日本の男女言葉遣いの変化に関する考察/关于日本男女用语变迁的考察毕业论文_日语毕业论文

日本の男女言葉遣いの変化に関する考察/关于日本男女用语变迁的考察毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

日本语言中有男女差异,女性用语和男性用语可以说是日本的一大特色。男性用语和女性用语是日本语言中的主要特征。在日本语言文化研究中,女性用语具有独特的地位。女性用语和男性用语相比,语言词语优雅,语调婉转。但是,近年来随着经济发展,女性地位不断提高,提倡男女平等,将来也许男女用语区别会消失。这种时代发展变化趋势同样反映了日本社会发展的轨迹。本稿通过对男女用语变化的研究,以期可以对日本文化有更好的了解。

关键词:男女用语 差异 变迁

目次

1.はじめに 1

 1.1 問題提起と本論の目的 ………………………………………………2 1.2 先行研究 …………………………………………………………………3

 1.3 本論の研究方法と手順 …………………………………………………4

2.男性用語と女性用語の変遷 5

3.男女言葉遣いの区別

3.1 音調、音声について 6

3.2 語彙について 7

3.1.1 人称代名詞 8

3.1.2 感嘆詞 9

3.1.3 終助詞 10

3.3 文法、表現スタイルについて 11

3.4形成原因 12

3.4.1 生理的要素 13

3.4.2 心理的要素 14

3.4.3 社会的要素 15

4.現代における男女のことばの変化について 16

5. 終わりに 17

参考文献 18

謝辞 19

1. はじめに

1.1  問題提起と本論の目的

 世界ではさまざまな言葉がある。世界各国の言葉には、それぞれの原因によって、男性と女性は言葉遣いについて、さまざまな区別がある。四年間の間に日本語を勉強して、日本の男女の言葉の区別が目立っていることに気づいた。男性用語と女性用語の区別があるのは日本語の主な特徴である。日本語能力を身に付けるため、また、中日国民の相互理解を一層深く促進しようと思ってこの課題に取り掛かった。本論では女性用語と男性用語の分類と分析を通じて、男女用語の形成、発展とその社会的、心理的原因を探ろうと思う。男性用語と女性用語の研究を通して、日本の文化と社会もっとよく理解することを目指している。

1.2 先行研究 

 まず、金田一春彦の『日本語概説』によって、古代には、男女によることばの違いは、あまりなかった。『源氏物語』でも男女による言葉の違いは、あまり見られない。大野晋氏によれば、『万葉集』では、男性が「言うな」というところを女性は、「な言ひそ」と言っている程度である。違いがはっきりしたのは、鎌倉時代である。女性の方は、漢字をできるだけ少なくし、行書体のかなを使っていたが、明治以後は、このような差も、すくなくなり、現在では、男女の差は、殆ど見られない。それでも日本人には、男女の性別の違いによる言葉遣いの違いがわかる。

 次は、『女とことば今昔』という文献であるが、これは日本の社会観察学者である杉本つとむの女性語を引用し、女ことばの今昔を検討したものである。女性用語は平安時代に初めて出現し、「斋宫」の「忌語」で具体的に表現した。これが最初の女性語の形態である。あの時とその後の鎌倉時代で、侍女は和語を使い、男性と一般の女性は漢語を使った。女性用語がだんだん形成してきた。室町時代に入ってから、上層社会で「女房詞」が出現した。女房詞は宫廷女官たちに使用された隠語であった。江戸時代に入った後、女性用語は宫廷から中層社会に入ってきた。男女の社会地位が違ったので、女性の言行は社会環境の種々な制約を受けた。女性用語は日々成熟になり、特に都市ではそうであった。明治時代、政府は教育を行うため、標準日本語を制定して遂行した。成熟した女性用語は、民衆に広く使われ、女性が共同に使用した特定言語になった。近代になってから、女性用語もまた引き続き発展して変わっていた。終戦後、国際で女性の地位がだんだん向上し、その影響を受けて、男女平等という新しい思想が日本男女の心に入り、女性用語に凝らなくなってきた。

 また、最近岩波新書の一冊として出た『女ことばと日本語』は、女性の日本語論を体系的に、わかりやすくまとめた本だ。これを読むと、日本語における女ことばというものが、どんな歴史的な背景のもとで成立し、どんな社会的な役割を持たされてきたかが、よくわかる。男女の何気なく使っている言葉にも様々な差があり、それらは深く社会構造や男女間の地位の差と関係している。本書で著者は、男女のことばについて社会言語学の観点から、 ことば、文化、性という三つの面で立体的に論じている。

最後に、『女のことばの文化史』によって、遠藤は現代のドラマにおける異性間の対話を研究した論文で「異性間の対話でも、その用語、表現はほとんど変わらない。若い男女の話し言葉の性差が縮まっていることが確認できた」と述べている。女性の立場の変化からもうひとつ考えられるのは、女性が社会に進出するようになったこと、男女平等が世間で叫ばれるようになったことなどにより、男女の言葉遣いの違いがなくなりつつあることである。

1.3本論の研究方法と手順

まず、男性用語と女性用語を紹介する文献や論文など収集し、本論文の研究対象をターゲットする。データとして、ほぼ話し言葉のみで構成されている読み物を取り扱う。次に、収集した資料を整理して分析を行う。最後に、自分なりの意見を出し、結論をまとめる。

  1. 男性用語と女性用語の変遷

 日本では一種類の特殊な言語現象、すなわち、特に女性のグループに特定の歴史期の特殊な言語体係を形成し、その後の歳月の中で徐々に進化した独特な言葉である。

“女性用语”的确立过程,恰恰是“女性语言”在标准化过程中被推广

「女性用語」の確立過程、ちょうど「女性言葉」は標準化する過程の中に広がった社会の各階層の女性を使用する過程。近代に入って、近代化と女権運動の台頭など、一時、古代と中世の女性の標準語の「女性用語」が徐々に消える。

本節では各時代における日本の男女用語の発生、発展、標準化と消滅を軸として、背後の日本社会の背景、政治思想と教育の特徴などの要因に対して、女性の言葉に迁产生的影响。

与える影響を考察する。

最初の女性用語は平安時代に生まれて、封建社会の発展に従って、女性用語は全盛時代になる。女性用語は平安時代に初めて出現し、「斋宫」の「忌語」で具体的に表現した。その時、祭祀行事を担当し、皇族の出身の女性は、という侍女であった。祭祀行事中、神に汚い言葉を使わないように、侍女は高級で代用言葉を作り出した。しかしただ祭祀に限った。その後鎌倉時代で、侍女は和語を使う、男性と一般の女性は漢語を使った。女性用語がだんだん形成してきた。室町時代に入ってから、上層社会で「女房言葉」を出現した。女性用語が初めて明確な形状で出現したことを宣告した。女房言葉は宮廷女官たちに使用された言葉であった。高級のような宮廷で乱暴な言葉を使ったら、身分に不相応になると思われた。上品な様子を表らすため、女性用語が大量に使用された。ただ、主に食物と容器に使用した。江戸時代に入ったから、女性用語は宮廷から中間層社会に入ってきた。その時、貴族と役人は家族の女性に、宮廷女性用語を記載している専門書籍を読ませた。江戸時代の後半期で、政府は女性用語を中心とした江戸語を制定し、規範として遂行した。男女の社会地位が違ったので、女性の言行は社会環境の種々な制約を受けた。女性用語は日日成熟になり、特に都市ではそうであった。

明治時代、政府は教育を行うため、標準日本語を制定して遂行した。成熟した女性用語は、民衆に広く使われ、全体の女性が共同に使用した特定言語になった。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接