挨拶の言葉から見られる日本人の処世観/从交际用语看日本人的处世观毕业论文_日语毕业论文

挨拶の言葉から見られる日本人の処世観/从交际用语看日本人的处世观毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

 

  随着信息社会的发展以及经济全球一体化的普及,在当今时代跨国界的交流已经变得尤为重要。语言和文化的关系密不可分,人作为社会中的一员,如果没有交流,就无法生存下去。社会心理通过语言来反映,而语言又制约着社会心理。

 人们为了和其他人建立和睦的社会关系,抑或是在原来已经建立的和睦关系的基础上,为了更进一步的维持、强化这种关系,进行着多种多样的社会交际及礼仪性的行动方式。无论是中国,还是日本,每个社会的人们都凭借这种寒暄语来确认相互的存在,建立社会关系并且要以维护这种社会关系为目的而存在,这就是我们所说的寒暄语。定型化的寒暄语丰富多彩,这是日语的一大特征。无论是谈话、还是正式场合,寒暄语都得到了广泛使用,可以说日本人的交际是以寒暄语开始,又以寒暄语结束。

 说寒暄语存在于日本人生活的每一个方面,这一点也不为过。本文主要通过对日语寒暄语的分析,来探讨日本人的心理特征、了解日本人的处世观。

关键词:寒暄语 交流 社会关系 处世观

目 次

1.はじめに 1

1.1 問題提起と本論の目的 1

1.2 先行研究 1

1.3 本論の研究方法と手順 2

2.あいさつ語と日本人の処世観について 2

2.1 あいさつ語について 2

2.1.1 あいさつ語の定義 2

2.1.2 あいさつ語の特徴 3

2.1.3 あいさつ語の分類 3

2.2 日本人の処世観について 5

2.3 あいさつ語と処世観の関係 6

3.おわりに 7

参考文献 8

謝 辞 9

1.はじめに

1.1 問題提起と本論の目的

人間は社会の一員である限り、他人との間にいろいろな交流がある。そして、他人との親しい社会関係を築いたり、それを維持したりするために多種多様な社交、礼儀的な行動様式がある。佐藤喜代治(1977)は『国語学研究事典』で「あいさつは人間が他人との間に親和的な社会関係に基づいて、それを維持強化するために行う社交、礼儀的な行動様式の一つ」と定義されている。

あいさつ語は人と人のコミュニケーションにおいて、大切な言語行動であり、日常生活によく出る表現の一種である。一般的に、人間の交流はあいさつ語をすることから始まり、あいさつ語に終わるともよく言える。あいさつ語は日本人の生活のどこにも存在していると言っても過言ではない。

しかし、言語と文化は切っても切れない関係を持っている。人間は社会的存在として、コミュニケーションがなければ、生きられない。社会心理が言語を通じて反映される一方、言語も社会心理を制約する。それで、本論では、主に日本語のあいさつ語に対しての分析を通じて、日本人の処世観を考察しようと思う。

1.2 先行研究

 これまで、あいさつ語と処世観についての研究はさまざまある。言語社会学的観察にも基づいたもの、また、社会言語学的立場からみたものなどである。

 国内において、あいさつ語に関する論文はあるが、しかし、あいさつ語と処世観の関係について論じる研究がまだ少ないほうである。以下は、代表的な先行研究を紹介しておく。

まず、挨拶という言葉の歴史的由来についてであるが、柳田国男(1964)は『毎日の言葉』の中に「挨拶は禅僧が支那から輸入したの漢語で、挨は押す、拶は押しかえす、もとは単に受け答えという気持ちしかなく、礼儀の感じは含んでいなかったようです。」書いてある。

次は、あいさつ語の特徴についての研究として、水谷修の論文「話しことばと日本語」中で論じられた。

または、あいさつ語の社会的機能についての研究は、鈴木孝夫(1969)の『人間行動学』と比嘉正範(1981)の『あいさつの言語学』、劉紅艶(2007)の『あいさつから日本社会を見る』が挙げられる。 

1.3 本論の研究方法と手順

本論はあいさつ語と処世観の関係を説明するために、まず、あいさつ語の定義とあいさつ語の特徴や種類を簡単に述べておく。それから、日本人の処世観を具体的に説明する。最後に、あいさつ語と処世観の関係を探り、結論をまとめる。

2.あいさつ語と日本人の処世観について

あいさつ語は、最初に会った時の「印象」や「好感度」といった数値化できない感情が、その後は信頼関係を大きく左右させる。あいさつ語は日本人の鏡であるといっても過言ではない。

本章では、典型的なあいさつ語の特徴や分類を挙げ、日本人の処世観を簡単に紹介する。また、具体的なあいさつ語を通じて、日本人の集団意識、階級意識、無常観、人間関係の「和」などの処世観を見る。

2.1 あいさつ語について

2.1.1 あいさつ語の定義

まず、あいさつとは、いくつかの辞典の釈義から説明する。『学研国語大辞典』、『広辞苑』と『岩波国語辞典』などでは大体、「①人と会ったとき、分かれるときなどに取り交わす礼儀的な動作や言葉。また、その言葉を述べること;②その場にいる人に対して、こういう訳で来たのだ、これから会を始める。これでおしまいにするといった趣旨のことば。会合の席や集会で、改まって祝意や謝意などを述べること。また、そのことば;③<ごあいさつ>俳優が舞台上に素顔で出て観客にお礼などを述べること;④<しきたりとして行う>通知、返礼;⑤返事、応対;⑥やくざや不良仲間の世界で、仕返しをいう語;⑦相手のぞんざいな態度に対して、皮肉を込めて応酬する語。驚いた言い分。失礼な言葉;⑧仲裁、仲裁人;⑨紹介、紹介者;⑩人とひととの間柄、交際。」と定義されている。

 以上によって、あいさつ語は一種の行動様式、主に言語行動であることを指す。あいさつは、一種のコミュニケーション手段として、人との間になんらかの関係を築いたり、或いはそのような関係を維持と強化するために役割を果たしている。

2.1.2 あいさつ語の特徴

本節では、あいさつ語の特徴を簡単に紹介しておきたい。

まず、趙冬玲(2010)は『あいさつ語の文化特徴を分析』という本の中で、「日本人はあいさつ語の方面で固定なルールと格式に沿って、標準化とも言える。」と書いてある。

劉峰(2010)は『あいさつから日本社会を見る』の中で、「あいさつ語の一つの特徴は定型化である、即ち同じ状況で同じあいさつ語を使う時がある」と主張している。

また、黒沢勉の『言葉と心ーコミュニケーションの世界』はあいさつ語の特徴として、次のようなことが挙げられる。「①短く、単純化であり、定型化していること;②相互的にかわしあうものであること:③人間関係が如実そこに反映していること;④会釈とか握手とか、何らかの行動を伴うことが多いこと。」という論述がある。

以上からは、日本のあいさつ語の特徴は以下のようにまとめられる。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接