日本の原子力利用の現状から見られる日本のエネルギー危機/从日本核使用现状看日本的能源危机毕业论文_日语毕业论文

日本の原子力利用の現状から見られる日本のエネルギー危機/从日本核使用现状看日本的能源危机毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

作为人类文明的一种符号,能源伴随着人类历史的发展而变化。日本是能源稀少的国家,其能源几乎都依靠国外能源的进口,自给率仅为20%(含核能)左右,若除去核能,其自给率仅为4%左右。一直以来,日本对石油能源的依存度很高,因此,近些年来,日本为了限制化石燃料的消费而大规模地开发和使用核能。

然而,自11年东日本大地震发生至现在,日本面临着超乎想象的挑战,其中之一就是一直以来极为重要的能源战略在福岛核电站事故中土崩瓦解。

在日本,通常认为可以通过保留核能技术的同时,寻求化石燃料的引进途径并紧急开发再生资源的方法来应对能源危机。

本论文中,主要阐述和分析了日本的能源、尤其是核能的使用现状及其出现的问题,并由此探讨了日本能源危机对策和对中国能源使用开发的启发。

关键词:核能、现状、能源危机、对策、启发

目次

1.はじめに 1

2.日本の原子力利用の現状と問題 4

2.1日本の原子力利用の現状 4

2.2日本の原子力利用の問題 5

3.日本のエネルギー危機の対策 7

3.1原子力に対する日本政府の意見 7

3.2新エネルギーに関する政策および開発 9

3.3日本の新エネルギーの発展からの啓発 11

4.おわりに 13

参考文献 14

謝 辞 15

1.はじめに

エネルギーについては、『広辞苑』はその定義をこう言う。物理的な仕事をなし得る諸量の総称。物体が力学的仕事をなし得る能力の意味であったが、その後、熱・光・電磁気やさらに質量までエネルギーの一形態であることが明らかにされた。

エネルギーは再生可能エネルギーと再生不可能エネルギーに分ける。石炭、石油、天然ガスなどは再生不可能なエネルギーで、窗体顶端

太陽エネルギー、風力エネルギー、原子力などは再生可能なエネルギーである。

エネルギーは、人類の文明の一つの記号として、人類の歴史の発展に伴って変化している。21世紀の入ってから、人類はもう柴や草、石炭、石油の三つのエネルギーのほかに、天然ガスなどによって、人類歴史の上の前例のない物質的文明を始めた。しかし、大量の化石燃料を採掘しての同時に、エネルギーはまもなく枯渇することが人間がやっと気付いた。今石油は30年ぐらい採掘することができる。その上、石油は主に中東地域に集中して、石油の利益のために発生する戦争と紛糾がよく起こる。石炭も2百年しかない採掘量になる。今はエネルギー転換の重要な時期に直面していて、石油主導の世界経済もきっと石油の資源の減らしに従って、歴史の舞台から離れる。

経済発展と人口成長の影響により、世界の伝統エネルギーの消耗量が増える一方である。世界の経済規模が膨大していくにつれて、世界エネルギーの消耗量は増え続けている。統計によると、1973年に世界は57.3億トン相当の伝統エネルギーを消費したが、2007年に111.0億トンのTOE相当のエネルギーを消費した。過去30年間余りの間で、年間消耗量は二倍増になり、平均伸び率は年に1.8%ぐらいになる。このような発展の勢いでは伝統エネルギーの値上げは必然になる。一方、伝統エネルギーを基盤にする伝統経済もショックを受けることになる。

さて、日本のエネルギー、特に原子力利用の現状はどうであろうか、これからどう対応すべきかを次に検討していきたいと思う。

2.日本の原子力利用の現状と問題

2.1日本の原子力利用の現状

最近の半分世紀以来、日本の経済は急速に発展した。今まで米国、中国の後で、世界の第3大国になっている。この驚異的な経済発展のスピードの中で更に科学的な発展のエネルギーの理念が隠されている。自分でエネルギーを提供するのは難しい国なのに、経済発展のため、十分なエネルギーを提供しなければならない。変化して世界のエネルギーの市場の中で、日本はエネルギーの構造の多元化を実現して、それからエネルギーの構造の現代化を目指してきた。日本は今、世界第4位のエネルギー消費国になった。

戦後の初期、日本は国内外のエネルギーを利用することを通じて、エネルギー不足の危機を克服した。戦後の初期の20年、日本は生産の面で、多くの戦勝国を越えた。戦後の石油危機の後で、水力と国内の太陽エネルギーなどの資源を開発して、原子力は初歩的な発展があって、エネルギーの多元化の新しい時代に入った。また、強力的に原子力を開発することで、石油危機の持ってくる圧力を基本的に緩和し、経済発展を保障した。

日本の一次エネルギー消費量の移り変わりについてであるが、1960年代の高度成長期に安価な石油をたくさんに輸入するようになり、1970年頃にはエネルギーの70%以上を海外から輸入されてくる石油に頼っていた。しかし、オイルショックによって石油が手に入りにくくなったことをきっかけに省エネルギー、そして石油に頼らないエネルギー供給が考えられるようになり、現在では石油の比率は60%以下に抑えられている。

また、石油の利用が減る一方、天然ガスと原子力の消費が増えていることからも、いろんなエネルギーが使われるようになってきたことが分かる。天然ガスは、石油代替エネルギーとして国の基幹エネルギーに位置づけられ、エネルギーの安定供給·地球環境問題の面から見ても新エネルギーと並んで今後ますます供給源のかなめとして、期待されている。 

石油危機を契機に脱石油を図り、原子力開発と電源の多様化に取り組んできた。現在CO2削減とエネルギー・セキュリティに向け、原子力発電の一層の開発が課題である。

しかし、東日本大震災発生から現在まで、日本はこれまでの想像を超えるチャレンジに直面してきた。その1つは、日本の今後において重要な鍵を握るエネルギー戦略が、福島の原発事故とともに根底から覆されたことだ。

原発は地震、津波などの自然災害で危ないから、脱原発という動きが出てきた。しかし、今日本にあって、17か所55基の原子力発電所は運行した。その他に建設の中の発電所の2基がまだいて、11基を準備して建設しる。脱原発といっても、今は全部閉鎖することが不可能であろう。

福島の事故後、日本は今一度エネルギー戦略の岐路に立っている。国内では脱原発感情が高まっているが、日本が原発を維持する切実かつ現実的な理由もあるという。

今後の日本は、多くの関係者が想定するよりも原子力発電への依存度が高レベルに、再生可能エネルギーが電力供給に占める割合は低レベルに留まるという現実に直面するだろう。それにより、低環境負荷エネルギーの利用や、エネルギー安全保障の強化といった取り組みは期待にそぐわないものとなることが予想される。

エネルギー政策基本法に基づき、「エネルギー基本計画」を策定(2003年)した。その後、2007年及び2010年に改定。内容は以下のようである。

①エネルギー基本計画(2003年)

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接