日本と欧米の会社文化の比較/日本与欧美公司文化之比较毕业论文_日语毕业论文

日本と欧米の会社文化の比較/日本与欧美公司文化之比较毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

当今的世界,正逐渐连成一个整体。在这种世界潮流下,各国之间激烈的文化冲突,给我们带来了各种各样的影响。在激烈的世界形势下,二十世纪的日本经济高速复兴,其独特的日式企业文化功不可没。然而在如今,其企业文化依然行之有效吗?还是说更加开放兼收的欧美企业文化更能贴合时代的步伐?在日本企业文化同欧美企业文化的对比中,我们又能看出哪些长处和短处。并且,在此基础之上,对于我们本国又应该建立何种企业文化为好呢?

通过研究分析,能对不同的企业文化的了解有所帮助,因为在不同的文化背景下,其体现的企业文化自然有所不同。我国企业在建设企业文化时,应当吸取日本和欧美企业文化的精髓,去其糟粕,开辟一条富有中国特点的中国特色企业文化的道路。

关键词:企业文化日本企业文化欧美企业文化比较启示

目次

1.はじめに …………………………………………………………………………1

1.1問題提起と本論の目的 ……………………………………………………1

1.2先行研究 ……………………………………………………………………1

1.3本論の研究方法と手順 ……………………………………………………2

2. 日本と欧米の企業文化の比較…………………………………………………2

2.1日本の企業文化の特徴 ……………………………………………………2

2.2欧米の企業文化の特徴 ……………………………………………………4

3.日本と欧米の企業文化から中国企業への啓発…………………………………6

3.1企業文化と理念の育成を重視すること……………………………………6

3.2「人を大事にする」原則に基づき、開放的な環境を創ること…………6

3.3チームワークを育て、団体意識を高めること …………………………7

4.おわりに……………………………………………………………………………7

参考文献……………………………………………………………………………8

謝 辞……………………………………………………………………………9

1.はじめに

1.1問題提起と本論の目的

 企業文化とは、それぞれの企業が独自に持っている体質や社風、組織風土などの個性のことをいう。企業文化は、社会や国の文化の影響を受け、マネージャーによって創造されたもので、職場においては従業員の態度や思考に重要な影響を与える。企業文化は、経営者が経営戦略を策定する過程にも影響を与える。優れた企業文化をもっている企業と、そうではない企業と、業績に著しい違いがみられる。優れた企業文化をもった会社は、優れた業績を出しているのである。

 企業文化は、伝統的なものの影響を強く受けているものや、企業のトップの個性の影響が強いものの二つに大きく分けられる。

企業文化は飾り物ではなく、企業にとって大事な経営理念である。また、外部に対する企業イメージにつながりやすいので、自社以外の人が自社の企業文化をどう見て、なぜそう見ているのか、直すべき点は何かを知る機会だと思う。

本研究を通じて、異なる企業文化についてのことがより詳しく分かるのに一助になるのではないかと考えられる。「異なる文化背景」下、異なる企業文化も生まれてくる。中国の会社は日本と欧米の会社文化の長所を吸収し、中国特色のある道を開かなければならないと思う。

1.2先行研究

まず、『日本の企業家群像』(佐々(2000))では、第二次世界大戦で日本敗戦後、崩れてしまった経済を快速的に回復した背景と原因を深く分析し、そしてその原因は日本の優れた会社文化にあると指摘した。『企業倫理力を鍛える』(船橋(2007))の中で、日本の会社管理と文化などの分析に関する研究は重要な影響がある。仏教の中の「三毒説」に結び付け、日本独特な企業文化の形成原因を解釈した。『日本の経済』(森(1996))に、会社組織の本質と、正しく機能させる方法を鋭く深く考察した。日本企業が無責任体質に陥り低迷した原因を、事例を交え解説し、過去の優秀な企業人たちは、どのような思想で、どのような経営を行ったかも詳しく紹介した。さらに、激動している社会環境のもと、日本人の働き方はどう変わったかを分かりやすく説明し、「本来の株式会社」に生まれ変わるために必要な、新しい「日本の経営」スタイルを追究した。

 日本と欧米の比較については、『世界は動く』(宮内(2012))で、アメリカとヨーロッパに対する、日本企業の技術移転の事例を取り上げて、現状や問題点を論議しながら、解決策のヒントを見いだそうとしている。そして、個人、会社、国について 挑戦と改革を続けてきた経営トップが語る、その変化を述べた。

1.3本論の研究方法と手順

本論はまず日本と欧米の会社文化の状況についての資料を収集し、比較する。それから、日本と欧米文化の長所と短所、発展の特徴などについて紹介しておく。その上に、分析を行いながら、図表などを通してその違いを見る。日本と欧米の企業文化の形成する背景を挙げて、国民の性格と関連づけ、原因をまとめる。最後に、中国の研究者の研究と結び、中国の企業文化の建設に相応しい方法をを整理してまとめる。

2. 日本と欧米の企業文化の比較 

本章では、日本と欧米の文化の違いを主に文化心理の観点から、また、特に企業活動という点において、文化の違いが仕事に対する姿勢としてどのような違いを生み出すのかを考察していく。

2.1日本の企業文化の特徴

「企業文化」という言葉を言い出したのはアメリカ人で、面白いのが一番早めに実践したのは日本人である。第二次世界大戦後、日本の経済も崩れてしまった。「この現状は長時期が経たなければ、回復することができないだろう」と言われていたが、日本は負けた国として、ただ二、三十年だけで世界の経済強国になっている。日本は奇跡を起したが、アメリカの主な対戦相手になった。その結果、多くの経済学者と管理学教授に注目された。彼らは研究した後、日本企業は発展迅速の主な原因は日本企業は自分自身の企業文化がきちんと持ってあるのだと発表した。だから、「企業文化」は日本企業の高速発展の最も重要な原因である。工業社会に入る前に、日本は伝統的な農業社会で、幕府末まで、多くの日本国民の世界はただ「家」と「村」なのである。19世紀中期、ヨーロッパー諸国の工業化情報が日本に伝わってから、日本社会に大きい影響を与えた。日本政府は社会の根本を革新するため、工業を発展しなければならないという。日本企業はその特定な時期で独自な企業文化を生み出した。先進な管理理念を注ぎ込んで、それに日本の伝統文化も受け継いだ。

 日本の企業文化はほかの国の企業文化と比べると、濃厚な宗教の匂いがあって、そしてほかの国からいろいろな経験も受け入れた、これが日本の企業文化の最も著しい特徴であろう。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接