中日の女子教育観念についての比較/中日女子教育观念的比较毕业论文_日语毕业论文

中日の女子教育観念についての比較/中日女子教育观念的比较毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

随着社会的发展,教育问题日渐变得重要起来,特别是女子教育得到了重视。中国和日本是一衣带水的邻国,所以从古至今教育观念也大体相似。但是,在日本,女子教育很早就开始了,直到今天,女子教育方面已经获得了不错的成果。而中国女子教育的发展迟于日本,因此我们可以吸取日本在女子教育发展过程中的失败教训,学习其成功的经验。另外,在中国对女子教育的观念还没有被广泛认知,在中日教育比较研究中,对于女子教育观念的比较研究还鲜有少见。因此,本文在继承先行研究成果的基础上,收集大量的文献,从中日女子教育的发展过程和各个方面进行比较研究。

本文主要使用文献研究法把握中日女子教育的历史和现状,在此基础上进行了中日女子教育观念的比较研究。得出的结果是:中日两国对女子教育越来越重视了,女子教育观念方面存在着许多类似点和不同点。

关键词:中日 女子教育 观念 比较

目 次

1.はじめに 1

1.1問題提起と本論の目的 1

1.2先行研究 1

1.3本論の研究方法と手順 3

2.中日の女子教育観念について 3

2.1中国の女子教育観念 3

2.1.1古代社会の女子教育観念 4

2.1.2近代社会の女子教育観念 4

2.1.3現代社会の女子教育観念 5

2.2日本の女子教育観念 6

2.2.1明治以前の女子教育観念 6

2.2.2明治以後から第二次世界大戦までの女子教育観念 6

2.2.3第二次世界大戦後の女子教育観念 7

3.中日の女子教育観念の比較 8

3.1中日の女子教育観念の類似点 8

3.2中日の女子教育観念の相違点 9

3.2.1女子学校に見られる中日の女子教育観念の差異 9

3.2.2女子進学率に見られる中日の女子教育観念の差異 10

3.2.3女子就職に見られる中日の女子教育観念の差異 12

4.おわりに 14

参考文献: 15

謝 辞 17

1.はじめに

1.1問題提起と本論の目的

 社会の発展にともない、教育問題はより重要になってきた。特に女子教育が重視されている。これまでの先行研究を概観すると、次のような問題が浮上する。1、日本で女子教育観念についての研究は中国より盛んに行われ、細かい所まで研究され、様々な文献も編纂されている。中国ではこの方面についてまだ研究が足りない。2、中国での女子教育観念についての発展は遅れているため、研究の文献も少ない。中国では女子教育の観念はまだ広範囲に認められていない。3、中日の教育観念の対照研究においては、女子教育観念の対照研究についてはあまり研究されていない。また、学校、女性人材、女性就職、家庭主婦などの方面から中日の女子教育観念の異同点についての対照研究も極めて少ない。そのため、本文では、主に中日の女子教育観念の発展などの対照研究を行うことにする。

1.2先行研究

 まず、岸本芳雄は『近世日本の女子教育と国学』で明治以前の女子教育は道徳の教訓を内容として、柔和で随順な女子の育成のみを目指したことを指摘している。彼は明治以前の女子教育に対しこの本の中でおおまかな説明を行っている。

 深谷昌志の近代女子教育についての研究を『良妻賢母主義の教育』(1998)から見てみよう。本書の対象とする、良妻賢母主義およびそのための教育とは、その一時期のみを粗描した日本的風土の中で徐々につくり上げられてきたところの、女性に対する偏見とその補強のための作業にほかならない。彼は良妻賢母を日本特有の近代化の過程が生みだした歴史の複合体であった、国体観念の重要な構成部分であると思っている。

 小山静子は深谷昌志の観念と違い、良妻賢母の観念は積極的な教育観念であることを主張している。『良妻賢母という規範』では、国民国家や近代家族の成立と不可分な規範として、良妻賢母思想をとらえなおした。女に妻・母役割を第一義的にもとめるイデオロギー・体制思想として、良妻賢母思想を解明した。

 天野正子は『女子教育』で、明治中期になると、女子教育も伝統的、儒教主義的女性観をふまえ、性別による天分の差に応じた特性教育を主張した。

 志賀匡は1960年に『日本女子教育史』を編成した。主に前近代に日本の女子教育についての発展の歴史を考察した。この本の終わりの部分に近代女子教育の発展の傾向が述べられ、いろいろなタイプの女子教育論を紹介していた。

 下田歌子は明治から大正にかけて活躍した教育家、歌人、女子教育の先覚者である。彼女は儒家、武士道などの固有の優良な伝統を受け継ぐと主張していた。彼女の教育観念は現代の女子教育に対して大きな影響がある。

 小稲絵梨奈は『日本における男女共学論の歴史と背景』の論文で近年の学校教育は男女が同じ学校に通い、同じクラスで、同じカリキュラムの授業を受けることが当たり前とされている。

 堀芽里は『高等教育とジェンダーー女子大学という視点から』の論文で現代に日本の高等教育機関においては、近年の少子化の影響などにより以前は男女別学であったものも徐々に共学化が進んでいると女子教育の平等化についての問題を研究している。

 班昭は『女誡』では、女子に夫への順従、舅姑への孝、家事の担当を教えてある。彼女は女子徳行の教育を主張した。

 梁啓超は清末民初の識者、富国強兵のために女子教育の必要が説かれている。1898年梁啓超の「倡設女学堂啓」が発表されたことにより、良妻賢母に関する解釈が変わっていく。梁啓超は「上は夫を手伝い、下は子供を教育することが、近い目でみると、家庭に良いし、長い目でみると、子孫繁栄に良い」を提示し、良妻賢母となる新しい準則を主張した。

 蔡元培は我が国の近現代の女子教育の重要な先駆者である。彼の女子への教育観念と実践は中国の女子教育の発展に対して重大な影響がある。『蔡元培全集』では、彼は男女平等から男女同権まで、単純な良妻賢母の教育から完全に人格の教育を主張している。彼は女子の独立性と社会責任感を育成することを重視した。しかし、蔡元培の教育観念は、本当に平等的な女子教育を行い、女子を考慮したのではなく、もっと次の時代の子供をよく育成するために女子教育の重要性を提出した。

 谷忠玉は『中国近代女性観の変化と女子学校教育』では、中国近代社会の政治、経済、文化の全面変革から女性観の変化と女子学校教育の相互関係を考察している。この本は豊富な史料を収集して、緻密な分析を行って、女子教育の発展に影響した動因を深く掘り起こしている。この本では彼女は近代の宣教師が女子学校を創設した意義も全面的、客観的な分析と評価を行っている。

 最後に、曹大為は『中国古代の女子教育』で古代の女子教育が「良妻賢母」という正統な女性人格を作り、女性の思想行為に対し社会的な支配を実行する面において、非常に大きな成果を上げたと主張する。

 以上の先行研究は、各方面から女子教育に対し研究と分析を行ったもので、女子教育の研究に重大な意義がある。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接