望のポストにつける。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接